アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法

トップ > グレ釣り・メジナのタックル情報 > がまかつ がま磯 > がまかつのロッドケース

がまかつのロッドケース

がまかつのロッドケース

がまかつ竿を収納するには、がまかつのロッドケースが・・・

カッコイイです!(^_^)v(←やっぱ、黒はシブい・・・汗)

上から下までがまかつはどっかのクラブと間違えられそうですが、見栄えはともかく、機能性やタフさと言うものを考えると、ロッドケースはやっぱりこだわっておきたいものだと思います。

ダイワやシマノのロッドケースも確かにグーですが、がまかつ竿を使用する人はやっぱりがまかつで行きたいと思う人・・・、こりゃ多くて当然だと思います。

人気のがまかつのロッドケースをシリーズで・・・
一挙公開!

●サイズ:1420×210×100mm
●重量:2.6kg
●素材:PVC

本体生地はPVC素材で、水・汚れに強く、汚れても簡単に落とすことが可能です。あらゆる磯用ロッドケースに求められる機能を形にした充実のモデルです。

●サイズ:1400×130×180mm
●重量:3.8kg
●素材:P.V.C

軽量でありながら、内部をしっかりと保護する成型素材を使用し、本体生地は水・汚れ・摩擦に強いP.V.C素材を採用。十分な収納力をもち遠征にも最適です。ケースの上下部に渡船時等に便利な持手ベルト付き。内部にはスプール収納ポーチ付です。※傷つき防止のため、竿はニット製袋に入れた上、ロッドケースに収納してください。

この記事のカテゴリーは「グレ釣り・メジナのタックル情報」です。
グレ釣り・メジナ釣りの最新タックルから、定番的なタックル情報をお届けします。
この記事のカテゴリーは「がまかつ がま磯」です。
がまかつの磯竿は私も10年以上愛用してます。特にインテッサシリーズは初代インテッサからスーパーインテッサ、インテッサG-III、そして今回のインテッサG-IVまで、本当に良い竿だと思います。アテンダー、グレ競技スペシャル、競技チヌから、マスタリー深棚、そしてレセプターに至るまで、曲がり方粘り方に若干の差はありますが、コンセプトは殆ど同じです。メインの一本におすすめですね。
関連記事

がまかつのロッドケース

がまかつのロッドケース がまかつ竿を収納するには、がまかつのロッドケースが・・・...

がま磯・アテンダー

がまかつが誇るかま磯超人気ロッド「アテンダー」 がまかつのロッドは、インテッサか...

がま磯 ぐれ競技SPII(チタンガイド仕様)  1.75号-5.3m

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 ぐれ競技SPII(チタンガイド仕様)  ...

がま磯 ぐれ競技SPII(チタンガイド仕様)  1.75号-5.0m

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 ぐれ競技SPII(チタンガイド仕様)  ...