メバルフィッシング(メバリング) 釣りやすい時期・釣りやすい時間

メバルは夜行性の魚なので、ナイトゲームが基本とされています。

メバルのナイトゲーム(メバリング)これは、昼間ストラクチャーや根の中にじっとしているメバルも、夜になると活発に餌を応用になること。また、メバルは目がとてもよい魚なので、昼間はルアーを見切られやすい等のことも影響しています。

もちろん昼間でも釣れないことはないのですが(というか、場所によっては昼間からよく釣れるところもあるようです。)日中に釣るのならば濁りを意識して釣ることが必要となります。

また、メバルも他の魚同様潮の動きに影響を受ける物です。潮の動いている時間、特に満潮時から下げ始めの頃が実績が高いようです。

メバルの季節はやはり春ですが、冬の入りの頃は大物が釣れる事が多いと言われています。

また、メバルは基本的に、夕マズメ時は深場から餌をとりに出てくる時で、朝マズメ時は深場に戻る時間と考えると、棲家から出てきて餌を捕り始める夕マズメ時のほうが、メバルの釣果は上がる確率は高くなると考えることも出来ます。

メバルフィッシング(メバリング) ポイント選び

メバルのポイント選びメバルのナイトゲームでのポイント選びは、メバルのベイトとなるベイトフィッシュの有無です。メバルは夜餌を捕るために棲家から出てきているのですから、まずベイトフィッシュの集まる場所を探すことから始めます。

この時に有力な条件が常夜灯等の光です。単純に、光の当たっているところにはメバルのベイトが集まりやすいからです。しかしメバルは、ベイトのいる明るいところではなく、影の部分との境目辺りに定位していることが多いです。

また、港内でもっとも大きなストラクチャー・・・、それは足元の岸壁です。

メバルのポイント選び足元の岸壁は、だれもが手軽に狙えるポイントだけに場荒れしやすいのですが、それでも必ず確かめておきたいポイントですね。

日中やまだ明るい時間に釣る場合はストラクチャや根などの棲家をダイレクトに攻めることになります。しかし、メバルは警戒心も強い魚なので、ストラクチャに直接ルアーを当てたりすれば、すぐに口を使わなくなってしまいます。根や海草のすぐ上やストラクチャーのすぐ脇などを丁寧に釣るようにしましょう。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

エビ撒き釣りのハネ・テクニック

メバルはエビでも釣れますが、エビで釣るなら最強の波止釣り、ハネ、スズキのエビ撒き釣りはいかが・・・

サビキ釣りをなめたらアカン

地元名人に教わった究極の防波堤のサビキ釣り

岸和田一文字の根魚釣り

大阪湾の超一級防波堤・岸和田一文字の釣りの紹介、根魚も濃いです

がまかつのフカセチヌ釣り

大阪湾仕様のがまかつのフカセチヌ釣り道具を紹介、目からウロコのバッカンの使い方等