エサ釣り

mebaru

メバルは一般のフィッシュイーターと呼ばれるターゲットに比べれば小型ですが、そう呼ばれるにふさわしい獰猛さも持ち合わせています。死んだエサにはほとんど反応しませんが、生きた小魚やエビには、非常に興味を示します。ルアーで釣れるのも頷けますね。

生きエビを使った釣りは、エビの活きがキモになります。

めばる釣りではそう沢山のエビは必要ありませんが、それでもシッカリと活きのいいエビをフィールドに持ち込むにはエアーポンプの付いた9リッターから11リッターのエビ活かしクーラーはほしいところです。さらに、エビ活かしクーラーの内側にはネットを張って、エビが捕まるところを作っておく必要があります。エビは捕まるものが無いと、落ち(死ぬこと)が早いです。

めばる釣りやハネ釣りなど、生きエビを使った釣りを回数を多くいく人は、専用のエビ活かしクーラーが必要です。

眼張の食性

めばるのウキ釣りで一番肝心かな?と思えることは、天候でしょうか・・・?

めばる凪

「めばる凪」と言う言葉をご存知の方も多いと思います。このターゲットはべたっとした凪の日で潮通しの凄くイイ場所よりも、やや潮裏の感じがするような場所の方が良く釣れる場合があります。

基本的に小魚やエビ、かになどの甲殻類を主食としていますから、ルアーで言うところのベイトがいやすい場所が格好のポイントになります。ウキ釣りは、考えようによってはし易い釣りなんじゃないかなぁ・・・、なんて言うのも思いますね。

基本的に棒ウキを使った釣りで、サシエサにエビを使う釣りがメインだと思います。

サシエサに活きエビを使う場合の注意点はズバリ、ハリスの長さとガンダマの打ち方にあります。色々な釣りに応用できる基本ですから、覚えておかれるとよいと思います。

  • ハリスを長くとりすぎない(基本的には矢引き(約80cm)程度が一番良い
  • ハリスの中央部分から針上5cm程度の場所に、必ずガンダマを打つようにする

基本的にはハリスの真ん中にガンダマのG2からB程度を打って、生きエビの動きを制限します。

流れのある場所では、エビが回らないように、口掛けで付けることなどがキモになる場合(石鏡の真鯛釣りのような釣り)もありますが、めばるの場合はそういった流れの速い場所を釣ることはあまりありませんから、普通にチョン掛けかもしくはエラ掛けで十分です。エビの付け方は、エビが死んでしまわないようにつければ、気にすることはありません。

mebaru

キモは短い目のハリスと、ハリスにガン玉を打つと言う事です。

これを間違えて、フカセ釣りのようなハリス2ヒロでガン玉を打たないような仕掛けを作ってしまうと、極端にアタリが減りますから、間違わないで下さい。

ウキの負荷は、狙うタナにもよりますが、防波堤や護岸からのウキ釣りでは、水深が10メートル未満のポイントに分があることが多いです。深くとっても竿2本程度ですから0.8号から2号程度ウキがあれば十分です。材質は、孔雀でもキリでもなんでもOKです。(神経質になるほど、繊細な釣りは必要ありません)

狙うポイントは底付近や障害物の際、テトラポットのそばなど、まあ、大体根魚のいそうな場所で、基本的にOKですね。

当たり前ですが、根掛かりを怖がっていては、根魚は釣りになりません。

藻がある場所などは根掛かりは確かに多発しますが、そういう場所が、やっぱり好ポイントになる場合が多いので、ここは頑張るしか無いですね。(^_^)

ぶっ込み釣り

テトラポットは有力なポイントぶっ込みで狙うめばるの釣りもあります。しかし、どちらかと言うと、ガシラ(カサゴ、アラカブ)を釣る場合の方がこの釣りは適しています。前述しましたが、めばるは上で食わす方が型が良いこともありますし、底付近を狙うぶっ込み釣りは、どうしてもガシラの方が早くエサを取る傾向にある場合が多いです。

防波堤の際の底付近、あるいは竿下を釣るような場合だと、この釣りが勝る場合があります。「こう言う釣りもある」と言う感じで、読み流して頂ければOKです。

では、めばるのぶっこみ仕掛けの具体例をあげておきましょう。

  • 胴付き仕掛けで釣ります
  • 3本針程度でOK
  • エダスは10cm程度で短めに

メバルは大きくなると、外海の岩礁につくようになります。こう言ったメ魚体は30cmくらいの物もいて、ビックリするような引きをするものも時折いますが、基本的にそんなに引きの強い魚ではありません。このページでは、防波堤や地磯からの中型(15センチから20センチの程度)の物を釣る釣りだと思って下さいね。

ぶっ込み釣りで狙うめばるも、基本は同じ、底に仕掛けを這わすような釣りは、極端にめばるが当たらなくなりますから、胴付き仕掛けが勝ります。

mebaru

仕掛けの一番下にサルカンを付けて、そこから捨て糸を出す形でタナを決めていきます。仕掛けが長くなりますから、竿は磯竿が扱いがいいです。号数は1号から2号程度、長さは4.5メートルから5.3メートル位のもので、高価な竿は必要ありません。

潮の流れにもよりますが、5号程度のなす型のオモリが比較的根掛かりが少ないです。捨て糸の号数を1号くらいにしておけば、根掛かりに強い仕掛け(引っ掛かってもオモリだけ切れる)ができますから、参考にして下さい。

この仕掛けは、遠投をすると、仕掛けが寝てしまって、全体が底付近に行ってしまいます。ガシラには効果的ですが、極端に根掛かりが増えますし、仕掛けが寝てしまうと、針が引っ掛かりますから、仕掛けのロスが多いです。防波堤の際など、あるいは竿下でアタリが出るような場合は、効率よく狙えますが、広範囲を狙う釣りには適していません。

尚、磯竿の扱いに不慣れな人は、道糸の穂先絡みに注意してください。穂先に糸が絡んだ状態でリールを巻くと、いっぺんに穂先が折れます

海釣りマニア・めばる釣り pickup

メバルのウキ釣り
メバルのウキ釣りのスーパーメソッドによる基本仕掛けを防波堤の釣りスーパーメソッドで・・・

メバル釣りのポイント
波止の見えない部分を攻略する、メバル釣りのスーパーメソッドとは?

アイナメ釣り
エビ撒き釣りで35cmのアイナメに迫るスーパーメソッドがここにある