スズキの半夜釣り

バチ抜けは・・・、シーバスフィッシングがメインのあなたの・・・、
自己記録更新の最も大きなチャンスです!

岸和田一文字・山田渡船大阪湾では例年ゴールデンウィークが終わる頃から、バチ抜けと呼ばれるゴカイやイトメなどの環虫類の産卵が各所で始まります。(何故か関東に比べて関西は遅めです・・・)

バチ抜けというのは、平たく言えばゴカイが産卵のため海底の砂や泥から出てきて海面を泳ぎ回るのですが、この状況になるとてき面、それまでエビ撒きで好調だったハネ(スズキ)は、まったくエビを食わなくなります。

同じような話を熊本の天草から鹿児島で聞いた事があります。初夏の時期に大量発生するミロクガニと呼ばれるカニが湧き出すと、グレやチヌがオキアミを一切食わなくなるそうですが、大阪湾のバチ抜けも、ゴカイが浮き出すとスズキやハネは、まずエビは食ってくれません。

このような自然の摂理には、アングラーはまず、勝てることはないですから、エビ撒きアングラーもこの時期はゴカイをエサにして半夜釣りでスズキを狙うほうが得策になります。

私自身、エビ撒き釣りがメインでしたから、あまりバチ抜けでいい思いはしていないですが、それでも80オーバーの大型をゲットし事もあれば、とてつもない一発に2号ハリスを秒殺にされた事もあります。大型をゲットするには確立の高い時期でもありますから、それなりの装備、用意、心構えがあれば、かなりいい思いが出来ると思います。

ばち抜け攻略について、気づいている点をいくつかピックアップしてみましょう

ばち抜けは・・・

  • 満月の満潮時に好釣果が期待できる
  • 夕マズメを中心に狙う
  • 夜光虫が発生している時は、ルアーよりも虫エサに分がある
  • エサは青イソメを房掛けにする
  • ハリスは4号がおすすめ
  • 竿は磯竿で1.5号以上
  • ウキはナショナルの普通の電気ウキで充分(1号から2号)
  • 仕掛けは超シンプルにする
  • 筏竿で波止際を置き竿で狙うのも有力

一つづつ解説を入れてみましょう

満月の満潮時に好釣果が期待できる

バチ抜けはズバリ、満月の夜が狙い目です。これはゴカイやイトメの産卵の周期と波長が合うとされていて、実は真偽の程は良く分からないですが、経験則から、圧倒的に満月の夜に分がある事に確信を持っています。

夕マズメを中心に狙う

日が暮れて、一息入った瞬間くらいまでが最も勝負になる時間帯で、潮周りが良ければ夕方の5時くらいからでもアタリが出る事があります。この時間帯は気を抜かず、釣りに集中しておくと良いと思います。(20時を回ったら一服って感じでしょうか・・・笑)

夜光虫が発生している時は、ルアーよりも虫エサに分がある

大阪湾は水温の上昇と共に夜光虫が発生しますが、これが湧き出すと、道糸に夜光虫が触れて発光します。こうなると何故かルアーには反応が鈍いです。夜光虫が湧いている時は、真っ暗な海間にバチがシッカリと認視出来ます。ライズしてくるスズキも見ることが出来ますが、こういう状況はもちろんウキ下は1ヒロ前後で狙う感じです。

エサは青イソメを房掛けにする

バチ抜け、エサは青イソメ基本的に半夜釣りのスズキ狙いはエサは虫エサ(具体的には青イソメ、コガネムシ)がよく、出来るだけ太目の物を房掛けにするほうが良い釣りになります。目だ立たせる方が、圧倒的に良いようです。3時間程度の釣りで1000円分くらいの青イソメを買って置けばイイと思います。

ハリスは4号がおすすめ

仕掛けは、夜釣りですから、ハリスの細い太いは気にする事はありません。虫エサは一気に飲み込んでくるのでハリスはスズキの口元を考えれば4号以上がおすすめです。アタリは連発で来ることが多く、バラしてしまってはそれまでになる事も多い釣りですから、4号以上なら5号でも6号でも遜色なく食ってきます、神経質になる事はありません。

竿は磯竿で1.5号以上

バチヌケこの太ハリスに対応できるだけの竿を用意します。まあ、磯竿の1.5号から2号で、出来ればズームタイプの物があればベストだと思います。ズームタイプは際の釣りに非常に便利で、高場からのコスリ釣りとかにも使えます。

中通しの物が夜釣りには良さそうに思えるかもしれないですが、この時期からは夜光虫やプランクトンの死骸がドロドロの潮になって、防波堤周辺に帯を作りますから、これが中通しの竿の中に道糸伝いに入ってくると、メンテナンスが大変です。外ガイドの竿が圧倒的に重宝する事を加えておきます。

ウキはナショナルの普通の電気ウキで充分(1号から2号)

少し神経質な人は、電気ウキでも食い込みとか考えられるかも知れないですが、夜釣りのスズキ釣りは食い込みに気を使う事は殆どありません。表示された号数のオモリを使用すればOkです。具体的には1号から遠投するなら2号くらいがあれば充分です。

仕掛けは超シンプルにする

バチ抜けのスズキ

半夜釣りで狙うスズキは釣りは、仕掛けは超シンプルがベストです。マキエサの用意も要らないですし、エサ箱にゴカイを入れて、竿とタモはロッドベルトでまとめる感じです。気候が良い時期ですから、クーラーボックスも無しで防波堤に上がるほうが良いです。釣れた魚はストリンガーでキープすれば良いでしょう。電気ウキの釣りなら、極端に言えばガンダマも必要ありません。小物はすべてライフジャケットに収めようと思えば収まると思います。

筏竿で波止際を置き竿で狙うのも有力

バチヌケ電気ウキの流し釣りでバチヌケのスズキを狙う場合、ランガンで狙うのも有力ですが、足を止めて際と駆け上がりで狙うのも有力です。この場合、際は筏竿で置き竿で狙うのも面白いです。実際、私はこの筏竿の置き竿で80オーバーを二度仕留めた事があります。最初はいいように走られますが、案外筏竿はパワーがありますから、慌てさえしなければ、取り込めると思います。

仕掛けは、サルカン付きのオモリ0.8号くらいにハリス3号から4号を約80cm取り、チヌ針の5号程度の針に青イソメを房掛けにして狙います。タナは状況によって違いますが、まあ、2ヒロから4ヒロくらいが最もアタリが多いと思います。

防波堤の夜釣りは、足場がいいからといって、油断していると本当に危険です。出来るだけ、渡船を使うようにされると、結果的に良い釣りになると思います。

尚、本項は、大阪府岸和田市の岸和田一文字(山田渡船)を題材に執筆しました。沖の一文字、地の一文字共にスズキに関してはかなりの有力ポイントが多数あります

同渡船店は悪天候を除いて年中無休で運行しています。問い合わせこちらのサイトからどうぞ岸和田一文字の波止釣り

Site Map
Abvertisement
注目のフィッシングエントリー