アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法

トップ > グレ釣り・メジナ釣りの釣り方・狙い方 > グレ・メジナの季節別の狙い方(春)

グレ・メジナの季節別の狙い方(春)

グレ釣り、メジナ釣りでは、3月から5月にかけては、太平洋側の各地域で水温の低下が顕著になる。
もちろん、釣りづらくなってしまうのはこの時期だ。

しかし、同時にエサ取りも大半が姿を消す。水温の高い時期ならサシエを届かす事が出来なかった深ダナへのアプローチが可能になる季節が春である。
考え方を変えれば超良型が狙えるのがこの時期で、深ダナを狙うがゆえに、大型の真鯛、石鯛などの嬉しい外道にも遭遇出来る絶好の季節と考える事も出来るだろう。

グレは水温の変化に非常に敏感な魚である。

実際、春磯は前日から水温が1℃以上下がることも多く、そういう場合は殆ど口を使って来ない。
こういう時は、思いっきり深めにタナを設定する事や磯際のハングになっている部分を重点的に攻めるなどの対処が考えられる。

春のグレ狙いは口太ならば、沖に流れる潮に乗せるような釣りをするよりも、足元の切れ込んだ所や深い沈み根周りなどにピンポイントに照準を絞った方が狙いとして正解になる事が多い。

引き具合は水温が高めの時期に比べてやや弱いので、2号以下のハリスで50cmに絡むグレをゲットできるかもしれない時期である。

しかしながら、これまでに届かなかったような深ダナまで仕掛けが届く時期でもあるがゆえに・・・
超良型に遭遇できるのもこの時期である。

実際、四国の南西部などでも、この時期はこういった釣りで超大型の尾長グレが釣れたりする。

春で活性が低いからといって、ライトタックル一辺倒も考え物で、外道には大型の上り鯛もいるのだから、釣行する場所や近況で仕掛けは色々とバリエーションを持っている必要がある。

深めを狙う場合、中途半端に仕掛けを入れていくよりは、思い切って2本とか3本くらいにタナを設定する方が吉と出る場合が多い。
アラカブが食ってくるようなら、そこから、徐々にタナを浅くしていく感じだ。

磯のボトム部分には夢がある!

春磯はそんなイメージで釣りをされるとイイと思う。


この記事のカテゴリーは「グレ釣り・メジナ釣りの釣り方・狙い方」です。
グレ・メジナをフカセ釣り(磯釣り・上物)で狙うスーパーメソッドの紹介。 一般に「グレは潮を釣れ」と言われますが、分かり難い「潮を釣る」方法と法則、エサ取りから判断する釣り場の状況、水温から変化する様々な釣りの状況、ポイントによって変化する狙い方を紹介。 様々な名人名手の多彩な釣りのテクニックから、最大公約数とも言える、フカセ釣りの基本中の基本と法則。
関連記事

グレ・メジナの季節別の狙い方(秋)

秋は言わずと知れたグレシーズン開幕の時でもある。待ちに待った季節の到来と言えるだ...

グレ・メジナの季節別の狙い方(冬)

12月に入って、いよいよ寒グレはスタートする、まさにグレ釣り師待望の本格的なシー...

グレ・メジナの季節別の狙い方(夏)

グレ釣り、メジナ釣りでは梅雨の頃になると、水温も高くなり様々なエサ取りが出るよう...

グレ・メジナの季節別の狙い方(春)

グレ釣り、メジナ釣りでは、3月から5月にかけては、太平洋側の各地域で水温の低下が...