アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法

トップ > グレ釣り・メジナ釣りの釣り方・狙い方 > グレ・メジナの季節別の狙い方(夏)

グレ・メジナの季節別の狙い方(夏)

グレ釣り、メジナ釣りでは梅雨の頃になると、水温も高くなり様々なエサ取りが出るようになってくる。
コッパの数も多く、そういう点では若干釣りづらいものもあるにはある。

しかし、この時期はやや強めのサラシを狙ったりすると、かなりの浅いタナで良型をゲットできたりもする。
実際矢引きくらいのタナで40cmクラスの数釣りも経験した事がある。

梅雨グレは、産卵後暫く磯に寄ってこなかったグレが一斉に元気になる季節でもある。
マキエに対するアタックも強烈で、活性の高いタイミングに出くわせば、クーラーに入りきらないくらいのグレを手にすることが出来る。

もちろん、エサ取りも同時に活発になるので、潮が上手く動かなければ、釣りにならない事もしばしばだ。

また、梅雨グレのシーズンは、北からの季節風が無いので、日本海側のグレ釣りも有力となる。

冬場にかなり水温が下がるせいか、日本海側のグレは非常に美味である。
また、エサ取りが少なければ、美味しい外道が多いのも日本海側の釣りの特徴と言えるだろう。

高水温になるしたがって、イサギや真鯛などの超過も期待できるし、四国の南西部などでは、この時期大型の尾長グレの回遊もある。
アユも恋しい時期かもしれないが、上物師ならば、捨てがたい季節なのだ。

尚、私がよく釣行する和歌山の各磯では、7月中旬くらいまでは、比較的イイ釣りになる事が多い。
8月にはいると、さすがに上物は厳しくなってくるので、底物中心に釣行スタイルを変えるが、それまでは、かなり面白い季節なので、ぜひとも暑さに負けずに頑張って頂きたい

この記事のカテゴリーは「グレ釣り・メジナ釣りの釣り方・狙い方」です。
グレ・メジナをフカセ釣り(磯釣り・上物)で狙うスーパーメソッドの紹介。 一般に「グレは潮を釣れ」と言われますが、分かり難い「潮を釣る」方法と法則、エサ取りから判断する釣り場の状況、水温から変化する様々な釣りの状況、ポイントによって変化する狙い方を紹介。 様々な名人名手の多彩な釣りのテクニックから、最大公約数とも言える、フカセ釣りの基本中の基本と法則。
関連記事

グレ・メジナの季節別の狙い方(秋)

秋は言わずと知れたグレシーズン開幕の時でもある。待ちに待った季節の到来と言えるだ...

グレ・メジナの季節別の狙い方(冬)

12月に入って、いよいよ寒グレはスタートする、まさにグレ釣り師待望の本格的なシー...

グレ・メジナの季節別の狙い方(夏)

グレ釣り、メジナ釣りでは梅雨の頃になると、水温も高くなり様々なエサ取りが出るよう...

グレ・メジナの季節別の狙い方(春)

グレ釣り、メジナ釣りでは、3月から5月にかけては、太平洋側の各地域で水温の低下が...