メバルフィッシング(メバリング)のタックル選び

メバリングのタックルメバルは、他の根魚と違って回遊性を併せ持つ性質です。そのため、メバルを狙うには、昼間はストラクチャーや根回りなど棲家となるポイントをソフトワーム+ジグヘッドリグなどでダイレクトに狙います。

しかしメバルは、夜活性が上がっているときにはフローティングミノーなどで表層から釣っていくので、できればそれぞれのシチュエーションに合わせたタックルを用意するのがベストです。

また、メバル狙いは、釣り場によっても多少タックルが変わるので、自分がよく行く釣り場に合わせた物を選ぶようにしましょう。

メバルフィッシング(メバリング) ロッド

メバリングのロッドメバルフィッシングに適したロッドは、ティップの感度がよくバットにパワーのあるものがむいています。使用ルアーは1〜5g程度の軽い物、ラインも4ポンド以下の物を使用しますので、ライトタックルで充分です。

使用ルアーがミノーをメインとするならば、多少ロッドに張りがあり、ミノーをトゥイッチングしやすい物がいいでしょう。また、ソフトワームをメインとするならば、吸い込みを重視するので柔らかいロッドのほうがむいています。

メバリングのロッド各メーカーから出されている「メバル専用ロッド」ならどれも間違いはないでしょうが、トラウト用の渓流ミノーイング用のロッド等も流用できます。但し、最近流行のエリアフィッシング用のロッドは柔らかすぎるのであまり適していません。

長さは、釣り場の足場の高さなどによっても変わりますが、6〜7フィートくらいの物が使いやすいでしょう。但し、足場の高い釣り場でいつも釣りをするのならば、7フィート以上のロッドを選んでも良いかもしおれません。

メバルフィッシング(メバリング) リール

メバリングのリールリールは小型のスピニングリールが基本で、1500〜2000番台くらいが使いやすいでしょう。最近ではメバリング専用リールも発売されています。

長時間ロッドを振り続けるにはタックルのバランスが重要です。ロッドとのバランスのあったものを選びましょう。

ソルトウォータ用のリールならば特に問題はありませんが、渓流用のリールの中にはフレッシュウォーター専用の物もあります。フレッシュウォーター専用の物はメンテナンスをしっかりとしなければ錆などが発生してリールが使えなくなってしまいますから注意しましょう。

メバルフィッシング(メバリング) ライン

メバリング初心者の方には、4ポンドくらいのナイロンラインがお薦めです。

メバリングのライン最近では、ライトタックルのルアーフィッシングでもフロロカーボンやPEラインが多用されるようになりましたが、入門用にはトラブルの少ないナイロンラインのほうが適していると思います。

また、メバル狙いであっても、時にはシーバスのような大物がかかることもあるのですから、初めはあまり細すぎるラインは注意が必要です。慣れてくれば、2〜3ポンドのフロロカーボンやPEラインを使ってみるのも面白いと思いますよ。

メバルフィッシング(メバリング) ルアー

メバリングのワームメバルフィッシングに使われるルアーは、ソフトワームをはじめプラグ類やスプーンなど幅広いルアーを使用します。トラウト用として知られているルアーの中にも、最近はメバル用カラーも登場し実績を上げています。

活性が高く、メバルが表層辺りまで浮いてくるようならば、トップウォータープラグやフローティングミノーで大物を狙うのも良いでしょう。また、確実に釣果を上げたいのならば、ソフトルアー+ジグヘッド(又はスプリットショットリグ)が確実でしょう。

メバルはその日の状況によって付くタナが変わります。

その日、その時の状況にあわせてルアーも色々と使い分けていけるようになることが、確実に釣果を上げるコツです。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

防波堤のメバル釣り

防波堤のメバル釣りの、適した時間帯、用意するもの、常識と呼べるメバル釣りのキモ

穴釣りのガシラ 防波堤の釣りスーパーメソッド

手軽とは言え穴ゆえに“奥が深い?”穴釣り・・・、釣る人はメチャクチャ釣るんですが・・・

防波堤の代表的な毒魚

メバルもガシラの釣りもこれを知らないでやると、痛い目を見ます。初心者必見

ウキフカセのチヌ釣り

メバルもいいけどチヌも釣りたい、オキアミを使用したチヌ釣りがてんこ盛り