カサゴってどんな魚?

カサゴ(ガシラ、アラカブ)とは

カサゴは、関西方面では「ガジラ」、九州方面では「アラカブ」などと呼ばれ、ロックフィッシュ(根魚)の中でもメバルと並ぶライトルアーフィッシングのターゲットとして人気の高い魚です。

カサゴのルアーフィッシング

カサゴは、カサゴ目フサカサゴ科に分類される魚で、体調は15〜30センチくらいまで成長します。身体は側偏し、東部が大きいという独特の体形で、小さいですが鋭いトゲがたくさんあります。

特に、カサゴの背びれのトゲは鋭いですが、毒はありません。けれど、素手で掴むと怪我をしやすいので、カサゴ類は下顎を持つようにすると良いでしょう。

カサゴの生息域、食性は?

カサゴは日本各地の岩礁帯や漁港などに生息していて身近に感じられる魚で、水深数メートルの浅場から50メートル以上の深場まで広く分布しています。

生活環境の違いによって体色に違いがあり、深場に生息している個体は赤く、浅場に生息している物は黒褐色になる傾向があります。縄張り意識が強く、仲間が縄張りに入り込むと威嚇したり、時には相手口に噛みつくといった行動があることも知られています。

カサゴのルアーフィッシングこういった性格からも、カサゴはルアーフィッシングの好ターゲットと言えるでしょうね。

メバルほど泳ぎ回らず、他のロックフィッシュ同様底について生活することが多い魚です。一般的には夜行性と言われ、昼は物かげにひそみ、夜になるとえさを探して泳ぎだすと言われていますが、実際には昼間でも条件が会えば果敢に餌を取るようです。(このあたりの事は事項カサゴの習性とポイントで詳しくご説明しますね。)

カサゴの食性は肉食性で、ゴカイ、甲殻類、小魚などを大きな口で捕食します。また、カサゴも、メバル同様魚類には珍しい卵胎成魚で、秋になると雄は交接器を使って雌の体内に精子を送り込み、体内で受精します。そして、冬から春にかけて約1万尾の小魚を生みます。

カサゴのルアーフィッシング・重要ポイントピックアップ

カサゴの生息域
北海道南部からフィリピンまでの西太平洋に分布。岩礁帯や漁港などに生息している。
釣り期
通年通して釣れるが、冬のターゲットとして人気が高い。
地方名
アラカブ・ガジラ・アカゾイ・アコウ・アカメバルなど。
料理方法
無骨な姿に似合わず、淡白な白身は絶品。刺身はもちろんのこと、煮つけや塩焼きも美味。

カサゴってどんな魚なのか、少しは知ってもらえたでしょうか?

釣りたければまずターゲットとなる魚のことをよく知ること。これ、釣りの鉄則です。

事項では、カサゴの習性についてお伝えしていきますね。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

名手のサビキ釣り

アジのサビキ釣りでも名手がやればどうなるのか?、過激に釣れるサビキ釣りの基本は?

キスの投げ釣り

投点200m、大海原に大遠投して狙うダイナミックなキスの投げ釣り

ぶっこみ釣りのガシラ

ガシラを釣るなら一番手っ取り早い釣りがこれ

がまかつの磯竿

磯竿で釣るメバル、ガシラ釣り、がまかつロッドが応援します