大阪湾のサビキ釣り、釣り方、仕掛け徹底解説

ベストシーズンのアジ釣りは小アジがメインですが、数釣りが楽しめます。
アジをそのまま持って帰って一杯やるのもいいですが・・・
釣れたアジをエサにしてみると、面白い釣りも出来たりします♪

アジのサビキ釣り大阪湾の夏から秋にかけては、サビキ釣りで小アジがたくさん釣れます。釣り方は至って簡単、釣り道具も適当な物があれば、誰でも簡単にサビキ仕掛けでアジをたくさん釣ることが出来ます。

基本的なことを知っていれば、それでOKです、後はフィールドで頑張っちゃいましょう♪

夏場から秋口にかけての、防波堤のアジのサビキ釣りは、ファミリーフィッシングをはじめとして、多くの釣り人が楽しんでます。釣り道具は適当な物があればOKです。後はアミエビを適当な量を持っていけば、時間帯もあまり気にせず遊べます。(釣れる時は夜中でも釣れます(^◇^))

このアジを釣って持って帰ってもOK!しかし、コイツをエサにすると、飲ませ釣りやアオリイカの釣りを楽しんだりする事も出来るんですね。

潮が良ければ、70センチオーバーのハマチも釣れたりします。スズキなんかも良くあたってくるんですね。アジが簡単に釣れるなら、せっかくですから、楽しみを二倍にしてみてはどうでしょうか?本項では、そんな事を、徹底的に解説してみますね。

サビキのアジ釣り

ベストシーズンの大阪湾のサビキ釣りのアジ釣りは難しい事は抜きで楽しめます。ただ、状況によって、群れが小さい時が無いでもないですから・・・、確立を上げたいなら、少しアミエビを多めに持参するほうが賢いです。

決してエサ屋さんの宣伝をするわけじゃないですが、釣果が少ない人は、平均的にアミエビを持っていく量が少ないです。(名人クラスになると、一時間に一角くらい持っていきますよ)

ベストシーズンのサビキ仕掛けそれはさておき、ベストシーズンは、仕掛け、釣り道具に難しい小理屈は必要ないです。

竿はリールが付いていればなんでも良いです、食い込みを良くしたり、針はずれを少なくしようと思えば、磯竿が良いですが、これも量販向けの安価な物で充分に楽しむ事が出来ます。

フィールドに隣接している釣具店で4、5千円程度で、使いやすい物があります。そういうので充分なんですね。

サビキ仕掛けも行きがけに買っていけばいいです。ただ、ボラが多いようなフィールド(ポイント)では、コイツが当ってくるとハリス切れが多発しますから、少し余分の仕掛けを購入していくほうが賢明です。

仕掛けのセットは、竿下を狙うのであれば、道糸にサビキ仕掛けをセットして、仕掛けのボトム部分にマキエカゴを付けるだけです。(スナップがついてますから、ワンタッチです)

途中で立ち寄った釣具店(釣りエサ店)でポイント情報等を仕込んで情報通りにやるのが、この場合のミソです。(人の力を上手く利用すれば良い釣果に恵まれます)

型の良いアジはクーラーに入れて、人間様が食す用にキープします。(潮氷でキープしてください。潮氷については、サビキ釣りと安い釣り具・仕掛けの紹介を参照してください。)

アジバケツ型が小さめ、あるいは青アジが釣れるようだと、こういったものは大物釣りのエサにすると、楽しい事が起きたりします。(^_^)v
少し、荷物になりますが、アジを活かして置く専用のバケツがありますから、こういったものを買い揃えて置くと良いと思います。

普通にクーラーに海水を入れて、ボンベをつないでおけば、アジは生きていそうですが、アジは、生簀に入れても、泳ぎ回る性質がある上、壁があるからといって直角に曲がって泳ぐという事をしません。クーラーの内側のように、直角の壁がある場合は、壁に頭をぶつけて、弱るか死んでしまいます。専用のアジバケツは中が丸いので、頭をぶつける事も無ければ、鼻をぶつける事もありません。活きのよいアジをエサとしてキープする事が出来るんですね。

飲ませ釣りをする場合、アジバケツなどは必須のアイテムです。

大物が寄ってくるようなときは、アジは逃げ回ってサビキにかかってこなくなりますから、せっかくの時合いにエサが無いという事になる場合が多いです。釣れるタイミングにシッカリとアジをキープしておくと、大物がやってきた時にイイ目を見ることが出来ます。

尚、このアジバケツですが、たくさんアジを入れすぎると、てき面酸欠を起して、アジが弱ります(死んでしまう事も多々あります)。10匹程度をキープする感じで、時間が経てば、海水を入れ替えてやるなど、アジバケツは少し注意とケアが必要です。

飲ませ釣り

飲ませ釣りは大阪湾では期間限定の釣りと言えると思います。スズキは年中(夏場は弱いかな?)いるにはいますが、春先などは、肝心のエサになる小アジがあまり釣れません。別項で書いてますが、大阪湾の春先のアジは型の良い物が多いです。

このようなアジはエサにするには、少し大きいですし、“人間様のエサ”にするほうが、どう考えても賢明だとも思います。(美味しいです、ハイ・・・)

飲ませ釣りでは、ハマチ、ツバス、スズキ、ハネなどが狙えます。アコウも飲ませで狙うには狙えますが、既存数自体が少ないですし、大阪湾のアコウは全体的に型が小さめです。(中にはでかいのもいますが・・・)

普通にツバスとスズキの狙い方を書いておきますね♪

ハマチ(ツバス)とスズキ

大阪湾で飲ませ釣りで狙うターゲットは、ツバスとスズキが二大ターゲットと呼んでもイイと思います。ただ、ツバスのほうが飲ませ釣りでは狙いやすいです。

ツバスが多いですが、ハマチも狙えますスズキを飲ませで狙う場合でも、ツバスの延長線上くらいの考え方のほうがイイ釣りになると思います。

スズキだけ狙うなら、潮にもよりますが、エビ撒き釣りの方がアタリが多いですし、楽しめると思います。

大阪湾で当ってくるツバスは40cmから50cm程度の物が多いですが・・・
時折60センチから70センチ程度の、まあ、小ぶりのハマチクラスもあたってくる事があるんですね。

1キロ程度のツバスなら、ハリスは2号までで充分勝負になりますが、60センチを超えてくると、さすがに4号くらいのハリスを付けておかないと、チョット苦しいですし、防波堤のほかの釣り客の迷惑にもなります。出来れば、3号以上の磯竿を使用して、少しゴツ目のタックルで、強引に勝負したほうが良いと思います。このくらいのタックルでも、大型が当れば、充分にもてあそばれます。(^_^;)

青物の大型は、特に引きが強いですから、夢のあるタックルを選択しましょう

大阪湾の飲ませ釣り

飲ませ釣りは大阪湾の釣りの中では、最もダイナミックな釣りと思いますが、釣期が限定されている(まあ、早くて9月からで、一般的には11月の中くらいまでです。温暖化の影響でずれる事はあるかも知れないですが・・・)ため、絶対的に釣り人口が少ないです。好きな方で、期間中頑張って通う方もおられますが、群れが回らないと、もちろん釣りになりません。釣れたという情報が回ってから狙うほうが賢明だとは思います。

飲ませに当るスズキは大きいです(^◇^)しかしながら、当れば高確率でデカいヤツです。(^◇^)

賢い選択方法として・・・

サビキ釣りでアジを楽しみながら、鳥山が出たりライズが始まったりすれば狙うといった感じが良いと思います。

まあ、ウキ釣りの置き竿でほったらかしもかなり有力ですが、上手くリールをフリーにしておかないと、当ると竿がなくなります。(^_^)

蛇足ですが、大阪湾の防波堤で置き竿にする場合、何故か尻手をつけるとアタリが遠いです。尻手を付けてない方が、よくあたりますが、理由は分からないです。名人から教えてもらって、私の経験も、当てはまってますが、竿を無くしたくない人は、真似をしない方がいいかもしれないです・・・

それはさておき・・・

時合い

飲ませ釣りの時合いは、圧倒的に朝マズメに分があります。真昼や夕マズメも釣れない事は無いですが、6:4から7:3くらいで朝が良いと覚えて置かれるといいと思います。

エサがアジでなければ、スズキなどは昼間でも良くあたります(マズメのほうが案外型が小さいです)が、飲ませ釣りは朝マズメが経験則から考えてもイチオシです。

ポイント

ポイントは、渡船を利用して、一番沖側の一文字が有力です。この釣りは潮通しが良いポイントが、ナンと言っても有利です。

出来れば、防波堤の先端付近が一番良いと思いますが、人が混雑しているような場合は、ウキを流しだすと釣りにならない事もよくありますから、そういう場合は自分でポイントを開拓するくらいの勇気を持って、違う場所でやってみるのも有力です。防波堤の真ん中でも、ハマチやスズキはナンボでもボイルします。プラス思考が勝るのは言うまでも無いですね。(^_^)

尚、防波堤の中央付近は、少し遠投を要する場合が多いかもしれないです。遠投タイプの釣り道具を出来ればワンセットは揃えておかれると良いと思います。

仕掛け

大阪湾の飲ませ釣り飲ませ釣りの仕掛けは、繊細な感覚はまったく必要ありません。極論言えば、10号のハリスでも食ってくると思います。

針も、すっぽ抜けが多いですから、出来るだけ大きいな針が良いですが、あまり針が大きくても、アジの弱りが早くなってしまいます。

まあ、チヌ針の5号程度で充分に対処は出来ると思います。

仕掛けは超シンプルがおすすめで、図のような仕掛けでOKです。ウキを使用する場合は、出来るだけ浮力のあるウキが勝ります。具体的には10号から15号くらいが良いと思います。

これは、アジに好き勝手に泳がれるのを防ぐ意味と、アタリが出たら、ある程度抵抗があった方が針掛かりが良いからです。

ウキを使用しない場合は、泳がせ釣りになりますが、ツバスの群れがいると、アジが怖がって、波止際まで逃げてきますから、丹念に打ち返しが必要です。当ると、道糸が走りますから、この釣りは面白いです。

竿とリール

竿は磯竿の3号がおすすめです。1.5号や2号でも取り込みは十分ですが、仕掛けを遠くに飛ばすのがチョット難しいです。取り込み自慢は大いにOKですが、肝心のポイントまで仕掛けが届かなければ、自慢の手前で釣りになりません。また、好調が聞こえる波止は、人間の数も多いですから、ある程度強めの竿で強引にやり取りをしないと、お祭りになる事も多いです。まあ、デカイやつは3号クラスの磯竿を使用しても、かなりスリルのある釣りになると思います。

リールはスピニングリールでこれも遠投が利くように4000番クラスがイイと思います。青物相手はドラグ機能がついている機種のほうが勝ると思いますが、腕に自信のある人はレバータイプでも面白いです。道糸は、太ければ何号でも良いです。(まあ、4号から6号程度かな・・・?)

合わせ

飲ませ釣りでアタリが出たら、早合わせは厳禁です。文字通り、飲ませるつもりで遅合わせが基本です。

ウキが沈むと、勢い良く道糸が走り出しますから、充分に走らせてから、大合わせでガッチリ針にかけます。ツバスにしても、ハマチにしても、スズキにしてもハネにしても、4号程度のハリスを使用しておけば、飲み込まれて、口が当って切れるということは殆どありません。(スズキは唇の部分がヤスリのような感じになってますから、モタモタしていると、切られます)

完全に針まで飲ませたほうが弱りも早いです。良い所にかかると、メッチャ走りますが、これはこれでオモロイです、ハイ(^◇^)

取り込み

アジを飲み込むようなターゲットは、走りっぷりも中々の代物が多いです。必然、隣のアングラーの迷惑にもなりやすいです。ある程度強引に勝負できるタックルが良いですが、無い場合は、ライトタックルで勝負するしかありません。

基本的に、こういう系のターゲットは、道糸のテンションをまったくかけずに走らすと、直ぐに止まる物が多いです。大型の青物は止まらない物もいますが、大阪湾の防波堤では、こういうのは本当に稀です。スズキなどは2、30mも走ればよく走った部類だと思います。

こういう系のターゲットは、止まれば、竿を寝かせるようにタメにかかると、寄せてくるのも少しは楽になります。特にスズキが当った場合、竿を立てると、浮き上がってきてエラ洗いをされますから、バラシの確立が上がってしまいます。基本は頭の向いているほうに竿を倒して、竿尻が魚のほうを向くまでタメにかかります。

美味しい魚を美味しくお持ち帰り

本項は、サビキ釣りと飲ませ釣りの二本立てですが、釣れたら美味しく頂ける魚と言う事がいえると思います。(小型の青物はもう一つですけどねぇ・・・)

クーラーは拘ったほうが良いかも・・・?

アジは釣れたら、潮氷にして現場ではキープするのが賢明です。さらに波止から上がったら、渡船店や隣接している釣りエサ店などで氷を買って、カチ割気味にして魚全体を冷やすようにして持ち帰ると、美味しく頂く事が出来ます。

飲ませ釣りで大型のスズキとかを専門に狙う場合、横長のクーラーボックスが重宝します。

図のよなクーラーボックスは、60センチ程度のハネクラスなら収納できますが、70センチを超えるスズキクラス(※)になると、尻尾が出てしまいます。中心的に狙われるターゲットによって、クーラーは選ぶとよいと思います。

防波堤の釣りでクーラーを使う場合、竿受けをクーラーボックスに付けるように改造すると、竿の直置きが無くなって、トラブルが少なくなります。多少費用はかかります(2、3千円かな?)が、これをやっておくと、大事な釣竿の寿命が延びますから、おすすめの改造ですね。

「釣りの上手な人ほど、クーラーにはお金をかける」って話もありますが・・・、さて?

(※スズキは出世魚ですが、当サイトでは、49センチまでをセイゴ、69センチまでをハネ、70センチ以上をスズキと呼ぶことにしています。60センチを超えるとスズキと呼ぶ釣り情報が多いですが、やっぱりスズキとシッカリと呼べるのは70センチからだと思います。セイゴ、ハネ、スズキはこのレベルで釣りをする方が面白いですよ。)

アジの食わせ釣り

サシアミを使った防波堤のアジの食わせ釣り、夜釣りにピッタリです

スゴ技!アジのフカセ釣り

波止フカセでチヌを狙ってアジが湧いた・・・、どうせならそのアジを釣りまくってしまう方法あるとしたら・・・

名手のアジのサビキ釣り

炎の気合でつりまくるアジのサビキ釣り、炎の海釣りよりピックアップ

岸和田一文字・沖一文字

大阪湾のアジ釣りのメッカ岸和田一文字の沖の一文字のポイント情報を詳細解説