竿下を狙う大阪湾のサビキ釣り、釣り方、仕掛け徹底解説

季節の走りに来るアジは良型多いです。
基本は飛ばしウキで投げて狙うサビキ釣りですが・・・
竿下もマズメにはかなり有力って・・・、知ってましたぁ(^◇^)

アジのサビキ釣り大阪湾の春から初夏にかけての、サビキ釣りの解説です。このページでは竿下で釣るサビキ釣りを解説します。この時期は基本的には飛ばしウキを使用して遠投で狙うサビキ釣りが有力ですが・・・

実は、夕マズメには竿下で結構な良型が数釣れる事があるんですね。しかし、夏や秋のシーズンの竿下のサビキ釣りとはチョット趣が違います。

上手くいけば、型が良いですから直ぐにクーラー満タンもで来ます。(^_^)v
本格派のサビキ釣りの解説書第二弾、どうぞお楽しみ下さい。

防波堤のアジのサビキ釣りは、ファミリーフィッシングをはじめとして、多くの釣り人に人気があります。

日和の良い日に手軽で簡単で・・・、サビキ釣りにはそんなイメージを持っておられる方もたくさんおられると思います。

サビキ釣りってシーズンになら、アジが大量発生して、マジで簡単に釣れます、が・・・
シーズン前の良型のアジとなると、サビキ釣りではそうは簡単には釣れてくれません!

しかしながら、ツボを押えておきさえすれば、ナンと言ってもサビキ釣りは簡単な釣りですから、一足早い南蛮漬けで軽く一杯やれたりするんですね。(^◇^)

本格的に防波堤のサビキ釣りもチャレンジすれば、ハネ(スズキの幼魚)やチヌなどの大物釣りと遜色の無い、非常に面白い釣りにすることも出来ます。本項では、そんな事を、徹底的に解説してみますね。

尚、本項は、梅雨時分から初夏にかけての防波堤のサビキのアジ釣りの解説で、竿下を狙うアジのサビキ釣りの解説書です。飛ばしウキでぶん投げて狙うアジのサビキ釣りの解説は別項を設けておりますので、どうぞそちらをご覧下さい。

竿下を狙う、防波堤のアジのサビキ釣り

「爆釣!チヌのフカセ釣り」より、基本防波堤断面図大阪湾の防波堤の構造は、極めて一般的な構造をしています。ケーソンの下に敷石を敷く基本構造が殆どですが、この敷石の切れ目は10メールほど先になっている場所が多く、殆どが前下がりの駆け上がりになっています。

チヌやハネ(スズキの幼魚)などの大型魚も、アブラメやメバル、それにガシラなどの根魚も、この駆け上がりを中心に、その前後を狙う事が多いですが、サビキ釣りのアジだって、同じなんですね。

竿下から駆け上がりを狙う場合、基本はマキエの仕方にあります。そんな解説をチョットしてみますね♪

マキエをためてサビキ釣りのポイントを作る

アジのサビキ釣りはマキエの仕方が重要です竿下をサビキ釣りで釣るのは、夏場のアジのサビキ釣りなどでは良く見かけます。ってか、大半がこの釣り方をされると思うんですね。竿下でも良く釣れるから竿下を攻める方が殆どだと思いますが、防波堤の基本構造を知れば、そりゃ納得なワケになります。

まず、竿下は基本的にボトム部分が石積みの上に位置します。当然ですが、沖目に仕掛けを入れるよりも、竿下のほうが水深が浅い場合が大半です。また、沖側では潮が走る事が多いですが、波止際は沖で走る潮に引かれる形で潮は流れますが、本流が走るという事はありません。

さらに、波止際にはイ貝がたくさんついていて、海藻類も付いていたりします。カニや小魚の絶好の隠れ蓑になっているわけですね。要するに、魚がエサを取ったり、小魚がゆっくりと隠れていたりするには適した場所であると言う事が分かると思います。

そういう場所に、美味しいマキエを利かすとどうなるかって言うと・・・?

岸和田一文字、スリットケーソン、アジの好ポイントでもありますアジのようなターゲットは、気が狂ったように、エサを漁るようになるのは、考えてみれば当たり前のことなんですね。

ただし、防波堤は人工的な建造物(ストラクチャー)ですから、大自然相手に人間的な臭いの多分にする物でもあります。いかに、人間臭さを失くすか?、マキエで魚を狂わすか?

これが波止際や竿下の釣りでは、キモになっていると言っても過言ではないでしょう。大事な事は、竿下を狙う場合、マキエを切らさないという事です。

マキエ

防波堤のサビキ釣りのマキエサはアミエビです。こりゃ、サビキ釣りなら、日本全国何処でも同じだと思います。量的には1時間から1時間半で1角、半日の釣りで4、5角はほしいです。

基本的に、大阪湾でマキエを使用した釣りをする場合、マキエの切れ目が縁の切れ目です。まあ、大阪湾だけのことではないと思いますが、アミエビは、オキアミなどに比べて安価なので、保険の意味でも少し多めに持っておいたほうが得策になる場合が多いです。これは、覚えて置かれるとイイと思います。

ポイント

サビキ釣りのポイントを作る」、この感覚で、アタリが無くても、マキエを底に溜めるような感じで、撒き続けます。基本的に竿下にボチャンですが、ボトムで数回シャクって、マキエを出したら、直ぐに仕掛けを上げて、再度マキエを底に溜めます。時合いが来なければ、どっちにしても当らない釣りですから、竿下を信じてマキエを続けられるかどうかで、結果がかなり違ってきます。くどいようですが、「ポイントを自分で作る」と言う感覚で、同じ場所にマキエを溜めていきます。

仕掛け

大阪湾の良型アジ狙いサビキ仕掛け基本的にサビキ仕掛けは普通の物でOKですが、良型のアジが狙えるので、飛ばしウキのサビキ釣りと同様にクションゴムを使用する事がおすすめです。

クッションゴム自体高額な物ではありませんし、使用後潮抜きをしておけば、長く使える物ですから、充分に元は取れます。(まあ、釣具屋の回し者では有りませんので、CMはこのくらいで・・・汗)

サビキ仕掛けは、何でも一緒と思われるかも知れませんが、泉州サビキが有力です。私自身は、このサビキに最も実績がありますが、飛ばしウキのページで述べた、地元サビキも有力です。

竿とリール

25センチのアジが4連とか5連でかかってくると、かなりの重量感を感じる事が出来ます。

おすすめは磯竿の3号で、5.3メートルの物ですが、高額な物は必要ありません。大阪湾の釣りなら、フィッシングマックスで安価な物がありますから、サビキ用に一本求めておいても良いかも知れないです。(くどいようですが、釣具屋の回し者ではありません・・・汗)

リールも、適当な物があれば、OKです、基本的に遠投をしなければ、道糸は50mも巻いてあれば、充分事は足ります。ただ、遠投も一緒に狙うような釣りをするならば、4000番や5000番のような大型のリールが重宝します。

3号の磯竿に4000番のリールを使用すると、タックル自体がかなり重くなるので、少々疲れることはあります。まあ、アジが入れ食いになると、疲れは忘れますが・・・(^◇^)

カゴ

カゴも遠投バージョンと同じで25号から30号のカゴが扱いがいいです。基本的に、底にマキエを溜めて、ポイントを作る釣りですから、一気に底まで行ってくれるような重めのオモリが扱いがいいです。ただ、非力な人(女性とか子供)は、15号までが使いやすいと思います。

ウキ釣り

遠投バージョンの仕掛けをそのまま、竿下で使います(もちろんウキ下は変えてください)。ウキを使用すると、竿先でアタリを取るのとは、違った食い込みの良さがあります。

手返しも悪くは無いので、この釣りも有力です。筆者はこの釣りが最も得意かもしれないです。(^_^)

サビキ釣りのコツ

サビキ釣りで重要なのは手返しです。手返しが悪いのは、春(というか初夏)のサビキには、致命的と言っても良いでしょう。

このアジは夏のアジです、チョット小ぶりです。とにかく、群れが小さいのが普通ですから、アタリが出た時合いには、効率よく手返しよく、釣らないと、釣果が伸びないです。

下カゴ仕掛けの場合、竿尻にカゴが来るだけの長さまでしか、リールを巻かないようにします。不慣れなアングラーほど、リールを巻き過ぎる傾向があります。

また、マキエカゴにマキエを詰める方法ですが、これも、専用のバケツなどで「手が汚れない」なんて謳っている物は、この時期のサビキ釣りには不向きです。

少し、手は汚れますが、手でシッカリと詰める方がマキエの効果はあります。(ギューギュー詰めはNGです。詰めすぎずにシッカリと詰める感じです)

また、釣れたアジは潮氷にして持ち帰ると、鮮度が非常に良いです。具体的には、氷をクーラーに入れて、水汲みバケツで一杯海水を入れるだけです。塩が利いて、マイナスの温度になりますから、アジの身がしまって、とても美味しいです。

それと、多少裏技的なノウハウですが・・・

アタリが無い時は、シッカリとマキエをした後で、置き竿にしてほったらかしておくと、なぜか、よく当ります。釣ったも釣れたも、立派な釣果ですから、アカン時の切り札に、おぼえて置かれるとイイ事があると思います。

味があるアジ釣り・岸和田一文字のアジ釣り

通えば通うほどに味があるアジ釣りが岸和田一文字のアジ釣りですが・・・

ファミリーフィッシング

チョット知っておきたいファミリーフィッシングの豆知識、知らないと痛い目を見る毒魚の話等・・・

防波堤から狙うフカセ釣りのチヌ

マジで病み付きのフカセ釣りのチヌ釣り、釣れない時はアジ釣りに変身(笑)

グレ釣りのマキエ 生オキアミ

オキアミの生エサの話をグレ釣りのサイトで見てみる