オナガグレとは?

オナガグレは、和名を「クロメジナ」と呼ばれる。一般的なグレは殆どが口太グレのことを指すが、この両者はまったくの別物である。

オナガグレに目の色を変えたことがあるアングラー、あるいは現在オナガグレにぞっこんの人なら分かると思うが、強烈なバケモノみたいな引き味に、精悍な面構えをしており、フカセ釣りの中では最強の好ターゲットである事は、上物師なら誰でも認める所であろう。

食性や、生息域、あるいは習性や情報、データから、このオナガグレを分析して、夢の3キロ(60センチ)オーバーに迫る!

絶好潮!グレの磯釣り

オナガグレ、口太グレとの比較

口太グレは、磯の割れ目やテトラポットなど、障害物の周辺を好んで生息域として、食性はエビやかに、あるいは海苔などを好んで食す。対してオナガグレは外洋性で、食性は肉食性が顕著である。

昔々、船から釣りをしていたある船頭が、大型のオナガグレに切られまくったと言う話を聞いたことがあるが、その時のエサはイカだったそうだ。このすさまじい相手をターゲットにするには、こちらもある程度、根性据えて臨まなければ面白く無いし、気合が足りなければ簡単には取れない。ただ単に、通常のフカセ釣りをしているだけでは難しいのである。

尚、このページで考えるオナガグレとは50cm、いや55cmオーバーで外洋性のオナガグレ(茶グレ)のことを指す事とする。

オナガグレの釣り

オナガグレは、先にも述べたが外洋性で、どこからやってくるかは実はよく分かっていない。

近年はオキアミのマキエサが大量に磯に入るため、居ついているオナガグレもいるが、居つきであっても回遊性であっても、オナガグレはオナガグレである。

まずはエサの取り方が、口太グレと若干異なる点、これを知って欲しい。

オナガグレは水平方向にエサを取る

オナガグレ

口太グレが垂直方向にエサを取るのに対して、オナガグレは水平方向に放物線を描くようにエサを取る性質がある。

このため場合によってはこの放物線の頂点が、1ヒロや1ヒロ半くらいの浅ダナま来る事がある。口太グレを釣る場合はガンダマを打ってタナをキープし、仕掛けを立てて釣る釣り方が成立するが、オナガグレは出来るだけこのガンダマを使用せずに完全フカセに近い状態で釣りをするほうが勝る。

もちろん口太グレも、大オモリを使用して、まっすぐに仕掛けが立ってしまっては食いが悪くなるので、仕掛けを斜めに入れていく感覚が必要であるが、オナガグレを狙う場合、それをより顕著にする必要があるということだ。感覚的には、口太を狙う場合、ウキから下が斜めを向いていればいいが、オナガグレの場合は道糸からサシエまでが完全に斜めを向いていると言った感覚だ。オナガグレは基本的にはガンダマは使用しない釣りをすると覚えられるとよい。

尚、本流釣りのように、激流を釣る場合はガンダマやオモリを使用して、潮に仕掛けを入れていかなければオナガグレの釣りは成立しない場合もある。 本流釣りで後述する。

オナガグレを釣る、適水温は?

グレ釣り・エサ取りヒット!(笑)

オナガグレを釣る、適水温は何度くらいだろうか?一般的にグレの適水温15℃から22℃と言われているが、オナガグレを狙う場合は、この適水温の少し上、17℃〜24℃くらいが適水温とおもえる。

これは、外洋性が強いオナガグレは黒潮の影響下に生息するため、こう考えるのが妥当だし、実際、秋口の若干水温が高い目の時期のほうが良く釣れる場合が多い。実績場では、多少のズレはあるものの、少し高めの水温が適している覚えて置かれると良い。

オナガグレを釣る、釣り場は?

エサ取り・大量発生

オナガグレは黒潮の影響下に生息し、その分子流の発生する潮通しの良い釣り場が狙い目となる。

昔々は、城辺(愛媛県・西海)に尾長ブームがあり、潮岬(和歌山県)では太郎と花子の伝説があったそうだが、近年の釣り場は若干変化しているようにも思える。

しかし、実績場は実績場で、何かのタイミングで食いだすことがあるかもしれないので、こういった所で釣りをする場合は、ある程度備えて置かれるほうが良い。

それはさておき、近年では、どうだろうか?

関東は八丈島、三宅島(釣りが出来るなら)、御蔵島、イナンバ、銭洲、神津、式根島、新島、それに、伊豆諸島界隈、四国は沖ノ島、鵜来島、それに中泊、武者泊を中心とした西海界隈、足摺岬周辺、そしてもちろん、九州は男女群島、宇治群島、草垣群島、屋久島などたくさんあるが、書ききれるものではない これらのポイントには、必ず超一級磯と言われる、超有力ポイントがある。

オナガグレを釣る、仕掛けは?

オナガグレ狙いに仕掛けを・・・

大型のオナガグレを釣るためには、相当な強度を持っているタックルが必要だ!

昨今のタックルは強度が増しているので、1.7(5)号程度の竿をメーカー各社は薦めているが、これはある程度ベテランの域に達したアングラーなら、こういったライトタックルでの釣行が楽しいかもしれないが、これからオナガグレを狙おうと言う人なら、最低でも2.5号、いや3号以上の磯竿を選択するべきである。

竿は号数が大きくなればなるほど強度は増すが、号数が増せば、それだけ起すのも腕力、体力が必要となる。自分の腕力とも相談しながら号数を選択するべきであるが、一般的に考えて3号の5.3メートルクラスなら、力いっぱいタメれば起せない事は無いと思う。(6.3メートルクラスになると1.5号でも起すのに、相当な腕力が必要となる、長竿は注意が必要)

リールはダイワなら3500番以上、シマノなら5000番以上が出来ればほしい、番手が大きくなれば、巻上げ力が増すので、大きく道具の力を借りることが出来る。

道糸は最低でも6号以上、ハリスは潮が来ていなければ5号から6号、潮がドンドン行っているような場合は8号から12号がおすすめである。一般的に潮を釣るグレ釣りの場合、潮が来ていれば、少々ゴツイ仕掛けでも食ってくるものだし、3キロに絡むオナガグレがターゲットの場合、仕掛けを細くして取り込めるほど甘くは無いのだ。

針も出来れば10号以上、しかし、これは食いが悪ければ思い切って号数を落としてもイイかも知れない。(ただし細軸はNGである)

使用するウキは、道糸が6号以上の太仕掛けなので、遠投タイプ、あるいは本流タイプの径の大きなものを使用する。食い込み重視で小型のウキを使用しても、まったくの無風なら仕掛けも潮に入るかもしれないが、オナガグレの好ポイントになるような釣り場は、風波は激しい場所が殆どである。道糸の抵抗を考えれば、径の大きなウキが勝る。

ワンポイントアドバイス
道糸とハリスのバランス

一般的に、道糸とハリスのバランスは、道糸の号数−1くらいでハリスの号数を書かれている場合が多い。(道糸が3号ならハリスは2号といった感じ)

しかし、これは必ずしも正解とは言えない。特にオナガグレのような、強烈な引きをかましてくるヤツには全然当っていない。

仕掛けの一番弱い箇所は結束部分であるが、結束強度が充分ならば、”引っ張るほうに近い部分から仕掛けは切れる”ようになっている。大きな魚が掛かって、強烈な引きが来ると、通常はハリスが飛ぶ、道糸から飛ぶことは稀である。逆に根がかりをした時は、道糸から切れるほうが大半である。これは心当たりがあるだろう・・・

要するに、「引っ張るほうに近いほうが切れやすい」と言う事がお分かりになると思う。

大型のオナガグレの引きは、半端なものでは無いし、歯は強烈に強いし、エラブタも当ってしまっては、10号くらいのハリスでもひとたまりも無い。それ以上に、やり取りの最中に必ず起こるのが、磯際の強烈な突っ込みである。

これに対応して凌ぎ切るには、それ相当のハリスでのぞまなければ、取り込みは不可能に近いものになる。道糸は、出来るだけ細いものにして、流れに素直に流さなければ、アタリを取ることは出来ないし、色々バランスを考えた結果、道糸は6号程度、ハリスは10号と言う仕掛けが成立する。

通常の口太グレの釣りでも、道糸よりもワンランク太いハリスを使用すると、取り込み率は極端に上がるので、ぜひ記憶しておいてほしい。

オナガグレを釣る、攻略法は?

ボイルが有力

オナガグレは流れのあるポイントを釣る場合が多い、ゆえに出来るだけオキアミを潰さないマキエを作るほうが勝る場合が多い。サシエも出来るだけ大きなサイズのものを選ぶ。2匹付けるような場合もある。潮流の中で、出来るだけ目立たせるように心がける事だ。

それに、出来るだけハリスを長く取ることもコツの一つである。出来れば3ヒロくらいハリスを取って、ハリスにはガンダマは一切打たないようにする。ハリスにガンダマを打つと、極端に食いが悪くなることがあるからだ。

マキエサが利いて、タナが一ヒロや一ヒロ半になったような場合は、ゼロ負荷のウキを使用して、ハリスウキで対応すると、食い渋りに対応しやすい仕掛けを作ることが出来る。この仕掛けはグレ釣り特有の仕掛けが必要となるが、梅雨時分や夏のグレ釣りでコッパ相手に練習をしておくとコツが分かるようになると思える。慣れれば簡単なので、ぜひともやっておきたい練習だ

ワンポイントアドバイス
本流のオナガグレ釣り

本流を釣る場合は、ガンダマ、オモリを使用しない釣りは殆ど不可能である。

一般的に本流のような激流を釣る場合、上潮のスピードが下潮のスピードよりも速い。上潮に仕掛けを取られてしまっては、フカセ釣りにおける最優先事項の「マキエとサシエの同調」がはかれない。

こういった場合は、マイナス負荷のウキ(−Bや−3B)などのウキを使うことも重要だが、思い切ってオモリを過負荷に使用して、ウキごと沈めてしまって釣りたい中の潮に合わせる釣りが成立する場合が多い.。極端な場合、1号から2号クラスのウキに、2号のオモリを二つ付けたり、5号くらいのオモリを使用する場合などもある。

離島のゴツイ潮などは、こういった対応を迫られることがあるが、こんなゴツイ潮が行くようなところに、目指す60センチオーバーのオナガグレは生息しているものだ。

慣れない人は、仕掛けをこれだけ極端に沈めてしまうと、根がかりしてしまうと思われるかもしれないが、激流の潮が流れている場合は、引力による落下速度よりも、横に流れる力のほうが強くなるので、底には中々到達しない。到達するようなら、それはオモリが重過ぎる事になる

本流釣りは、フカセ釣りの中でも、最もエキサイティング釣りと言えるだろう、機会があればぜひチャレンジして頂きたい。

海釣りマニア・グレ釣りサイト pickup

絶好潮!グレの磯釣り
セピア色でもキラリと光るグレ釣り

サラシのグレ釣り
マニアックなグレ釣りサイトをご紹介・・・笑

がまかつの磯竿
チョット知りたいがまかつの磯竿の今昔

グレ釣りの基本と法則
基本重視のグレ釣りが最終的には笑えます