メバルの習性

春告魚」と呼ばれるメバルは、その名が示すとおり春になると活性が上がり、沿岸部に姿を見せる魚です。春になるとスポーツ紙の釣り欄をはじめ、釣り雑誌などでも「春告魚」という見出しがそこらじゅうで目にするようになります。しかし、実際にメバルは1年の間に2度深場と沿岸部の浅場を往復しています。

春に沿岸部にいるメバルは、夏場になると一度深場に落ちます。そして、海草が生え出す秋になるとまた沿岸部に戻ってきます。しかし、冬になり徐々に水温が下がり、適水温より下がるとまた、メバルは深場に落ちて春を待ちます。

メバルフィッシング(メバリング)のポイント

メバリング

メバル釣りのシーズンは先に書いた沿岸部の浅場に戻ってきた春と秋〜冬がベストシーズンとなります。またメバルの好むフィールドは海底に捨石や海草など、メバルの棲家となるストラクチャーがあることが最低条件となります。その他に、潮通しの良いところ、メバルのエサになるベイトの集まるところも重要な鍵となります。

メバリング・ポイントストラクチャーの少ない港湾部では、足元が最大のストラクチャーとなります。具体的には、港湾部では岸壁沿い(特に足元がオーバーハングしているところなどは好ポイント)や港内のスロープ、係留船の周辺や部位の周り、また、排水口や常夜灯周りなどは、そこにベイトが集まりやすいので餌を捕食しに来たメバルがいる可能性が高いところになります。

さらに、堤防の先端等、潮通しが良いところも狙い目で、その他にも、消波ブロックもメバルの棲家として最適です。港湾部位外にも、ゴロタ浜や地磯などの岩場にもメバルは好んで生息しています。

メバルの習性 昼間と夜の付き場の違い

夜行性であるメバルは通常、昼間はストラクチャーの陰に身を隠していますが、夜になると活発に餌を求めて動き回ります。このような習性は他の根魚達と違う点です。

メバルのルアーフィッシングこのため、メバルフィッシング(メバリング)では、日中は各ポイントにあるストラクチャーをタイトに狙うのですが、夜はベイトを意識したポイントを中心に釣る事になります。また、「中層に居付く」ということも、他の根魚と違う点です。

通常根魚は、たいていその名のとおり海底の根に潜って餌を待ち、餌を見つけると根から出て捕食しまたすぐに根に戻るのが根魚の行動パターンであり捕食パターンです。しかし、メバルは夜になると餌を求めて中層にや海面付近まで出てきて活発に活動します。

ただし、これは「めばる凪」と呼ばれる海が穏やかな条件の時であり、荒天時や極端に潮の早い時などは底の方でじっとしていて、ルアーへの反応も極端に悪くなります。ですから、メバル狙いでは「ボトム(底)」から「トップ」まで、「スロー」から「ファースト」など、臨機応変な戦略を強いられるのも特徴です。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

メバル釣りはメバルを知る 海釣りマニア

メバルの習性、メバルの食性、ガシラとの釣り方の違い、メバルを釣りたきゃメバルを知れ

メバル釣りのポイント

メバルは防波堤の見えない部分ドッサリ付いてます。見えない部分とは

メバルのぶっこみ釣り

ぶっこみメバルから見えるソフトルアーを使用したメバリングの狙うべきポイントは?

メバルのウキ釣りとぶっこみ釣り 海釣りマニア

インターネットのメバル釣りの人気ウェブ、メバル釣りアングラー必見のサイト