カサゴの習性

カサゴをはじめ、ロックフィッシュ(根魚)と呼ばれる魚たちは、みな岩礁帯やウィード、テトラポットの隙間等、すっぽりと身を隠せるようなカバーのあるところで生息し、通常はそのカバーの中に隠れて生活しています。

カサゴのルアーフィッシングカサゴも、他のロックフィッシュと違わず、岩礁帯などで生息している魚です。

カサゴは一般的には、夜行性と言われ、日中はカバーの中でじっとしていて、日が暮れると活発に餌を追うようになります。しかし、実際には昼間でも、カサゴは餌を取っています。

カサゴは警戒心が非常に強いので、棲家となるカバーから遠く離れた場所まで餌を追うような事はありませんが、素早い動きで、棲家から飛び出してきて確実にあの大きな口で餌をくわえ、また元いた棲家に素早く戻ります。それゆえに、、棲家となる場所をダイレクトに攻めることができれば、日中でもカサゴフィッシングを楽しむ事ができるのです。

実際に、魚の動きが見えるような浅いポイントでも、日中にルアーを追いかけて飛び出してきたカサゴを何度か目撃したことがあります。

フィッシングシーズンとしては地域によって違いはあるものの、秋から春先がベストシーズンでしょう。暑い時期も釣れないことはありませんが、ちょっと難しい釣りとなりますね。

カサゴのフィッシングのポイント

カサゴは根魚と呼ばれるとおり、岩場の岩の下や際・海草の陰といった所が棲家となっています。また、自然圏のみが生息場ではなく、港等の人口構築物にも生息しています。

主なポイントは、以下のようなところとなります。ピックアップしてみましょう。

カサゴのルアーフィッシング・ポイントピックアップ

岩礁帯
カサゴのルアーフィッシング地磯など岩礁帯はカサゴの一級ポイントです。岩陰などカサゴが身を隠せるようなところを狙って探ります。
海草帯
海草の中もカサゴの棲家です。根がかり覚悟で海草の際を釣って行きます。
波止ブロック
カサゴにとってはマンションのようなところ。波止ブロックの隙間一つ一つを探っていく釣りとなります。
港のコーナー
港のコーナーはどの方向からの波があっても澱みとなりやすいポイントで、餌の集まりやすい場所です。
護岸際
カサゴのルアーフィッシング護岸際には貝などが付着していて小魚や水生昆虫等の集まりやすいポイントです。中でも、ケーソンのつなぎ目や船が発着する場所のバンパー等、変化のあるところが好ポイントです。
係留ロープ
係留ロープは海草が生えやすく、小魚が集まりやすいポイントです。同じ係留ロープでも、海底に固定している物の方がカサゴフィッシングでは実績が高いようです。
排水口周り
港内でも一級のポイントです。カサゴに限らず色々な魚が集まるポイントです。

カサゴのルアーフィッシングカサゴは、活性が高ければ水面まで餌を捕食しに出てくることもありますが、基本的には「待ち伏せ型」の魚です。ですから、棲家となるカバーなどが近くにあり、ベイトが集まりやすい場所がカサゴルアーフィッシングの好ポイントとなります。

他の根魚同様、カサゴも海底の根に潜って餌を待ち、餌を見つけると根から出て捕食しまたすぐに根に戻るのが捕食パターンです。

カサゴフィッシングでは、根がかりが多くて気が滅入ってしまうこともありますが、根がかりが多いということはカサゴの棲家となるような場所も多いということですから根気よく頑張って釣りたいですね。

また、カサゴは定着性の高い魚ですから、底場所から抜き過ぎてしまえば数が減ってしまいます。小さな魚はできるだけリリースしてあげたり、必要以上の魚をキープしないようにしたほうが、末永くカサゴのルアーフィッシングを楽しめると思います。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

岸和田一文字の波止釣り

大阪湾のガシラ釣りならここ、バラ石は大型ガシラの宝庫

インテッサとアテンダー

磯竿最高峰のがまかつの磯竿、インテッサシリーズは、常に磯竿をリード、アテンダーも新発売

大阪湾のイカしたタコ釣り

海釣りの中では最も手軽な釣りかも?夏場の手軽なタコ釣り、冬場の大型の狙いのタコ釣りを一挙公開

がまかつの磯竿

磯竿で釣るメバル、ガシラ釣り、がまかつロッドが応援します