防波堤のタコ釣り・釣れる季節は

大阪湾のタコ釣りは、梅雨入りで一発目の不快指数がドカンと上がった日からが狙い目

バチ抜けってご存知でしょうか?

大阪湾では例年ゴールデンウィークが終わる頃からゴカイやイトメ類の産卵の時期に差し掛かりますが、この時ゴカイ類は大量に海面に浮きます。(夜釣りをやると見れます)

このバチ抜けが一段落してボチボチ梅雨かな?っていう季節で、不快指数がドカンと上がる日があるのですが・・・

統計的に見て、この日が大阪湾のタコ釣りのスタートの日であると言えると思います。(まっ、多少は前後したりしますが・・・)

梅雨時分になるとタコは釣れます

おおよそ6月の中旬くらいから初冬まで、大阪湾ではタコが釣れます。時期初めは小型のタコが多く、数釣りが見込めます。初冬のタコ釣りは大型のタコが狙い目で、この時釣れるタコは、大きい物になると2キロを超えてくるような代物が居たりします。(まあ、そのかわり数は少ないですが・・・)

このタコですが、もちろん当たり年とぜんぜんダメな年があります。例えば2007年は結構釣れましたが、2006年は不作でした。これは相手が自然ですから仕方が無いことです。

ダメな年は、少々腕前の立つ人が釣ってもダメな物はダメ!
対照的に、豊漁の年になると、小学校のボウヤが釣っても20匹や30匹は釣れます。

今年は?、来年は?
当サイトでは、来るべき爆釣のタコシーズンに向けて、タコ釣りの基本的な釣り方、仕掛け、ポイント情報などを掲載しています。どうぞ参考にして下さいね。

タコ釣りの実績ポイントは?

大阪湾の各波止では毎年初夏のシーズンになるとタコ釣りファンでにぎわいます。

何処の渡船に乗ればタコはたくさん釣れるか?
ハッキリ言って何処でもそれなりに釣れます。

タコ釣り

大阪湾では南から、泉佐野一文字・菊川渡船、岸和田一文字・山田渡船、南港・丸高渡船、北港・ヤザワ渡船、武庫川一文字・齋藤釣渡船などが有名です。

それぞれの波止で若干釣り方は変わります。基本は南にある一文字は底狙い、北側から神戸方面の一文字では壁を狙う釣りがメインになります。これは水深や潮流によってタコの生息域が変わるからだと思います。まあ、食べて美味しいのは何処で釣られても同じです。取立てのタコは、塩もみしてゆでるだけでビールの肴にOKです。イモタコナンキンという事で、女性の方にも喜ばれる代物です。

イッチョ行って見て、タコをガッツリ釣って、ご家族にも喜んでもらってください。(^_^)

上記に上げた渡船店以外の渡船店でもタコの釣果は毎年のように聞かれます。「今年こそはタコを爆釣するぞ!」って方は、いろいろ釣り情報に目を光らせておいて下さい。

「タコが釣れた」と言う情報が回ると、その渡船店はタコ釣りアングラーでにぎわいます。根こそぎ釣ってしまうんじゃないか?って言うくらいタコは釣られます。出遅れるとその分不利になります。

まあ、シケで船が出なかったりすると、2、3日でまたたくさんのタコが付いてますけどねぇ・・・

タコ釣り・用意する物は?

タコを釣るにはタコ釣りの釣り具が必要です。しかし、タコ釣りに高額な釣り具は一切必要ないです。

タコ釣りシーズンになると、各有力渡船店に隣接する各釣具屋の店頭に、安価で使いやすいタコ釣りの釣り具が並びます。そういう釣り具でタコは十分に釣れます。

タコ釣りの釣り具

ロッド、リールは、そういう釣具店の店頭商品に良質で安価な物があります、それで十分です。バリエーションが必要かな?と思えるのはタコジクの種類とカラーくらいです。これは壁狙いとチョイ投げ狙いで使用するタコジクが変わるからですが、まあ、当サイトで詳しく情報を流してますから、ぜひとも参考にしてください。

梅雨時分の釣行は、暑さ対策をシッカリとやっておきたい物です。クーラーボックスを一つ持参するようにして、飲料水は十分に持っていくようにしましょう。(少し重いですが・・・)

服装、装備は軽装でOKです。雨が降りそうならカッパが必要ですが、薄手の物でコンパクトな物があればそれで十分です。(そういう季節です)

しかしながら、ライフジャケットだけは、手抜き無しで購入していてください。

安物のライフジャケットは、ここ一番で、泣きを見るというか、命を落とす危険を十分にはらんでいます。
帽子やタオルも忘れないようにしてくださいね♪

海釣りマニア・タコ釣りサイト サイトマップ