防波堤のタコ釣りは熱い

防波堤のタコ釣り

防波堤のタコ釣りは熱い!

大阪湾のタコ釣りは例年本当に多くのアングラーに親しまれています。タコが釣れ出したら、釣りにやってくる人とかも居るくらいです。タコはいれば簡単に釣れます。専用の疑似餌(タコジク)で狙って釣りますから、エサも要らないです。

しかしながら、こんなに簡単に釣れるタコ釣りでも、上手な人がやるのと、釣りに不慣れな人がやるのとでは、それこそ桁に一つ違いがあったりもします。

何が違うのか?

大して違いないです。笑(←いや、マジで・・・)

狙うポイントの見つけ方、それにタコジクのチョットした操作の仕方などに若干の違いがある程度なんですね。基本を知っていれば、誰にでも簡単に出来る事、タコ釣りを知っていれば当たり前のこと・・・

当サイトでは、そのタコ釣りの基本と基礎知識をお伝えする内容になってます。下記エントリーよりお好みのページでタコ釣りを楽しんでみてくださいね♪

タコ釣りの釣り道具

タコ釣りの釣り具に高価なものは必要ないです。大袈裟に言えば、竹の棒にリールシートをつけてトップガイド一つつけただけの釣竿でもタコはナンボでも釣れます。

しかしながら、毎年時期が来れば「ああ、タコ釣りたいなぁ」ってあなたも思われると思います。長く使える道具をワンセット、用意しておいても良いと思うんですね。

タコ釣りの釣竿を選ぶ際の注意点、リールはスピニングリールよりも両軸リールが勝ります、なぜか?これを知っていれば、一回タコ釣り道具を買うと数年は買わなくて済むと思いますよぉ・・・笑

こんな事かいてます・・・笑

防波堤のタコ釣りの仕掛けは超シンプルが基本です。極端ですが、ロッドなどはあっても無くてもどっちでもいいです。まあ、しかし、ロッドが無いと釣り難いのも事実ですから・・・、専用の物(安価です)か、ジギングロッド、もしくは先調子の船竿、あるいは子供向けの投げ竿などがあれば重宝します

さらに詳しい情報はこちらから
防波堤のタコ釣りの釣り道具

タコ釣りの釣り仕掛け

タコ釣りの仕掛けと一口に言ってもいろいろとあります。タコの形をした物、船型の物、タコベイトをかぶせてある物から、パール玉オンリーのもの・・・

それぞれの使い方や用途は?、カニの模型の付いたモデルなどもありますが、それって大きなタコが釣れるの?

こんな事かいてます・・・笑

カラーは赤とピンクと白が一般的ですが、カンカン照りが続いた後は赤のノリがよく、水潮気味のときはピンクのノリが良かったり・・・

さらに詳しい情報はこちらから
防波堤のタコ釣りの釣り仕掛け

釣り方とポイント

防波堤のタコ釣りの基本的なポイント、ズバリ、波止際とチョイ投げで駆け上がりを狙う釣りが有力です。この2パターンのタコ釣りをマスターすれば、大阪湾のタコは釣れます。

大阪湾のタコ釣りのメッカはたくさんあります、その中でも梅雨ダコをガッツリ釣ろうと思ったら、外したくないのが岸和田一文字の地の一文字白灯!

こんな事かいてます・・・笑

水深が10m未満で、波止際の底(あるいは底近く)までイ貝が広がっている場合は、波止際はもちろんの事、底の捨石周辺までタコは多く生息するようになります。また、水深があまり無いポイントでは少し投げて、シモリの近くや防波堤の捨石の切れ目の駆け上がりの部分なども怪しいポイントに・・・

さらに詳しい情報はこちらから
防波堤のタコ釣りの釣り方とポイント

晩秋と初冬の大タコ釣り

大阪湾では水温が下がりきる前に大ダコが果敢に当たってきます。2キロに絡む大ダコを如何にして釣るか!、仕掛けは?、ポイントは?、狙いは?

大ダコ釣りは実はぜひとも狙いを付けたいポイントがあります。こんな事書いている情報誌は見たことが無い!、目からウロコのポイント設定術!

こんな事かいてます・・・笑

重いなんてもんじゃ無いです。重さもさることながら、広げた傘くらいの大きさくらいの魚体?に水圧がまともに掛かります。強烈です!当たり前ですが、しがみつく力も強いなんてもんじゃないです。上げ損なって壁に引っ付かれたら、まあ、剥がせるものではありません。

さらに詳しい情報はこちらから
大阪湾の晩秋と初冬の大タコ釣り

タコ釣りのキモ

大阪湾のタコ釣りのスタートの合図は?、これ明確に見分ける方法って言うのがあるんですが・・・(笑)

例年たくさん釣れるタコ、当然実績がたっぷりある防波堤があるんですね、その一文字に瀬渡ししている業者は?

こんな事かいてます・・・笑

それぞれの波止で若干釣り方は変わります。基本は南にある一文字は底狙い、北側から神戸方面の一文字では壁を狙う釣りがメインになります。これは水深や潮流によってタコの生息域が変わるからだと・・・

さらに詳しい情報はこちらから
防波堤のタコ釣りのキモ