人気のターゲット、根魚(ロックフィッシュ)とは・・!

ソフトルアーのロックフィッシュ

岩礁帯・堤防(波止め)・岸壁・藻場・テトラ帯・石積・沈み根などなど、天然・人工物を問わずして海の中に存在する様々なストラクチャーを住処にしている魚達を総称して根魚(ロックフィッシュ)と呼びます。

ガシラ(カサゴ)のルアーフィッシングその種類は多く、ざっと見てもカサゴの仲間・メバルの仲間・アイナメの仲間・ハタの仲間などなど多数上げることができます。

これら根魚(ロックフィッシュ)は、水深数10pの浅場にまで生息している事から、我々アングラーにとって身近なターゲットとなります。

また、小魚や甲殻類などを餌としているフィッシュイーターで、目の前の動く物に敏感に反応するため、ルアーでもエサでもわりと簡単に釣る事が出来ます。

最近流行のライトタックルフィッシングのターゲットとして非常に人気の高いターゲットでもあります。メバリングなどが典型でしょうか?

人気の理由としては・・・

  • 手軽に楽しめる釣り
  • 大半のアベレージが20〜30pだが、魚種や地域によっては40〜50pといった大物が釣れる
  • ストラクチャー狙いのため、ポイントやメソッドがわかりやすい
  • 釣って楽しい、食べて美味しいターゲット

などがあげられるでしょう。

根魚(ロックフィッシュ)の主なターゲット

メバルのルアーフィッシング・メバリング数多い根魚(ロックフィッシュ)の中でも特に代表的なのがカサゴの仲間とメバルの仲間でしょう。また、アイナメやソイの仲間も人気のあるターゲットです。

これらは全てカサゴ目に属する魚で、アイナメ・カサゴ・メバル・ムラソイ・コロソイ・ベエコウソイ等です。その他にも、スズキ目ハタ科の仲間のキジハタやアオハタ・マハタなども魅力のあるターゲットで、中にはメータークラスになるものもいます。

根魚(ロックフィッシュ)の釣り

ルアーフィッシング根魚(ロックフィッシュ)は、プラスティックワームやミノー・バイブ・メタルジグなど様々なアイテムで狙う事ができます。

また、岩礁帯やゴロタ場・ケーソンの際などのストラクチャーに生息しているため、そのストラクチャー周りをタイトに攻める釣り方となります。そのため、根がかりの回避も重要なテクニックの一つとなります。

タックルも、繊細な感度を持ちながらも、ヒットした後根に潜られないように一気に引き抜くためにも、またファイトそのものを有利に運ぶためにも、バットからベリーにかけてパワーのあるロッドが好ましいでしょう。

とはいえ、魚種によってもリグやルアー・シチュエーション等が違い、それぞれに応じたタックルを使うのが望ましいでしょう。

この項では、それぞれの魚種ごとに生態や生息場所・タックルやルアーセレクト・メッソッド等などをご紹介していきます。

おススメサイト

ハーブのある暮らし

ハーブのある暮らし

プラセンタ コラーゲン アロエ525