ルアーのアイナメフィッシング 最適な時期とポイント

アイナメのルアーフィッシングは周年楽しむことができましす。しかし、一番釣りやすいのは春でしょう。

春は、成熟したアイナメが産卵を終え荒食いする季節となるので大型の餌を好みます。ただし、まだ体力が充分に回復していないこの時期はのアイナメは食欲は旺盛ですが、ルアーはポイントをタイトに探るようにしたいですね。

また、梅雨の時期にもルアーフィッシングで手軽に釣ることができます。この時期のアイナメは体力が回復して、果敢に餌を応用になりますのでポイントを選びません。この時期なら、晴れた日よりも曇りか雨の日のほうが釣果は上がります。

夏場になり、水温が上がると共にアイナメも深場に移動してしまいますが、比較的水温の上がらない場所(潮通しの良い場所)などに残る個体もいます。夏場は、朝夕のマズメ時が唯一のチャンスですね。

秋になるとまた産卵を控えて荒食いする季節となります。この頃になれば、深場に落ちたアイナメたちもシャローに出てきますので、また釣りやすくなります。

そして、冬場には比較的浅い岩場などで産卵をします。しかし、冬場でも防波堤などに残っている個体もいますので、ルアーフィッシングを楽しむことができますよ。

アイナメのポイント

アイナメのルアーフィッシングも、ストラクチャーを釣る釣りです。アイナメもとにかくストラクチャーが好きで、ほとんど棲家に潜んでいて捕食のときにだけ飛び出してきます。

磯のポイントは潮通しの良いところがベストですが、あまり強い流れは嫌うので、その場合は潮の流れが直接あたらないスポットを探しましょう。底はなるべく海草類があったほうがいいですね。隠れ家となるストラクチャーも、小さな石よりも大きな岩のほうがアイナメが付きやすいようです。

スポーニングベットとなるのもこの磯場で、大型も多いです。

漁港や防波堤は、岸壁に貝類が付着していればアイナメのいる可能盛は大きいです。(まず間違いなく付いているといってもいいほど・・・。)

堤防周りやテトラ際も見逃せないポイントです。また、足元の捨石も忘れてはならないポイントの一つです。貝類や海藻類が付着していれば一級ポイントになります。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

最強の波止釣り・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾最強の波止釣り、エビ撒き釣りのシーバスフィッシング!あなたの股下サイズがドカンと!(笑)

サビキ釣り・投げて狙う良型のアジ

地元名人に教わった、投げサビキの極意とは?防波堤のサビキ釣りファン必見のサイト

カレイの投げ釣り

大阪湾のカレイの投げ釣り第一人者に教わった、チョイ投げのカレイ釣の極意とは?知らない人はボーズを踏みます(笑)

片岡釣りエサ店

岸和田一文字横、釣りエサの専門店、片岡釣りエサ店