メバル釣りの基本

メバル釣り

メバル釣りでもチヌ釣りでもハネ釣りでも、基本をシッカリと覚えてある程度経験を積むと、防波堤の魚釣りは極端に面白みを増します。

防波堤の釣りは足場も良く、手軽で便利で、思ったより魚が濃いなんて言う場合も多々あります。下手に船釣りで沖に行くよりも、クーラーを重くすることもできたりすることもあるんですね。

本ページはタイトルは「メバル釣りの基本」としてますが、メバルを例にとって、いろんな釣りにチャレンジできるように時間帯による攻め方のヒントやターゲットによる釣り道具選びのヒントなんかを書きます。

ぜひ参考にされると良いと思います。

メバル釣りの時間帯

メバルは夜釣りが適しているのは、多くの方がご存知だと思います。実際メバリングと呼ばれるような釣りは夜釣りの方がアタリも多いはずですし、両型も当たり易いはずです。しかし、これがことエビを撒く釣りとなれば、話は別です。

エビメバルは日中の方が良く釣れる覚えておいてくださいねぇ・・・

生きエビを使った釣りはマズメや日中の方が良く釣れる場合が大半です!

生きエビを使った釣りをする際の常識です♪

私は、大阪湾の釣りがメインですが、大阪湾では朝夕のマズメの時間帯は、基本的にタナが浅くなることが多いです。防波堤で釣る場合は、マズメの時間帯は、際のイガイの層とかが狙い目になります。具体的にはタナ1ヒロ(半)から3ヒロ程度ですね。これ以上下層に行くとイガイが付いていないという話がありますが、潜ったことも無ければハマったことも無いので、実際の所は不明です。^_^;

日中は、基本的に底付近を狙います。防波堤は、基本的に海底の土台の基礎に石積みを作って、その上にケーソンを置いているような構造をしている物が多いです。

この石積みの境界線は駆け上がりになっている場合が多く、この辺りを狙う釣りがターゲットを問わず有力な釣りになります。

ハネやチヌなどの大型魚もこう言ったところを狙うと、結果が吉と出る場合がありますから、これも覚えておいてください。

テトラポットのある場所も、メバル釣り場には適しています。 これは水深がたっぷりとあるような場合は、日中もイイですが、あまり深くない場合はやっぱり夜釣りに分があります。まあ、足場の危ない場所での夜釣りは、非常に危険ですから、自己責任を自覚してやって下さい。

メバル釣りの釣り道具

メバルは目のイイ魚として知られていますが、実際のところ、私の感覚では目がイイなんてトンでもない、潮が良ければ3号ハリスのゴツイ仕掛けでもナンボでも食ってきます。基本的にフィッシュイーターでハリスを細くした方が良く釣れるって言うのは、ほとんど無い話だと思って間違いは無いと思います。

メバル釣りのポイント

一般的に魚は、獰猛であればある程仕掛けは見えていませんし、見えていればメバリングのようなルアーフィッシングはほとんど成立しないでしょう。(この釣りの方が良く釣れる場合なんかもあります・・・汗)
ハリスを細くする方が勝るのは、潮に仕掛けを乗せて入れていくフカセ釣りなどは当てはまるかも知れませんが、生きエビを使った棒ウキの釣りやぶっ込み釣りは・・・

潮を釣る感覚よりもポイントを攻める感覚が勝ります!(細ハリスで釣った方がカッコイイと思っておられるなら、それはちょっと頭でっかちかも知れませんよ・・・)

防波堤のメバル釣りのポイント潮の流れはもちろんあった方がイイですが、流れ過ぎると生きエビの釣りはアタリが少なくなることが大半です。ジワーと流れる感じのポイントで、駆け上がりや障害物の際、波止際と言ったポイントをピンポイントに攻める釣りをしながら、潮の変化があったときにアタリが来るのがパターンです。

道具に磯釣りの道具を使用すると、フカセ釣りのグレ釣りの釣り方がどうしても情報として入ってきてしまうので、良く間違ってしまう点です。覚えておかれると良いと思います。

さて、メバルをエビやイカナゴのような生き餌で釣る場合の釣り具はどんな物がいいか?

ぶっちゃけて言うと、適当なものでOKです。(^_^)
しかし、これでは“釣り情報”にならないですから、具体的に基本的な道具選びは「こんな感じで良いんじゃないですか?」って言うのを書いておきます。参考にして下さい。

  • 磯竿・号数は1号程度、長さは5メートル前後のもの
  • リールは2000番から2500番の小型のスピニングリールでレバーブレーキの付いたもの
  • タモはメバル釣りでも持参してください。(5メートル位のものでOK)
  • エビ活かしクーラー(9リッター〜11リッター)
  • 必ずライフジャケットとゴム底のブーツ(冬場)は着用して下さい
仕掛けはこんな感じで・・・
  • 道糸は2号前後
  • ハリスは1.5号から3号までは持っておきたいです。
  • ウキは棒ウキで0.8号から2号までを数本(お好みのウキでOK)
  • 針は生きエビを使う場合は細軸の物でチヌ針の2号程度でOK
  • その他、オモリやサルカン等はバッグやライフジャケットのポケットに忍ばせておきます。

大型のアイナメと格闘中メバル釣りにタモを持参してくださいって言うのは、もちろん不意の大物に備えるためです。生きエビを使った釣りでメバルが出るような場所は、スズキやチヌの格好のポイントになっている場所が多いです。こう言った大物にもアングラーである以上、備えておきたいものです。(当たり前のように備えておきましょう♪)

メバル釣りで「レバーブレーキの付いたリールやハリスをやや太めにしておく」なんて言う釣り情報は見たことがありませんが、この釣りは外道にちょっとした大物が良く当たりますから、ぜひとも、夢のある釣りをして下さい!(当たり前のように夢を見ましょう♪)

メバルは釣れたら、そのまま氷を入れたクーラーに入れていけばいいですが、大型魚が釣れた場合は、釣りが終わるまでストリンガーに吊るしておくのもカッコイイですから、道具入れに一本忍ばせておくのも忘れないようにしましょう。(^_^)v

メバルの季節はアブラメの絶好の季節でもあります。場所によっては30cm級のいわゆる“ポン級”が釣れる場合があったりもします。やっぱりタモは持っておきたいこところだと思います。

防波堤のメバル釣りは比較的簡単に楽しめる釣りの一つです。潮が良ければビックリするようなスズキやチヌなどの大型の外道も当たってきます。ぜひとも、本ページ「防波堤のメバル釣り」を参考に釣りを楽しんでください。

海釣りマニア・メバル釣り pickup

メバルのウキ釣り
メバルのウキ釣りのスーパーメソッドによる基本仕掛けを防波堤の釣りスーパーメソッドで・・・

メバル釣りのポイント
波止の見えない部分を攻略する、メバル釣りのスーパーメソッドとは?

アイナメ釣り
エビ撒き釣りで35cmのアイナメに迫るスーパーメソッドがここにある