ルアーのアイナメフィッシング タックル選び

アイナメは、どこにでもあるような、堤防や漁港で手軽に楽しめる人気のルアーフィッシングターゲットターゲットです。カサゴやソイと同じように、根にタイトに着く習性があり、サイズは大きいもので40センチを超えるので、大物の引きに耐えて、更に根にもぐられないよう一気に引き抜ける比較的パワーのあるタックルが必要となります。

他のロックフィッシュではちょっとオーバーパワーかな・・・?と思うくらいのタックルでもいいと思います。

アイナメフィッシングに適したロッド

アイナメを釣るロッドにまず求められるものは、ルアーへのアクションが的確に付けられることです。アイナメのルアーフィッシングでは、やはり底をしっかりとってボトムバンプ(底を細かいリフト&フォールでコツコツたたくようなアクション)させる釣り方となります。ですから、ルアーをアングラーの思い絵がいたアクションで動かせることが大切なのです。

そのためには、堂調子のスローなロッドよりもファーストアクション気味のロッドのほうがむいていると言えます。ソリッドティップならば、不意のバイトでもはじきにくいですよ。

いっぽう、バットにはそれなりのパワーがあったほうが、アングラーが常に優位に釣りを展開できるのでやり取りが楽になります。根にもぐられないように、一気に抜き上げることもできますから。

やはり、ロックフィッシュ専用のロッドが使いやすいのですが、トラウトロッドのミディアムライトクラスのロッドであれば流用できます。長さは釣り場にもよりますが、6〜7フィートくらいが使いやすいですよ。また、ヘビキャロ+ソフトルアーならばバス用のベイトタックルでもOK ですよ。

アイナメフィッシングに適したリールとライン

アイナメのルアーフィッシングでは、特別な性能を持ったリールは必要ありません。2000番クラスのスピニングリールなら充分でしょう。ソルト用のリールなら、後々のメンテナンスも楽ですよが、フレッシュウォーター用を流用するならば、使用後はしっかりとメンテナンスをするようにしましょう。ラインは6〜10ポンドがいいでしょう。

アイナメフィッシングに適したルアー

アイナメのルアーフィッシングは根がかり覚悟の釣りです。ですから、やはりスナッグレス性に優れたテキサスリグ+ソフトルアーというのが定番ですね。もちろんジグヘッドリグでも大丈夫です。

また、低活性時に有効なスローな釣りにはスプリットショットリグが好釣果を上げることもあります。

重さは3グラムくらいが基本ですが、そのポイントで確実に底が取れる一番軽い重さが適しています。

ソフトルアーは2〜3インチのグラブやシャッドテール・スライダーワームなどが定番ですが、ボトムバンプなどにはシュリンプも効果的ですね。また、浅場ならばフローティング、深場ならばシンキングのミノーイングも面白いですよ。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

最強の波止釣り・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾最強の波止釣り、エビ撒き釣りのシーバスフィッシング!あなたの股下サイズがドカンと!(笑)

サビキ釣り・投げて狙う良型のアジ

地元名人に教わった、投げサビキの極意とは?防波堤のサビキ釣りファン必見のサイト

カレイの投げ釣り

大阪湾のカレイの投げ釣り第一人者に教わった、チョイ投げのカレイ釣の極意とは?知らない人はボーズを踏みます(笑)

片岡釣りエサ店

岸和田一文字横、釣りエサの専門店、片岡釣りエサ店