カサゴフィッシングのタックル選び

カサゴのポイント・テトラポットカサゴという魚は、アングラーの狙いにくいところを棲家としている魚です。ですから、消波ブロックや岩礁帯などの隙間の奥を狙う必要があります。

ゆえに、根がかり対策は必要不可欠ですが、タックルは特別な物は必要ありません。手持ちのライトルアータックルやバスタックルなどでも流用できます。

エサ釣りで狙うような場合は、ゴン棒のようなロッドで一気に引っこ抜くと言った感じで釣りますが、ルアーフィッシングの場合は、ルアーのアクションで演出をしないとダメですから、さすがにゴン棒というわけにはいきません、詳しく見てみましょう。

カサゴフィッシング ロッド

カサゴフイッシングのロッドで大切なのは、バットパワーです。

カサゴフィッシング ロッドカサゴは、素早く餌を捕食した後は一気に棲家となる消波ブロックや岩礁帯の根の中に潜り込もうとします。そのカサゴの動きを止め、一気に引き抜くためにはバットパワーの強めなもののほうがいいでしょう。

カサゴは30センチクラスの固体などは、かなり強烈な引きを楽しめますが、カサゴの小さなあたりを見逃さない、繊細なロッドティップも必要となります。

最近各メーカーから出されているロックフィッシュ用ロッドは、メバル専用ロッド以外なら大半はこれらの条件をかなりのレベルで兼ね添えた物ですので間違えはないでしょう。また、これらの条件が揃っていれば、バスロッドやシーバスロッドでも流用できます。

長さは、6〜7フィート位のものが使いやすく、テトラなどの穴を中心に釣るのであるならば、あまり長くないほうが取り回しも良いかと思います。

カサゴフィッシング リール

カサゴフィッシング リールカサゴフィッシングは、フルキャストして広範囲を探るといった釣り方ではなく、ピンスポットを探るように釣る釣り方なので、2000番台のリールで十分対応可能でしょう。

最近のスピニングリールは、最高級器でなくてもそれなりの性能を持っているので、ドラックも特に心配はないと言えます。使い慣れたソルトウィーター対応のリールを使用して十分だと思います。また、フレッシュウォーター用のスピニングリールでも釣りそのものは問題ありませんが、使用後はきちんとメンテナンスをするようにしましょう。

カサゴフィッシングライン

カサゴフィッシングラインカサゴフィッシングは根を探る釣りですから、根ずれなどに強いラインが望ましいです。最近はライトタックルでの釣りが主流ですが、あまり細くしすぎると根ずれですぐに切れてしまいます。

根ずれに強いフロロカーボンなら4〜6ポンド、使いやすいナイロンなら6〜8ポンドくらいがいいでしょう。また、ラインの傷はまめにチェックするようにしましょう。

カサゴフィッシング ルアー

カサゴフィッシング ルアーカサゴフィッシングでもっともポピュラーなルアーはやはりソフトルアーでしょう。1.5〜3インチくらいのソフトルアーとジグヘッドリグ又はスプリットショットリグとの組み合わせが定番と言えます。これならば、縦の釣りでも横の釣りでも対応できますが、カサゴはボトム(底)を取る釣りになりますので、しっかりとボトムを取れる重さのシンカーを使う必要があります。

カサゴフィッシングでは、できるだけ自然にフォーリングさせたいので、ボトムの取れる重さの中でできるだけ軽いシンカーを使用します。

しかし、ソフトルアーだけがカサゴフィッシングに適したルアーではありません。普段はボトムについているカサゴも、活性の高いときには中層まで出てきて捕食活動をします。そんなやる気のあるカサゴには、広範囲をテンポよく釣ることのできるミノーがお薦めです。

また、ディープダイバー系のミノーでボトムをノッキングするのも有効な手段で、バイブレーションやシンキングペンシルなどでボトムを満遍なくチェックするのもいいでしょう。シンキングペンシルならば、リトリーブと同時に浮き上がるので、根がかりしにくく、岩礁帯でのカサゴフィッシングには面白いルアーかもしれませんね。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

サビキ釣りマニア

地元名人に教わったサビキ釣りのコツとキモ、「サビキ釣りをなめたらアカン・・・」(笑)

エビ撒き釣りのポイント情報

春夏秋冬によって変わるスズキのポイントと狙い方を詳細解説

エビメバルの釣り方

メバリングもエビメバルを知っていると、ポイントの山立てがメチャクチャ上手くいくんですが・・・

タコ釣りの釣り具

タコをガッツリ釣る釣り具はどんな物が良いでしょうか?