海上釣堀入門!その4 上手な取り込み方法

海上釣堀では基本的に大型魚が掛かってきます。真鯛やシマアジ、それに青物がメインですが、いずれの魚も強い引きで有名なターゲットです。

バラしてしまっては、釣って無いと同じです。魚釣りは「掛けるだけ」のゲームではなく、取り込みまでやって、はじめて「釣った」と言えるゲームです。

とは言え、大型魚の取り込みは、そりゃ小型魚に比べると、かなり難しいです。このページでは、大型魚を取り込むコツなどを紹介したいと思います。


(坂口名人の取り込み。タモは構えるだけで、ロッドで掛かった魚を誘導する。これが基本だ!)

アタリの出方は?

海上釣堀の基本的な釣り方はウキ釣りです。フィールドは生簀の中なので、アタリは、あまり明確なアタリは出にくいのが普通だと思います。

こう言うのは、専門用語で「居食い」と言います。エサを取って走るのでは無く、その場で食べようとするため、一気にウキを消しこむようなアタリをしないのが普通だと思います。(青物は一発で持っていきますが・・・)

基本的に・・・

  1. ウキにチョンと来る前アタリがあって・・・
  2. 次にトップまでウキが沈みます
  3. 軽く張ったり、穂先で軽く誘うなどすると・・・
  4. ゆっくりと沈み始めるのが、よくあるアタリです(これが本アタリです)

釣堀を設置するのは、まあ、絶対に内海の湾内だったりします。(外洋に筏を構えても、少し時化るだけで、跡形も無く吹っ飛びますから・・・笑)

防波堤の釣りなどでも同じような事が良くありますが、内海の魚はアタリが渋いのが定番です。海上釣堀もご他聞に漏れずと言ったところです。

こう言う場合、アタリが出ても直ぐに合わせず、仕掛けを軽く張るなどして「誘い」を掛けると、魚が針に乗りやすいです。

覚えておきたいコツの一つだと思います。

魚が掛かったら・・・

リール付きのロッドで魚を釣る場合、もちろんリールを巻いて魚との距離を縮めていかないと取り込みには至りません。この場合、二つの基本があります。ぜひとも覚えておいて下さい。

 ポンピンング
ロッドを起してきて竿の弾力を十二分に活かします。ロッドを起せた分だけリールを巻いて魚との距離を縮めます
 ゴリ巻き
ロッドはあまり動かさずに、とにかくリールを巻けるだけ巻きます。太仕掛けで大型のターゲットの時はこのやり方が成立しますが、海上釣堀では推奨できないやり方です

海上釣堀では、やり取りの基本は「ポンピング」です。一歩前に出て、竿を起して、起きた分だけリールを巻きます。

初心者は、この時に、一歩下がってしまう事が良くあります。また、ロッドを起す動作が鈍くて、ゴリ巻きになっていたりすることが多いです。

ゴリ巻きや魚が掛かって「立ち位置を一歩下がる」って言うのは、心理的に、魚との綱引き(力勝負)に勝とうとするからです。

「ロッドの弾力を活かす」と言う部分が頭に無いからこのような動作になります。この点は少し慣れが必要な部分で、最初は仕方ないとも思います。


(シマアジと格闘中。ウキが見えているので、この状態からロッドをもっと起してくれば、簡単に魚は浮く物である)

もう一つ言うと、リールで魚をの距離を縮めようとする考えしか無いと、リールを巻きすぎて、穂先に浮きが接触し、それでも巻こうとすると、穂先は折れます。初心者にありがちなミスです。

タモ入れは、タモを構えて、ロッドで魚をタモに誘導します。タモで追うと魚はタモに入りません。あるいは、ものすごく入れづらいです。これなんかも初心者に有り勝ちなミスです。

魚のキープ

海上釣堀にはサービスで使用できるスカリが用意されている所が殆どです。自分のテリトリの後ろにおおよそで置いていると思います。

スカリとタモは備え付けが無料で使用できるのが普通だと思います。釣ったら、スカリに入れてキープしますが、この時に・・・

  • 針を飲んでいる魚は、無理に針を取ろうとはせずに、ハリスを切って、そのままスカリに入れるほうが持ちが良い
  • かんぬきや唇部分に針が掛かっている場合は、丁寧に外してやる
  • 真鯛に特に多いですが、浮き袋の空気調整が狭い場所だと出来ない物も居ます。この場合は、浮き袋の空気を、針などを使って抜いてやるか、〆てクーラーに放り込むかです。当サイトでは後者推奨です。

浮き袋の調整が出来なくなった真鯛は、そのままスカリの中に入れておけば、昇天します。これでは魚の鮮度が落ちるので、こうなった物は、先に〆てクーラーボックスに入れてしまいましょう。

海上釣堀は、鮮度の良い魚を持って帰ってもらうサービスです。このため、スタッフが丁寧に〆てくれたりしますから、スタッフに声を掛けると良いです。


(毎日何百と言う魚を〆まくっているスタッフは魚を扱うプロです。遠慮しないで〆てもらいましょう)

クーラーを持ち込みましょう

海上釣堀では、よほどの事がない限り、お土産の確定ランプはともっているに等しいです。しかも、高級魚が大半で、大型魚が数多く釣れるのも魅力の一つです。

鮮度の良い魚は、魚屋で売っている魚とは、全く違った味がします。この美味しさをキープするためにも、クーラーの持ち込みは必須と言って良いでしょう。


(椅子代わりにもなるし、飲み物の持込などにも使えるクーラーは大きめのサイズ(具体的には50L〜80Lサイズ)が良い)

海上釣堀では釣った魚をキチッと〆てくれるサービスまでやっているところが大半だと思います。血抜きをしてもらって、氷も現地で売っている場合が大半だと思います。シッカリと氷で〆て持ち帰りましょう。

クーラーは、釣り具の中では一番丈夫で長持ちだと思います。釣りをするからには少し良い物を持っておくのも良いかと思います。

海上釣堀マニア Site Map

  1. 受付とエサ購入
  2. 現場に到着してからの順序
  3. 実釣開始!
  4. 上手な取り込み方法
  5. 放流の時は気合を入れて釣る
  6. 魚を〆てもらう

Advertisement

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法