カサゴフィッシングの基本

カサゴフィッシングカサゴフィッシングの基本はリフト&フォールである!

岩場の陰やスリットなどに身を隠しているカサゴを狙うには、セオリーは底から攻めてみることです。カサゴは上から落ちてくるものに対して敏感に反応する習性があるので、基本はリフト&フォールでボトムを丹念に探るのがコツです。

また、スリットの間や岩と岩との間をスイミングで探るのも効果的で、漁港などのストラクチャー(テトラなど)は穴を一つ一つ丹念に奥まで探ってみましょう。

カサゴは生息域がストラクチャーや岩礁帯などの根がかりの多い場所ですから、ルアーのロストとの危険性と隣り合わせになります。そこで、根がかりに効果的なリグとして、テキサスリグをお薦めします。もともとテキサスリグは、根がかりの多い場所で、すり抜け性を重視して考案されたリグですから、カサゴフィッシングにも最適です。

カサゴフィッシングのコツ 「足で稼ぐ」

ルアーをストラクチャー等の隙間に落とし込んだら、ロッドで少しアクションをつけて誘ってみましょう。ここで長時間粘ってみる必要はありません。そのポイントにカサゴがいれば、ルアーでアクションを付けて誘えばすぐに反応があります。すこし誘っても反応がなければ、次の隙間に移りましょう。次から次へと狙っていくのが、効率の良いカサゴフィッシングを展開するための秘訣です。

カサゴフィッシングのコツ 「フッキング」

カサゴフィッシングカサゴのあたりがあったら、根にもぐられる前に一気に引き抜きましょう。カサゴは、餌を咥えたら元いた棲家に猛スピードで戻ります。

一度カサゴに根にもぐられれば、もう引きずり出すことは難しいでしょう。根にもぐられる前に引き抜くのがコツです。そのためにも、ロッドはバットパワーが必要となります。

カサゴフィッシング 「食わせるコツ」

カサゴフィッシング防波堤のケーソンやテトラ、橋げた周りのようなまっすぐなポイントに垂直状態で定位しているカサゴには、ストラクチャーにタイトにルアーを落とし込みます。ルアーが着水したらベールフリーでラインを送り込むか、ロッドを倒しこんでラインを送り込むようにします。

送り込まないと、タイトにストラクチャーを狙ったつもりでも、ボトムに付く頃にはルアーがストラクチャーから離れてしまうからです。防波堤のつなぎ目などもカサゴのポイントになりますので、できるだけ軽いジグで、足元をゆっくりと落とし込んでみましょう。

ラインとフックのチェック

カサゴフィッシングは、ストラクチャーをタイトに狙う釣りなので、ラインが根ズレをおこしたり、フックの先が丸まってしまったりしやすい釣りです。根がかりしたら、必ずラインとフックのチェックをしましょう。

また、自分では根がかりや根ズレをさせていないつもりで意外と傷ついているもですから、ラインとフックのチェックはマメに行うようにしましょう。ここぞというときに、悔しい思いをしたくないですからね。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

あなたの釣りに奇跡を呼び込む12の魔法

通常の釣り情報では語れる事のない、笑いながら凄腕ウングラーになる12の魔法

インテッサとアテンダー

磯竿最高峰のがまかつの磯竿、インテッサシリーズは、常に磯竿をリード、アテンダーも新発売

尾長グレの釣り

磯の上物最高のターゲット、巨大尾長グレを釣るにはこうすれば良いと思いますが・・・

がまかつの磯竿

磯竿で釣るメバル、ガシラ釣り、がまかつロッドが応援します