アイナメってどんな魚?

姉妹サイト「防波堤の釣りスーパーメソッド」から引用アイナメは、カサゴ目・アイナメ科に分類される魚で、防錘形の体形をしています。ウロコは小さく、側線が体側中央だけでなく背びれ、腹びれ、尻びれの根もとに計5本あるのが特注です。

体色は黄、赤褐色、紫褐色など生息地の環境の違いによる変異が大きいようです。体長は30センチくらいが一般的ですが、特に東北以北では50センチを超える大物もいます。

アイナメもカサゴ・メバル・カジカなどと同じカサゴ目ですが、ひれのとげが発達しないことや背びれが1つに繋がっていること、体高が高いこと、鱗が細かいことなどが大きな違いです。これらの特徴はクジメやホッケなど、他のアイナメ科の魚にも共通します。

10〜12月頃が産卵期で、オス濃い黄橙色の婚姻色を示し岩陰などにメスを誘い込み産卵させます。オスは巣に次々と複数のメスを誘い込んで産卵させるので、卵は緑褐色や赤紫色の大きな卵塊となります。産卵が終わった後もオスは卵のそばに残り、敵を追い払って卵を守るという独特の習性を持っています。

アイナメはハゼ等の小魚やカニ類・ウニ類・ゴカイやイソメ類を主食としていますが、イガイ等の貝類や海草等も食べています。では、生息域、釣りに適した季節、地方名や料理方法など、アイナメの色々な事を知っておきましょう。

アイナメの特徴

生息域
南西諸島と太平洋側の一部を除く日本各地の沿岸
釣り期
秋から春にかけてが釣りのベストシーズンだが、周年釣れる魚。
地方名
アブラコ・ネウ・アブラウオ・アブラメ・シジュウ・ツムギ・モミダネウシナイなど
料理方法
身は脂肪の多い白身であり、そのことから「あぶらめ」とも呼ばれます。季節により寄生虫がいることがあるので刺身などの生食は注意した方が良いでしょう。刺身、煮付け、唐揚げ、潮汁、焼き物、味噌汁、干物、みりん漬け、粕漬けなど。

アイナメに勝つにはアイナメを知る!アイナメの名前の由来は、産卵期にオスが縄張りを作り、縄張り争いの際にお互いの口をかみ合うこと(相なめ)からきたと言われています。

「戦に勝つには、相手を知る」昔の武将の言葉です。

アイナメのルアーフィッシングを制するためにはアイナメを知ることが第一歩です。

アイナメってどんな魚かわかっていただけたでしょうか。

では、事項ではアイナメの習性とポイントについてご紹介します。

エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

アイナメのエビ撒き釣り

厳寒期に楽しめる大阪湾のアイナメ釣り、エビ撒き釣りが有力ですが・・・

ファミリーフィッシング

根魚の釣りは防波堤からならお子さんでも簡単に釣れる釣りです、ファミリーフィッシングの有力情報

初心者のチヌのフカセ釣り

チヌ釣り、フカセ釣り初心者必見のサイト、爆釣!チヌのフカセ釣り・初心者のチヌ釣り