防波堤のタコ釣りの釣具

防波堤のタコ釣りのロッドは・・・
あっても無くてもどっちでもいいです・・・

防波堤のタコ釣りの仕掛けは超シンプルが基本です。極端ですが、ロッドなどはあっても無くてもどっちでもいいです。まあ、しかし、ロッドが無いと釣り難いのも事実ですから・・・
専用の物(安価です)か、ジギングロッド、もしくは先調子の船竿、あるいは子供向けの投げ竿などがあれば重宝します。

リールは、本格的にやるのであれば、両軸リールがベストです。これは、根がかりが多発するタコ釣りでは、スピニングリールを使用すると、リールのローターの部分に力が掛かり過ぎるため、リールが持たないためです。

比較的安価な釣具で楽しめるタコ釣りは、当然ですが、高額なリールを使用する人も少なければ、そういうリールを使用する必要もありません。必然ですが、安価なリールは耐久性の点では問題が少々ですが、あります。

まあ、根がかりは道糸を直接引っ張るようにして、リールに余計な負荷を掛けない様に注意すれば、普通のスピニングリールでもこの難点はいくらでもカバーできます。道糸を直接引っ張る場合はタオルを使うなどして、やけどをしないようにして下さいね♪

防波堤のタコ釣り仕掛け道糸は圧倒的にPEラインが使いやすいです。

これは、根がかりを切るのが、ナイロンに比べて伸びが無いので切りやすい点と、伸びが無いため、海底(あるいは防波堤の壁面)の様子が分かりやすいからです。

私は以前、ナイロンラインを使用してタコ釣りをやってましたが、8号クラスのラインを使用しないと、根がかりの度にタコジクをロスして、もったいないのですが・・・

この8号の根がかりを切るのは、大の男でも、10発くらい連発で切るといい加減嫌気が差してきます。ナイロンは伸びるから、切りづらいわけですね。

と言うわけで、PEラインを使用するようになりましたが、これの方が数倍は快適です。釣具店のワゴンに入っているような安価な物で充分です、号数は3号から5号程度で良いでしょう。

タコジクは市販の物で充分です。

オモリにパール玉をセットした物で、オモリ部分にイカリが付いている専用のタコジクが隣接する釣具店に売っています。それで充分です。

タコジクはタコベイトがかぶせてある物の方がアタリは多いようです。カラーは赤やピンク、それに白などといったところが主流ですが、潮や天候の状況や時間単によって、微妙にアタリの数に違いがあったりします。釣りをしているタイミングにピッタリの物を見つけ出す所に、また面白さがあったりします。

では、タコ釣りの色々な釣具にさらに詳しい解説を入れていきましょう!

防波堤のタコ釣りのロッド

防波堤のタコ釣りのロッドは、何回も言うようですが、高額な物は必要ありません。
極論で言えば、1mくらいの竹の棒にリールシートを付けて、トップガイド一個付けるだけのものでも充分です。(実際に見たことあります)

タコ釣り用のロッド

まあ、私もアングラーですから、好きな釣りにはチョットはお金も掛けたい物・・・
そこで、釣具店で右のようなロッドを買ってみました。(ジギングロッドです、チョット重いですが、中々の使い心地・・・)

防波堤のタコ釣りのロッドを選ぶ場合、下記の点だけ注意しておけば良いと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

  • 船竿でもOKですが、真鯛用のムーチングタイプの物は避ける
  • 出来れば、ジギング用の安価な物がベスト
  • 船竿は、号数的には50号から80号が理想的
  • 中通しロッドは避けて、外ガイドロッドが良いです
  • 長さはズバリ3m、これが一番良いと思います
  • 投げ竿は投げるには良いですが、探るとなると、少しナンがあります
  • ゆえに投げ竿は、子供用の2.7mくらいの物が重宝します。

タコは波止際やチョイ投げで捨石の周りを探ったりして、探りながら釣る釣りです。ゆえに、穂先までシッカリとした頑丈なロッドのほうが使いやすいです。
タコ釣りでは船竿を使用している人が多いですが、真鯛用のムーチングタイプのロッドは、調子が胴調子で、探りまわる釣りには向いていません。(凄く扱いづらいはずです)
船竿なら、青物を狙うようなゴン棒みたいな竿があれば、一番使いやすいと思います。

ジギングタイプの物は、固めのロッドが多く、これがバスロッドなどになると、確かに、ルアーロッドと言う事で、タコジクは踊ります。しかし、時折ですが・・・
大阪湾のタコと言えども、2キロから3キロに絡むような大物が掛かってくる事があります。(秋口に多いです・・・)
バスロッドでは、こいつの相手がし難いです。(引っ付かれたら、お仕舞です・・・)

中小型のタコには、少しオーバーなくらいの道具立てが、年間を通じたタコ釣りを考えた場合はベストです。
こう考えると、ジギングロッドや船竿でも50号クラスの固めのロッドが勝ります。

防波堤の好ましくない潮

中通しを避けるのは、大阪湾では、梅雨のタコが絶好になるくらいから、赤茶色のドロッとした潮が波止際に流れてくる事が良くあります。

左図のような感じの潮ですが、これが帯を作ると、道糸を伝って、中通しロッドの場合は、この潮がロッドの内部に入ってきます。

この潮自体赤潮ではないですから、水の中の魚たちは元気ですが、粘着力が結構あって、中通しのロッドの内部に浸透すると、メンテナンスが殆ど出来ません。

これが外ガイドが良い理由ナンですね。

磯竿などと違って、タコ釣り用のロッドは「硬め、短め」が基本ですから、外ガイドのロッドでもいくらでも扱えはずです。
迷わず外ガイドを選ぶようにされることをおすすめします。

投げ竿を使用したタコ釣りも、実は私はやっていた事がありますが・・・

ロングキャストがメインの用途の投げ竿は、「サビく」(引っ張ってくる)事には、確かに優れていますが、タコ釣りの用に、細かくタコジクを動かして誘うと言う事には不向きです。

これが子供夜の投げ竿であれば、長さも3mまでと適当な長さで、ロッドの自重自体も軽くなりますから、扱いが良いです。

また、3mの長さが良いと言うことですが・・・

壁を釣る際には、イ貝の層の2ヒロ前後のところが一番好ポイントになりやすく、3mのロッドであれば、タコジクをセットして手元にタコジクを持ってくるとそれが2ヒロですから、タナを正確に取りやすくなります。

まあ、タコ釣りのロッドもこの位考えて買われると、大事に長く使えると思います。

防波堤のタコ釣りのリール

防波堤のタコ釣りのリールは、できれば両軸リールが色々な点を考えるとベストです。
もちろん遠投が必要な場合はスピニングリールが扱いやすいですが、耐久性、それに使用する道糸、こういったものを総合的に考えると、両軸リールが勝ると思います。

タコ釣りのリール

図は、先日近くの釣具店で購入した物ですが、2900円だったかしら・・・(^_^;)
こういう安価な物で十分だと思います。(PEラインの3号も100mくらい付いてました・・・笑)

図ではカウンターの付いた船用の量販向けのリールですが、長い目で見るのであれば、これもルアー対応の両軸リールが勝ると思います。(このリールはもう一つですね・・・)

ルアー用のものであれば、自重もさほどでは無いはずです。また、マグネットブレーキや遠心ブレーキなど、バックラッシュを未然に防いでくれる機能もたくさん付いてます。

図のようなカウンターは、タコ釣りには殆ど使用しない機能ですから、必要ないのですが・・・
まあ、激安のタコ釣り用のリールがこれしか、私が買いに行った時には無かったので、仕方無しにこれを選んでみました・・・(^◇^)

タコ釣りに両軸リールが良い理由ですが・・・

  • ナンと言っても丈夫である
  • 際の釣りにはスピニングよりも扱いやすい(それほど遠投も必要ない釣りです)
  • 稀にですが、エイが当ってくるんですが、スピニングリールは下手をすると破壊されます(両軸は大丈夫です)
  • 秋口から初冬に掛けてのデカいタコにも十分に対応可能です♪

まあ、何でも良いと言って置きながら、いろいろへ理屈を書いておりますが、私はタコ釣りはどっちかと言うと両軸派です。

尚、以前にabuを使用してましたが・・・(アンバサダーの4600番)、これは使用頻度に耐え切れなかったようで、壊れました。(^◇^)
(安モンでも船釣用がエエかも・・・?)

女性やお子さんが使う場合は、無理をせずスピニングリールが扱いやすいと思います。(PEの3号くらいを巻いて上げて下さい)

海釣りマニア・タコ釣りサイト サイトマップ