爽快感あふれる投げ釣りを楽しむ・・・

キスの投げ釣りサイトマップ

シロギスの投げ釣りは、砂浜から目一杯キャスティングして、美しいシロギスを釣る爽快感あふれる釣りです。

キス釣りは、投げ釣りの他、ボート釣りや船釣り、それに岸壁からのチョイ投げの釣りなどありますが、本項で取り上げるのは投げ竿を使って砂浜や防波堤から釣る豪快なキスの投げ釣りです。

投げ釣りのエキスパートは200m以上の豪快なキャスティングで広範囲を狙いますが、これはさすがに普通一般の人には難しいです。しかし、キャスティングの基本を知っていれば、成人男子の諸氏ならば100mくらいの遠投は可能です。(偉そうに言ってますが、かく言う私は5色(125m)程度です・・・汗)
キャスティングに関しては、基本的な事も別項で書いておきます、宜しければ参考にして下さい。

キスは口が小さいので、小針に細いハリスの仕掛けを使用します。多点仕掛けで狙うため、なれないと扱いが難しいですが、もちろん市販の投げ釣り用の3本針仕掛けでも充分に釣れます。また、この魚は群れを作って移動するため、大きな群れに当ると、数釣りが容易に楽しめるのも特徴です。

食味も良く、天ぷら、から揚げをはじめ、釣りたての塩焼きはキスの投げ釣りアングラーならでは、楽しみの一つといえます。寿司ネタなんかにもなってますから、上手に釣ると、自宅に帰ってからも有意義な時間がすごせるという物です。

ぜひ、頑張って、キスの投げ釣りをシッカリとこなしましょう♪

シロギスの生態を知る

キスの投げ釣り

キスをシッカリと釣ろうと思ったら、まずはキスのことを良く知っておく必要があります。少し調べたので、参考にして下さい。

主食はゴカイやイゾメなどの多毛類、釣期は一般的に5月中旬から12月の中旬くらいまで・・・

キスの投げ釣りで一般的に釣れるキスはシロギスと呼ばれる種で、これ以外に日本にはアオギス、ホシギス、モトギス、アクトギスと呼ばれる種が確認されています。

シロギスは、生息域が北海道南部から鹿児島県の大隈半島まで確認されてされていますが、ホシギス、モトギス、アクトギスは奄美大島や南西諸島以南に分布しています。

一般的に投げ釣りで釣れるキスの大きさは18cm程度の物が多く、25cmを超えて大物と呼ばれ、30cmを超える尺ギスは関西では「ひじタタキ」などと呼ばれて、投げ釣りアングラーの目標の的となっています。
(※ひじタタキ:魚が掛かった状態で針を持ってぶら下げると、跳ねるとひじに尾びれが当る事からこう呼ばれています。)

シロギスは約3年ほどで20cm程度にまで成長し、尺ギスになるまでは8年掛かると言われています。中々釣るのが難しいのも納得ですね。

釣期は場所によって差がありますが、一般的には5月中旬から12月の中旬くらいまでで、特に産卵期の6月から7月にかけては大物が釣れます。またシロギスの産卵は3ヶ月くらい続くので、夏休みの間などは平均的に良型が釣れる事が多いです。

9月にはいると「ピンギス」と呼ばれる小型のキスが群れを作ります。この時期は遠投の必要が無い場合が多く、小型ですが数が見込めます。これ(ピンギス)をエサにして、ヒラメやマゴチなども狙えますから、楽しい釣りになる事は請け合いですねぇ・・・(^◇^)

一般的に夜釣りでは大型が見込め、ポイント的には汽水域などが面白いです。大きな河が入っている海岸は特に護岸や防波堤から、大型のキスが狙えます。夏場の日差しを避けて大型を狙うには、面白い釣りだと思います。

いろいろなキスの投げ釣り

キスは投げ釣りでなくともボートや船、筏などからでも狙えますが、本項は投げ釣りのキス釣りにスポットを当てていますから、投げ釣りで有力な狙い方等を簡単に書いておきます。

近くに狙えそうなフィールドがあったら、レッツゴーです!笑

チョイ投げで・・・

チョイ投げでキスの投げ釣り

チョイ投げでもキスは、ポイントを間違えたりしなければ良く釣れます。ファミリーフィッシングには最適の釣りですね。

湾になっているような所で、船の往来が頻繁にあるような場所は、底がえぐれて駆け上がりになっていたりする場所があります。こういう場所では遠投は必要なく、いわゆるミオ筋を狙った釣りになります。50mも投げれる釣り道具があれば充分に勝負になります。

シロギスのほかメゴチ、ハゼなども釣れ、ピンギスが多いようでしたら、ピンギスをエサに飲ませ釣りなども楽しめます。手軽さではイチオシの釣りと言えます。

夜釣りで大物狙い

夜釣りでキスの投げ釣り

夏の暑い時期は昼間の釣りは厳しい物がありますが、夜釣りで投げ釣りならば、厳しい日差しは関係ありません。

一般的にキスは夜間に産卵するといわれ、夏場の夜釣りでは、抱卵した大型のキスが狙えます。

ポイント的には大きな堤防の周りやシモリが点在している砂地を狙う釣りですが、これに真鯛やチヌ、スズキなどの大物も当ってきたりします。

太仕掛けで置き竿で待つ感じの釣りで、カレイ釣りにスタイルは似ていますが、この釣りは有力な釣りです。関西では南紀(和歌山県南部)でこれをやると、大型のコロダイ等も当ったりして、人気の釣りの一つです。

汽水域で・・・

汽水域でキスの投げ釣り

一般的に河が入っている海域はキスの名所になっている事が多いです。エサとなる多毛類が多く生息しているからだと思いますが、河口や川の最下部を狙います。

道具立ては、導流堤など足場よければ普通の投げ釣り用の釣具ですが、テトラ帯なども多く、遠投が必要な場合があります。
少し頑張った道具立てが欲しい所です。(^◇^)

汽水域はチヌやスズキなども多く生息し、これらが外道で当ってくることも結構あります。また、掛かったピンギスにヒラメやマゴチが飛びついたりと、面白い釣りが多々あるのも汽水域の釣りの面白さです。

関西では和歌山県の日高川の河口などが名所ですが、日本海側にも多数の名所があります。

チヌのフカセ釣りアングラー必見のDVD

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル

海釣りマニア・投げ釣りサイト pickup

投げ釣り情報と釣り具比較
こっちは高額な投げ釣り用品が目白押しです(笑)