シロギスの投げ釣り

キスの投げ釣りサイトマップ

砂浜からの狙いのポイントは、「ヨブ」、「流れ込み」、「駆け上がり」、防波堤からはチョイ投げで船道(ミオ筋)も狙い目・・・

キスを投げ釣りで狙う場合、大きく分けて砂浜からの投げ釣りと防波堤からの投げ釣りがあります。

それぞれに狙うべきポイントがあり、たくさん釣ろうと思うと狙うべきポイントに的確にキャスティングする必要があります。

絶好期(梅雨時分から夏休みにかけて)には、砂浜からは遠投を要する場合が多く、秋口のピンギスが湧き出すとあまり遠投が必要ない場合などもあります。防波堤からの投げ釣りは、船道(ミオ筋)を狙ったほうが良い場合なども多く、この場合はチョイ投げでたくさん釣れたりもします。やはり、ポイントへは通って、コツを掴むのが重要ですね。

海底の形状を見破る

シロギスに限らず、魚釣り全体に言えることですが、底に起伏のある場所、障害物がある場所、それに潮の合流点などは、エサが溜まりやすく好ポイントになる場合が多いです。的確に探し出すスキル、これが欲しいところですね。

海底の変化は、見た目に分かる場合とオモリを引きながら探るパターンがあります。

キスの投げ釣り

シモリがある場合などは、大きなシモリならば、目で確認出来る事もしばしばです。また波やうねりが急激に大きくなるような場所は底が駆け上がりになっているような場合が多く、そういった場所も狙い目になります。

また、これは「磯釣りでのキモ」ですが、自分の立っている場所の地形がそのまま海の中まで続いている事が多いと言うのも頭に入れておきましょう。例えば、磯釣りでは、乗った礁(しま)が平坦な地形をしていれば、底も比較的平坦で、断崖絶壁のような場所に陣取ると、そのまま一気に深くなっているような場合が多いです。

砂浜からの投げ釣りも同じような感覚でよいと思います。砂地の感触や転がっている石コロなどは、そのまま海底まで同じ状況になっている場合が多く、足元の観察からも自分の攻めるべきポイントがある程度把握できるという物です。

キスのサビキ釣り

シロギスの投げ釣りでは「サビキ釣りと言う言葉が良く出てきます。これは防波堤からのサビキ仕掛けのアジ釣りなどとは別物で、オモリをゆっくりと引いてきて底の形状や障害物の有無を確認しながら釣るという事です。ヨブや駆け上がりは引いてくる感触に当然少し重いものを感じる事が出来ます。底の起伏と言う事で、当然そういうポイントは好ポイントになりやすいという事になります。

アタリがあれば、方向と距離を覚えておきます。距離は道糸のカラーである程度把握する事が出来ます。投げ釣りの道糸は100メートルを4色に分けたものが主流です。一色が25mでこれで飛距離やポイントまでの距離が分かりやすくなっています。

キスのアタリは姿に似合わず、大きなアタリを出す物が多いです。プルプルッと来ますから、当れば直ぐに判ります。アタリを明確に楽しみたい人は道糸をPEラインにすれば、かなりハッキリと分かります。

頑張って、キスをガンガン、ゲットしましょう。(^◇^)

シロギスの投げ釣りのポイント

投げ釣りで狙うキスは、ポイント的には大きく分けて二つに分類することが出来ます。すなわち、「砂浜からの投げ釣り」と「防波堤からの投げ釣り」です。

海底の起伏を敏感にキャッチしてその周辺を狙うのはセオリーです。それぞれの基本的な釣り方等を見てみましょう。

砂浜からのキスの投げ釣り

砂浜からの投げ釣りは基本的に、大きな砂浜ならば、そのまま沖目まで砂地が続いている場合が多いです。シロギスの投げ釣りの基本ポイントと呼んでいいでしょう。

初めていった場所などは、サビキ釣り(引き釣り)で海底の様子を確認しながらポイントを探します。ヨブや駆け上がりなど、上手く見つけれることが出来れば、当然面白い釣りになります。

キスの投げ釣り
ヨブを狙う

波などで出来た海底の起伏のあるポイントでキスの絶好の好ポイントとなります。駆け上がりが広範囲に傾斜になっているのに対してピンポイントに起伏が存在する感じです。

駆け上がりを狙う

海底の傾斜で広範囲に広がっている場合が多く、キスの通り道になっている場合は多いです。駆け上がりは帯状に広がることもあり、海面からでも確認できる事が良くあります。

ヨブや駆け上がりなど、海底に変化のある場所は、打ち寄せる波やうねりが急激に強くなったり、また潮目と呼ばれる帯状の泡が連なったりする事があります。

視野を広範囲に広げてとにかくポイント、潮の変化を探すのはあらゆる海釣りの基本中の基本と言えるでしょう。

流れ込みを狙う

河口の流れ込み周辺は海底に変化が付きやすく、またキスの主食の多毛類が多く生息する環境でもあります。当然ですが、狙わない手は無いです。

流れ込みは濁りのあるときは、キス釣りには不向きで、その場合は、流れ込みを避けるように釣る方が良いようです。雨の後などは、あまりおすすめではありませんが、晴天が続いた後で、ナギが数日続いたような時は、狙い目になります。

根周りを狙う

岩礁帯や海草帯、あるいは沖合いにテトラが積み上げられているような障害物の近くは、当然絶好のポイントとなります。付いているキスは大型の物が多く、根魚などが釣れることもあります。

まともに投げ込むと根がかりの連発、また、キスは砂地を釣るのが基本で岩礁帯の上ではあまり釣れないです。根がかり対策としては、キス釣りで使う天秤は通常KAISO天秤を使用する場合が多いですが、これをジェット天秤にすると、若干根がかりはマシになります。

防波堤からのキスの投げ釣り

堤防からの投げ釣りも、キスの投げ釣りでは有力な手段の一つです。奥まった場所は底が砂地になっていない場合などもあり、キス釣りには不向きです。出来るだけ先端に場所を陣取るとか水深のあるポイントを選ぶようにされると良い場合が多いです。

キスの投げ釣り

堤防からの釣りでは、砂浜に比べて、スペース的に狭い場所が多いです。後ろを人が通る場合などもありますから、キャスティングの際には必ず、周りの安全を確認してから、竿をふるようにします。

また、堤防は落水すると、基本的に上がってくる場所が無い(あるいは遠い)物で、非常に危険な場所でもあります。必ずライフジャケットを着用してから、釣りをするようにして下さい。

船道(ミオ筋)を狙う

港の出入り口などには船の往来で海底が削られているような場所がある場合が多いです。感覚的には溝になっているような物で、当然ですが、傾斜になっていると考えられます。船道は、もちろん堤防からの距離にもよりますが、近場になっている事が多く、チョイ投げでポイントにダイレクトに仕掛けを送る事が出来たリする場合も多いです。

基本的に、砂浜に比べて、防波堤からの釣りは水深のある場所をねらえます。釣れるキスは大型が多く、また夜間の釣りなどにも向いています。

頑張って、キスをガンガンゲットしましょう♪

キスの投げ釣り、釣り方

投げ釣りには大きく分けて、広範囲を探りながら釣る「サビキ釣り(引き釣り)」、それに、置き竿で根周りなど、ピンポイントに攻める「待ち釣り」があります。

キスの投げ釣りは、どちらかと言うと、前者(サビキ釣り)に分がある場合が多いようですが、堤防から釣る場合や、根回りを釣るような場合には待ち釣りも有力な手段であると言えます。

両者の釣り方の違いや特徴を覚えておきましょう。

サビキ釣りと待ち釣り

キャスティング
シロギスの投げ釣りのキャスティングテクニックその1
サビキ釣り(引き釣り)

投げ竿はロングキャストを可能にするため、リールシートから竿尻までの長さが普通の釣竿に比べて長いです。サビく時は竿尻を股に挟んで腰を捻るようにして、ゆっくりと仕掛けを引きます。

天秤はL型のKAISO天秤を使用し、仕掛けは小針を使用した5本針程度の多点仕掛けで釣るのが一般的です。

ゆっくりと仕掛けを引きながら、アタリのある場所では仕掛けを止めて待ちます。追い食いをさせると言うことです。もちろんこの時に、ラインの色でポイントまでの距離を覚えておきます。

エサはジャリメをメインに使用し、垂らしを小さくつけます。食い込みを良くするための工夫で一発で針に掛かります。

キャスティング
シロギスの投げ釣りのキャスティングテクニックその2
待ち釣り

防波堤からの釣り、あるいはシモリ周りの釣り、夜釣りに向いてます。

待ち釣りの場合、当然置き竿釣法になりますから、ロッドスタンドが必要です。砂浜からの釣りでは、通常の竿立てで充分ですが、防波堤からの釣りの場合は三脚の物を使用します。

天秤はL型を使用する場合は、遊動式のものが基本的に適しています。またシモリ周りなどはジェット天秤などが根がかりが少なく重宝します。

仕掛けは基本的にキス狙いの場合は3本針仕掛けが使いよく、夜釣りの場合などは2本針が使いよいように思います。当然ですが、夜釣りの場合は、ハリスは太目、大き目の針の物を使用してくださいね。

エサは、サビキ釣りと違って、大きめに付けます。垂らしを少し出して、回遊してきた良型のキスに出来るだけアピールします。また青イソメやマムシなどをつけるのも有力で、特に夜釣りで狙う場合などには、出来るだけ太目の物を使用したほうが面白い釣りになる事が多いです。

頑張って、良いキスをガンガン釣ってくださいね。

海釣りマニア・投げ釣りサイト pickup

投げ釣り情報と釣り具比較
こっちは高額な投げ釣り用品が目白押しです(笑)