岸和田一文字のカレイ釣りの釣り具

岸和田をはじめとする泉州地方の投げ釣りでは、遠投を要するポイントが少ないです。基本は波止の敷石部分の駆け上がりを狙うという事でチョイ投げで対応できる場所がほとんどです。

チョイ投げと言っても、都市圏に隣接した釣り場です。しかもカレイは人気の好ターゲット!
釣れると言う情報が回れば、それなりに人が込み合います。

チョイ投げで出来るという事で、磯竿を使って5号くらいの軽いオモリでやってみるのも有力かと思いきや・・・

やはり、30号クラスのオモリでシッカリと仕掛けを固定させたほうが良く釣れます。当然こうするほうが隣近所のアングラーさんとのお祭りも少なくなります。

という事で、やはりそれなりの道具立てでカレイ釣りには臨みたいもの!、
良さそうな釣り具を幾つか紹介してみましょう。

大阪湾のカレイの投げ釣り・ロッドは?

大阪湾のカレイの投げ釣り・おすすめロッド

シマノの振出の投げ竿

シマノの振出投げ竿、セール品や激安商品から並べてみました。

ダイワのチョイ投げロッド

ダイワの振出投げ竿、楽天市場のバーゲン商品が・・・(安い・・・汗)

過激に安い投げ竿たち(笑)

大阪湾のカレイは、ハッキリ言って、こういうロッドでも十分釣れます。笑

大阪湾のカレイの投げ釣りでは、竿は圧倒的に振出竿が扱いやすいです。

込み合う波止にあって、並継竿はセッティングに手間取るばかりか、振出で5、6本竿を出すアングラーにサラーと場所を占領されて、何をやってるか解らなくなります。(^_^;)

並継竿は遠投に適した物が主流で、チョイ投げで投点15mとか30mとか言っている泉州地方のカレイの投げ釣りには、少しトンチンカンです。

振り出しの投げ竿しかも平均的に、投げ竿は振出ロッドの方がやや軟調に作られていて、食い込みという点を考えた上でも、大阪湾のカレイの投げ釣りには振出竿が勝ります。

おすすめは振り出しロッドで3本程度、それ以上出すにはそれなりの熟練が必要かと思います。(3本でもかなり忙しいです・・・笑)

大阪湾のカレイの投げ釣り・リールは?

大阪湾のカレイの投げ釣り・おすすめリール

ダイワのリール・セール品

ダイワのリールの在庫処分品を見る!

激安シマノスピニングリール

こういうリールでカレイを過激に釣って欲しい・・・、シマノの過激な激安リールたち(笑)

3000円までで探す、激安リール

シマノ、ダイワ以外で3000円までで探してみます。無かったらごめんなさい。(^_^;)

大阪湾のカレイの投げ釣りでは、遠投が要らないという事で、投げ専用のリールである必要は無いです。

大型のスピニングリールであればナンでもOKです。ただ・・・

投点が15mとか30mとか言ってますから、力糸の使用が微妙と言えば微妙です。

誰も周りにいなければ力糸無しで振り込む際にラインブレイクしてもどうという事は無いですが、かなりの人手で込み合う上、捨石周辺を狙う釣りですから、道糸のチモトの劣化は思っているよりも直ぐに進みます。

投げ釣りのリール

振り込む際に切れて何処に飛んでいくか解らないオモリ(天秤)ほど危険な物は無いです。出来れば力糸を付けていただくか、最低でも5号や6号の道糸で、エサを付ける際に天秤付近の道糸の劣化には注意を払っておきたい所です。

大阪湾のカレイの投げ釣り・仕掛け、エサは?

大阪湾のカレイの投げ釣りの仕掛けは、いたってシンプル!
超定番的な仕掛けのセッティングでOKです。こんな感じで揃えられると良いと思います。

  • 天秤はジェット天秤の25号から30号

  • 仕掛けは市販の投げ釣り仕掛けで大針(流線13号くらい)の物

  • エサは青イソメの太目の物がおすすめです

ロッドは堤防にもたれさせてアタリを待つような場所が多いです。(基本的に外向きを釣りますから)
サオ受け(ロッドキーパー、三脚、四脚など)は、ほとんど必要ありません。

大阪湾のカレイ釣り 天秤はジェット天秤の25号から30号

天秤はジェット天秤がおすすめです。

これは、敷石部分を重点的に探る(と言うか重点的に敷石部分で止める)のが、大阪湾のカレイの投げ釣りですから、比較的根がかりに強いジェット天秤がおすすめという事です。

実際、地元の名人級の人たちは、ほとんどがジェット天秤を使用してます。

号数は25号から30号で、狙った敷石の付近でビタッと止めて待つ感じです。潮が流れ出すと10号とか15号では、ややポイント取りが不安定になります。

オモリが軽いほうが食い込みが良いとか、そう言うのは無い釣りですから、お祭り防止の意味を含めてやや重めの天秤が勝ります。

大阪湾のカレイ釣り 仕掛けは投げ専用仕掛けで大針仕掛け

カレイは一見、おちょぼ口見たいに見えますが、エサを取る時は口を目イッパイ広げて、一気に飲み込みに掛かってきます。

しかも、大阪湾のカレイは、大食漢でしょうか、グルメなんでしょうか?
太い青イソメが2、3匹うねりながらとぐろを巻いているような感じが好きみたいです。(・・・グロい^_^;)

このエサを一気に飲み込みにかかりますが、このときに小針ではすっぽ抜けが多発します。基本は流線の13号くらいで、丸セイゴなども使えるようです。

名人直伝は、流線の13号で2本針が良いとのことです。(3本針にすると、エサ代がバカ高くつきます。)

大阪湾のカレイ釣り エサは太目の青イソメ

大阪湾の投げ釣りのカレイ釣りでは、エサの青イソメは定番的なエサといえます。

明石海峡よりに行けばマムシなどが良い場所もあると思いますが、大阪湾では、匂いで誘うより動きで誘う方が勝るようです。

青イソメは太目の物を2、3匹房掛けにするのが良く、このため、普通の投げ釣りよりは若干エサ代が高く付くと思います。

目安は3本のサオ出しで1時間1000円程度、朝一番の時合いを狙って釣行する人は、3000円程度の青イソメを買っていく人が多いです。

筏用のマキエにカレイ用の物がありますが、「一度試してみたいなぁ」と思いますが、さてどうでしょう・・・笑

海釣りマニア・カレイの投げ釣り pickup