エビ撒き釣りのポイント

エビ撒き釣りのポイント選びの基本は、寒い時期と暑い時期は地寄り、春と秋は沖の一文字がイチオシです!

65センチ、良型のハネ

エビ撒き釣りは地寄りの防波堤、沖の一文字、さらにはテトラや川筋なんかでも、大いに楽しめる手軽で迫力のある釣りです。慣れないと・・・、「こんな場所(ポイント)で釣れるの?」って、少し不安になる事があるかも知れないですね?

私なんかも、一番最初に連れて行かれたのが、岸和田一文字の一番手前の防波堤、通称「中波止」と言って、貯木場を外海と仕切ってある小さな防波堤でした。「まさか、こんな所にあんなでかいスズキがいるなんて・・・」、思っても見なかったですが、それから数え切れないくらい通って、70アップの立派にスズキと呼べるサイズまでシッカリと物にした経験がたくさんあります。

一見ポイントになりそうな場所でなくても、季節や天候の状況によって、有力なポイントに早変りします。

狙いの基準になるように、知っている事を書きますから、参考にして下さいね♪
尚、本項で述べるのは、あくまで“基準”です。一番いいのは・・・

エサを買うときに、シッカリとエサ屋さんから情報を収取する事!

その情報に、ここで述べる基準、あなたの経験と勘がマッチしている時は、高確率で釣れます!、頑張ってくださいね♪

春のエビ撒き釣り

貯木場、スズキ釣りのメッカです桜が咲く頃は、比較的水温が低いので、深めを釣った方が分があるように思われるかも知れないですが、案外水深の無い、浅い海域がメインになる事が多いです。具体的には川筋、あるいは河が入っている汽水域のポイントが有力だったりします。

春先の汽水域は水温が非常に低いですが、ハネ、スズキは低水温に比較的強いターゲットですから、狙ってみると面白いです。

個人的には、岸和田一文字の中波止大津川尻地蔵浜から二色浜、南港では新日鉄のテトラ周辺、北港では舞洲テトラ、安治川尻、それに、武庫川尻では新波止当りで実績を持っています。

所々、水深のある場所も確かにありますが、全体的に竿一本程度(3.5ヒロ)程度水深の場所が殆どです。参考にされるといいと思います。(^_^)

ゴールデンウィークから梅雨時分のエビ撒き釣り

岸和田一文字・山田渡船ゴールデンウィーク前後は、エビ撒き釣りのハネ、スズキで、最も自己記録を出しやすい時期でもあります。

大阪湾へ入ってくる大型のスズキはこのゴールデンウィーク前後と11月の晩秋が最も狙い目ですが、春のスズキの方が、秋のスズキに比較して、引き具合が若干弱いので、取り込み確立が上がります。エビで超大型が食ってくるのもこの時期です。迷わず沖の一文字で勝負が正解になる事が多いと思います

梅雨時分になって、水温が上昇し始めると、「バチヌケ」と呼ばれるゴカイの産卵の時期になりますが、バチヌケが始まると、エビにハネ、スズキが当ってこなくなります。この食性の変化は、人間の手ではどうする事も出来ないので・・・

  1. エビ撒き釣りで釣るのであれば、ターゲットをチヌや根魚に変える
  2. ゴカイ(青イソメ)にエサを変える
  3. ルアーで狙う
  4. 早朝、マズメ、夜間は避けて、真昼に狙ってみる

こういう攻めが有効と思います。無理にエビ撒きで狙う事も無いような気はします・・・(^_^;)

夏のエビ撒き釣り

防波堤や岸壁からエビ撒き釣りで狙うハネ、スズキは、この夏場の釣りが最も難しいかもしれないです。夏の暑い時期になると、スズキは一般的には須磨沖の人工漁礁周辺に鞍替えするようですが、もちろん全部が全部そっちに行ってしまうわけでは無いです。

有力となりうるポイントを、私のデータの中から二つ紹介します。参考にして下さい。

  1. 尼崎、北港、南港、岸和田一文字周辺では、貯木場周辺が狙い目で、材木の陰を狙うと良型がいる事が多いです。
  2. 神戸方面の比較的水深のある防波堤で、際ギリギリの2ヒロから1本(3ヒロ半)程度のレンジがかなり怪しい?です。

これ以外に西宮石畳周辺、芦屋川尻等は有力と思いますが・・・

中波止・岸和田一文字貯木場の浮いている材木の影は、季節を問わず狙い目になります。一説には、木に付いた虫が落ちてくるのを食べに来ると言う話もありますが、真偽のほどは解らないです。材木の陰を狙う場合、タナの設定は、あまり深く取り過ぎない事を中心に考えますが、マキエサが無くなって来た頃には、底イッパイで超良型が当たってくる事が多いです。最後の30分はハリスは太目がおすすめです。(^◇^)

神戸方面はハネ、スズキの魚影がすこぶる濃い場所です。神戸は世界的にも知られる良港ですが、この事実からも判るとおり、水深が深い場所が多いです。夏場などは特にそうですが、神戸方面のエビ撒き釣りは、際スレスレでイ貝の層を狙う方が分がある場合が殆どです。

基本的にタナは・・・

  1. マズメは1ヒロ半から2ヒロ半程度で
  2. 日が上がったら、1本前後を中心に
  3. 夕マズメは、特にタナが上ずる場合が多いです。

また、ポイントの取り方としては・・・

  1. あまり防波堤の先端付近に陣取らない
  2. 防波堤の中心からやや両端よりに分がありますが・・・
  3. タコが湧いている時はタコを釣りましょう♪(^_^)v

タコが湧いたら、ハネ、チヌはチョット苦しいです・・・汗

暑い時期の釣りは水分補給が必須です。水分補給用のペットボトルや氷を入れたクーラーが必需になりますが、荷物が増えるので、出来るだけ渡船を使う事がおすすめです。

秋のエビ撒き釣り

83センチ、でかいスズキ・・・汗

秋はハネ、スズキを狙ったエビ撒き釣りは最もスリリングで釣果が出しやすい時期でもあります。この時期は、基本的に小アジに付いている(小アジをエサにしている)ハネ、スズキが多く、体力的にも最も優れた魚体にお目にかかれる季節です。1.5号のハリスで・・・、大丈夫ですかぁ・・・?(^◇^)

スリットケーソン・岸和田一文字秋の大阪湾は、サビキ釣りのアジや半夜釣りのタチウオ、それにフカセ釣りや落とし込みでチヌ、飲ませ釣りのツバス(ハマチの幼魚)など、釣り物が非常に多いです。

しかしエビ撒きで大型のスズキを狙うあなたは、他の釣り物に浮気をしてはダメです!

これは、他の釣りに浮気をしまくって、スカタンを人一倍踏んだ私が言うのですから、間違いの無いところ・・・、ぜひ参考にして下さい。

狙うポイントは、ズバリ「沖の一文字」がイチオシです。中でも、スリットケーソンと呼ばれる表面の構造が櫛状になっているケーソンがおすすめです。こういう構造をしたケーソンは北港や南港にもありますが足場が危ない所も多いので注意が必要です。

スリットは・・・

  1. ベタ際を中心に狙いますが・・・
  2. 秋に釣るなら、このベタ際の底付近が怪しい?です・・・
  3. 10メートル程度前に出せば駆け上がりを釣れますが・・・
  4. その場合も、秋に釣る場合は、底付近に分がある事が多いです。

基本的に、秋はタナは底付近だと覚えて置かれるといいと思います。

大阪湾のスリットケーソンは、基本的に西側を向いている場所が多いです。これは、大阪湾は風が西に振る事が多いため、風による波除の役目を果たしている為って言うのは、私が勝手に思っている事ですが、そんなに外れてはいないと思います。

西からの風が多い中で、西を向いて釣るのは大変ですが、大阪湾の波止釣りでは、スリットケーソンには夢がありますから、出来るだけナギの日を選んで釣行するようにして下さい。

冬のエビ撒き釣り

60cm、良型のハネ冬のエビ撒き釣りで狙うハネ、スズキは、「寒バネ釣り」と呼ばれ、大阪湾の冬の釣りの風物詩になっています。

繊細な孔雀を使ったハネウキで内海を、あたかもヘラブナを釣るようなスタイルで狙う釣りですが、非常に趣のある釣りです。この時期の大阪湾は、めちゃくちゃ寒いです、インナーウェアー等の防寒はシッカリとしてから釣りに臨んで下さい。

寒バネの定番的なポイントは、地寄りの防波堤に分があります。普段なら釣りをしないような場所や、ビックリするような内海とかに超良型がいたりしますから、実績場を最寄の釣具店、釣りエサ店、渡船店などで調査しておくと良い事があるかも知れないです。

寒バネの狙いでは、早朝から繰り出す人も多いですが、昼からの釣りで好釣果を得る場合も多々あります。「日が昇ってからは水温が1℃程度上昇するので、そのほうが良い」と言う説もありますが、私は一年間水温を計りながらエビ撒き釣りをした事がありますが、上がらないです、水温は早朝も昼間も殆ど変化は無いです。

タダいえるのは・・・

  1. 日が昇ってからの方が、ベイトになる小魚が動く
  2. 当たり前ですが、それを狙ってハネ、スズキが動く

おそらくはこう言う図式だと思います。

いずれにしても、日中でも地寄りの防波堤で、手軽に釣れますから、チョット行って楽しむには最適な釣りと言えます。

尚、寒バネは中型から小型が多いです。エビ撒き釣りは、元々が“ハネ釣り”で、大型のスズキだけを狙うなら、ルアーや飲ませ釣りに分があります。

まあ、冬場ではそういう釣りは無いですけどねぇ・・・

Site Map
Abvertisement