大阪湾の防波堤・大ダコ狙いの基礎知識

2キロに絡む太ダコを釣ろうと思ったら、
それなりの道具立てで臨むことが肝心

大阪湾のドデカいタコは期間限定ですが、まあまあの確立で釣れたりします。このタコはマジでエグイくらいにでかいです。

通常タコは釣れると足を広げた状態で上がってきます。足の付け根が口でタコジクをエサと間違えてかどうかは知りませんが、シッカリとタコジクにしがみついて噛み付くようして上がってくるのですが・・・

大ダコはこのときのサイズが、傘を広げた時のサイズとちょうど同じくらいの大きさをしています。

重いなんてもんじゃ無いです。重さもさることながら、広げた傘くらいの大きさくらいの魚体?に水圧がまともに掛かります。強烈です!
当たり前ですが、しがみつく力も強いなんてもんじゃないです。上げ損なって壁に引っ付かれたら、まあ、剥がせるものではありません。

要は、タコに先手を取られてはダメです。完全にこちらが先手を取って、タコの自由を奪い去るくらいの力量を持った道具立て、それにアングラーサイドに気合が必要です。(ひるんだらお終いです・・・笑)

では大ダコ狙いの釣り具、仕掛け、ポイントなどを見ていきましょう。

防波堤の大ダコ狙いの釣り具

道具立てに関しては、大ダコ狙いでは稀にですが、石鯛竿を使って釣りをされる方もいるくらいです。(笑)
しかし、私に言わせると、このくらいの気合でちょうど良い感じです。しかし、石鯛竿には少なからず難点もあります。どういう事かと言うと・・・

まず、探って釣りをするタコ釣りに石鯛竿のような長くて重い竿は不向きです。しかも石鯛竿はやや胴調子に作られている物がほとんどで、タコジクに微妙なアクションが付け辛いです。

これは別項でも書きましたが、船竿の使用で真鯛用のロッドを避ける意味と同じです。やはりゴン棒みたいな硬めロッドで、長さも3m前後、胴はあまり曲がらない物でアクションの付けやすい物が良いです。GT狙いのソルトウォターロッドなどがあれば、一番扱いやすいと思います。

海魂3000、なんぼ大ダコでもこれは潰せない・・・笑リールは出来れば、中型の両軸リールがベストです。タコが乗ってきて剥がす際に、思いっきりタメをくれてやりますが、このときに普通のスピニングリールでは、パワーに難点があります。また根がかりが多発する釣りでもあります。スピニングリールのローター部分にかかる力を考えると、ナンと言っても大ダコ狙いは両軸リールがベストです。

それこそ、リールは石鯛用の小型のリールがあれば、一番良いと思います。

使用する道糸はPEの3号から5号、ハリスは必要ありません。(ヒモでもエエけど・・・笑)

防波堤の大ダコ狙いのタコジク

カニの模型のタコジク大ダコ狙いのタコジクは、梅雨時分に使っていた普通のタコジクでもやれない事は無いです。実際これでも乗ってきますが、やはり大ダコ用として、カニの模型が付いてある物を使用したいです。

号数は、水深によってバリエーションを持っていると使いやすいです。晩秋から初冬にかけての釣りですから、基本はボトムの釣りです。(水深があまり深いところは壁を狙いますが・・・)

基本は水深が5m前後なら20号のオモリの付いた物を・・・、10m前後なら25号から30号のオモリの付いた物が使いやすいです。

壁を狙う場合は、いろいろとタナを探ることが必要です。あまりたくさんタコジクをつけないで、PEラインのカラーで狙っているタナをキチッと把握して、小まめに探りを入れながら釣り歩くのが正解だと思います。壁狙いのタコジクは普通のパール玉にタコベイトをかぶせてある物で十分にアタリは拾えます。

また、大ダコ狙いには生エサを使用するのも有力です。

生エサを使用するタコジク生エサはカニがベストですが、入手が難しいです。スーパーで買えば買えますが、スーパーに売っているカニは出来れば自分で食いたいもの・・・笑

一般的にはアジを使うのが普通で、これで十分にタコは当たってきます。左図は生エサ仕様のタコジクです。中央の針金にアジを突き刺して、番線でぐるぐる巻きにしてアジを固定します。アタリがそう頻繁に出る釣りでも無いですから、3、4つ用意しておけば大丈夫だと思います。

生エサに関しては豚の油部分を使用するのも有力で、これは料理する必要があります。基本はカツオだしで匂い付けですが、ニンニクを使用すると効果的とか・・・
(これはやった事が無いので、なんとも微妙ですが・・・笑)

防波堤の大ダコ狙いポイントとコツ

私の経験から言うと、大ダコ狙いのポイントは、エビ撒き釣りやフカセ釣りをやっている人の近くが良いと思います。(まあ、嫌がられるかも知れないですが・・・^_^;)

コンスタントに釣れているチヌやハネが、潮の感じが良いのにイマイチ当たっていないような時はタコがそばに居る可能性が高いです。“親切に?”そばにタコジクを入れて、タコを仕留めて差し上げましょう。タコが居なくなれば、チヌやハネが、また釣れ出す可能性が高いです。(必ず一声かけてからやって下さい・・・)

まあ、マキエに付いた小魚やカニなどを追ってきていると想像出来ますが、ポイント探りは、これが一番手っ取り早いです。そばにアングラーが居ない時は、ジックリと探り歩く釣りになります。防波堤の際の底、やや前に出して駆け上がり付近、少し遠投してシモリ周りなども有力なポイントです。丹念に探る感じで釣ります。

でかいタコはスリットが有力

大阪湾の釣りでは晩秋から初冬にかけてのタコ釣りはスリットケーソンが有力です。潮がややもみ加減になる場所が実績場で、スリットを中心に狙うのがキモです。(武庫川一文字はスリット無いですが、良く釣れます・・・)

アタリがあったら、とにかく一気に浮かせます。竿の角度もヘッタくれも無いです。とにかくリールを巻く!

強い竿なら、一気にごぼう抜きがベストです。抜けないロッドを使用しているときは、タモで救いますが、これはバラシの確立が高いです。

海釣りマニア・タコ釣りサイト サイトマップ