メバルフィッシング(メバリング) フィッシングメソッド

メバリングメバルフィッシング(メバリング)の基本はスローリトリーブです。ゆっくりとただ引いてくる。これが基本です。

しかし、誰もかれもが同じようにして釣っているわけですから、スローリトリーブで反応が無いときには軽くアクションをつけることも必要となります。

メバルがそのときに何を食べているのか(ベイトフィッシュ)によってもルアーセレクトやアクションは変わります。

イワシ等の小魚を食べているときには、ソフトルアー+ジグヘッドリグ(又はスプリットショットリグ)やフローティングミノーなどで基本のスローリトリーブで釣ります。

あまり早くリトリーブするとメバルが追いきれなくなりますので、基本はスローなリトリーブです。その他に、トゥイッチングやダートアクションが効果的なこともあります。

スローで食わなければもっとゆっくり・・・と考えがちですが、そこでトゥイッチングやダートアクションを加えることでメバルが反応することも良くあります。

日中の深場の根を狙うときや、岸壁沿いを狙うとき、また海老や貝等の甲殻類を捕食している時に効果的な釣り方がリフト&フォールやボトムバンピングです。

メバルフィッシングメバルは、餌を待っているときには斜め上をむいて定位していることが大半です。ですから、ルアーをただ引きしてくる時にも、メバルよりも上層を引くことが大切になります。

また、リフト&フォールも、ルアーが落ちていくフォール時よりも誘い上げるリフト時の方が果敢にアタックしてくるようで、ボトムバンピングやリフト&フォールで釣るときには、ソフトルアー+ジグヘッドリグ(又はスプリットショットリグ)やメタルジグ、スプーン等が有効なるアートなります。

メバルは群れで行動する魚ですから、基本は群れを散らさないように上層にいる魚から釣ることです。もっともメバルは大きい魚ほど餌のとりやすいポジションにいるものですから、上から狙って釣るとまず大物から釣れてくるなんて事も良くあります。

メバルフィッシング(メバリング) ルアーセレクト

メバリングルアーセレクトは、先に書いたようにどのような釣り方をするかによってソフトルアーにするのかミノーにするのか、はたまたメタルジグにするのか選びます。また、メバルは色や大きさにも敏感に反応しますので、ベイトの大きさや太さ等も考慮に入れて選びましょう。

初心者が手堅く実績を上げたいのであれば、やはりソフトルアー+ジグヘッドリグ(又はスプリットショットリグ)が一番確実性は高いでしょう。個人的には、ジグヘッドよりもスプリットショットリグを好んで使います。

ジグヘッドのほうが手軽なのですが、例えばゴロタ浜等、根係りしやすい場所でリトリーブして来るときには、底よりも少し浮かせて引いてきたいものです。スプリットショットリグならば、ルアーとシンカーの間を少しあけてやれば、シンカーは海底を這いながらもルアーはやや浮き気味の一定の層をリトリーブしやすいからです。

スプリットショットリグもちろん、シンカーとルアーをくっつけてしまえば、ジグヘッドと同じ使い方も出来るので、シチュエーションを選ばずに使えるリグと言う事も、ジグヘッドよりもスプリットショットリグを好んで使う理由です。

リフト&フォールの時には出来るだけゆっくりと落とし込むことも必要になります。そんなときにも、シンカーの数を増やすことで微妙な重さを調整することもスプリットショットリグならば可能ですからね。

メバルフィッシング(メバリング) あわせ(フッキング)の注意点

メバリングメバルを釣る時に、よくあわせ(フッキング)が上手くいかないと言われる方がいます。特にソフトルアーを使っているときに多いと思いますが、そんな方は大抵「電撃あわせ」をしています。

アタリがあったら即あわせる。誰もがそう思っている釣りの基本だと思いますが、時と場合によってはこれは当てはまりません。メバルをソフトルアーで釣るときには、ソフトルアーをメバルがしっかりと吸い込んでからあわせます。電撃あわせは、実はメバルがまだルアーを吸い込んでいる途中であわせているのです。

ソフトルアーで釣るときには、メバルが吸い込みやすい細身のルアーを選び、ロッドに魚の重さを感じてからあわせるくらいの方がフッキング率は上がるはずですよ。

ミノーでの釣りの場合は、以外にもあわせはそれほど難しくありません。向こうあわせでほとんどOKになります。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

カレイの投げ釣り

大阪湾のクリスマスカレイ、岸和田一文字のカレイの投げ釣り、地元名人直伝のカレイ釣りテクニック

あなたの釣りに奇跡を呼び込む12の魔法

これまでの釣り情報では語れることの無かった、笑いながら凄腕アングラーになる12の魔法

チヌのフカセ釣り、理論と法則

チヌ釣りのフカセ釣りを見方を変えて真鯛のフカセ釣りから考える面白コンテンツ

グレ釣りの天候の話

お天気によって変わるグレ釣り、磯釣りをするなら知っておくべき有力コンテンツ