投げ釣りの釣り道具

キスの投げ釣りサイトマップ

シロギスの投げ釣りに必要な釣り道具に求められるもの、それは「飛距離」です!

シロギスの投げ釣りに限らず、本格的な投げ釣りの釣り道具に求められるもの、それは「飛距離」だと思います。

「より遠くへ飛ばしたい・・・」、「より遠くのポイント狙いたい・・・」、これはアングラーのある種の本能と呼んでも過言では無いと思います。

飛距離を出すための投げ釣りの道具は・・・

  • ロッド(もちろん投げ釣り専用の物)
  • リール(これももちろん投げ釣り専用の物)
  • 道糸(力糸も含めて)
  • オモリ(天秤の種類を使い分けます

ロッドは大きく分けて、並継のロッドと振り出しのロッドがあり、それぞれに持ち味が違います。一般的に遠投に向いているのは、がっしりとした並継竿ですが、昨今の振り出し竿は、遠投に対しても相当なポテンシャルは持っています。投げ釣り専門のアングラーならば、上手く使い分ける必要がありますが、初心者の方やチョット、シロギスの投げ釣りをやってみたいって言う方は、振り出しでそこそこの物があれば良いでしょう。

投げ釣りの釣り道具

投げ釣り専用のリールは一般的なスピニングリールに比べて、大型で巻上げ力があります。

スプールの溝が浅いのが特徴で、ライン放出時にスプールエッジにラインが触れて、余分な抵抗が掛かり難い設計になっています。投げ専用の高価な物はスペアーのスプールも標準装備されていたりします、狙う距離、ターゲットに対して色々バリエーションが持てる仕組みになっているわけですね。

道糸は、細ければ細いほど飛距離は見込めます。最近では、細くて強いPEラインが主流になりつつありますが、初心者には扱いが難しく、ナイロン糸の2号程度でもキスの投げ釣りは存分に楽しんでいただけます。

投げ釣りの道糸は、先端に力糸と呼ばれる、テーパー上になったラインを使用します。これが無いと、キャスティングの際に強い力が掛かる道糸が切れてしまいます。標準的には2号から12号にテーパーしている力糸がおすすめで、これは釣具店のワゴンに入っているような安価な物でも充分に役割は果たします。

オモリは、標準的に天秤オモリを使用します。シロギスの投げ釣りの場合はKAISO天秤を使用する場合が多く、遊動式の物がアタリが取りやすいと思います。飛距離を優先するなら、固定式のほうが飛距離は出ます。

投げ釣り用ロッド

キスの投げ釣り

シロギスの投げ釣りで使うロッドは、チョイ投げで釣る場合を除いて、投げ専用のロッド必要です。並継ロッドを選ぶか、振り出し竿を選ぶか、肝心な事は・・・

目的用途にあわすために、ロッドをシッカリと選ぶ・・・

とまあ、こういうことだと思います。

投げ竿には「標準オモリ負荷」と言う数値がありますが、25号の竿であれば、20号から30号のオモリが使用できます。

号数が大きくなるほど、ロッドは硬く、振り切れれば相当に遠くへ飛ばす事が出来ますが、初心者の人はコツが中々掴めないものがあると思います。

標準的には25号から27号くらいの負荷のものを選んで、充分にキャスティングの練習を積んでから大きな号数を求めるようにされると良いと思います。

長さは標準が4.05m、この長さが最も扱いやすいように思います。

並継ロッド

キスの投げ釣りロッド・並継

本格的に飛距離を求める人はこちらがおすすめです。

並継竿は振り出し竿に比べて硬く頑丈に作られています。重たいオモリをより遠くへ飛ばして、サビキながら、引き釣りでキスを狙うような場合は、こちらのタイプが良いようです。

仕舞寸法は長く、収納は悪いですが、ナンと言ってもカッコイイです。
まあ、見栄えだけで選ぶと、釣具は失敗しますが・・・汗

本格的なキャスターは殆どが並継の投げ竿を使用します。
中にはガイドを後付に設置するものなど、果てしなく飛距離を追うようなモデルもあります。

一般的なアングラーさんかもしくは初心者のような方だと、そんなに高額なものは必要ありません。2万円台くらいでいいのがたくさんありますから、色々調べてみてください。

振り出しロッド

キスの投げ釣りロッド・振出

振り出しタイプの投げ竿は、構造的に並継に比べると柔らかく作られています。食い込み重視の置き竿釣法に向いており、カレイ釣りや、夜釣りの大ギス狙いの釣りに効果を発揮します。

収納力があり、3本くらいの置き竿で狙うような場合はこういった振り出しが便利で、色々な用途に使えたりもします。経済的な釣行を考えておられる方は、このタイプがお勧めになります。

また、狭いスペースでの防波堤からの投げ釣りやテトラ帯からの投げ釣りなどにも振出竿は有力で、夜間などの大物に備えて食い込みを重視するような場合は、こういった柔らかめの振り出し竿が重宝します。

まあ、ナンと言っても荷物にならないのが一番の利点と思います。

投げ釣り用リール

投げ釣りの専用リールは一般のスピニングリールよりもスプール、ボディー、ハンドルとも大型化されているのが特徴です。特にスプールが浅溝構造になっているのが特徴的で、キャスティングの際のライン放出時にスプールエッジにラインが当り難い構造になっています。

大型のボディ、それに巻上げ力の強いハンドルは重たいオモリを回収するのに適しており、リール自体の重さも、ロッドに装着して、ロッドの持ち重り間を削減するのに役立っています。まあ、軽いに越した事は無いですが・・・

キャスティズム

最近では競技遠投向けのスゴイモデルが多数発表されています。
正直言って、「キスを釣るのにここまで要るんかいな?」とは思いますが、やっぱり良いものを見れば欲しくなってしまうのがアングラーの悲しい性(さが)です。(^_^;)

キャスティングリールの代表格はダイワとシマノで、他メーカーはこの際割愛してもいいでしょう。特にダイワは「キャスティズム」と呼ばれる新しい概念を投げ釣りに注ぎ込み、投げ釣りの違った楽しみ方も提案しています。まあ、もうチョット安けりゃ言う事ないですが・・・

シマノはスーパーエアロテクニウムが発売された当初に使用してましたが、巻き上げの感触がずば抜けています。

本項では、キスの投げ釣りに特化した、ロッドとリールの解説とインプレッションを入れてみました。宜しければ参考にして下さい。

海釣りマニア・投げ釣りサイト pickup

投げ釣り情報と釣り具比較
こっちは高額な投げ釣り用品が目白押しです(笑)