アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法

トップ > 本流釣り > 本流釣りで一発を狙う

本流釣りで一発を狙う

3月に入ると四国南西部の磯では本流釣りで色々な魚が狙える!
勘違いしないで欲しいのは、「本流釣り=尾長グレの釣り」とは限らないと言う事だ!

四国南西部の磯は、確かに尾長グレの優良な漁場ではあるが、ここいらの尾長はどちらかと言えば、本流に引かれる引かれ潮、あるいはベタ際の磯際の釣りの方が勝る。

本流で釣るなら、真鯛や青物の方が一般的だ。
(もちろん尾長が釣れる事もあるが・・・)


私が、本流狙いで船頭にポイントお願いすると、船頭はこう言ってくれる・・・

「何が来るか、分からんケンね♪、太くしとかんとイケンよ!」

ぞくぞくする言葉である。(^_^)v


一般的に本流狙いは、系の大きなウキを使用するほうが段取りが良い。
遠投タイプや最近では本流タイプのウキが販売されているので、そういったものを使うほうが本流は攻略しやすい。

また、食ってくるのが真鯛や青物、それにグレが食ってきたとしても、食わせるポイントまでの距離は50mや100m
先になるので、あまり細ハリスに拘る必要は無い。

4号のハリスで相手が口太でもへっちゃらで食ってくるが、それよりも、80センチオーバーのハマチ(四国南西部にはメジロという呼び方は無い)や70オーバーの真鯛なども食ってくるので、そういったものを考慮に入れてハリスを選択したほうが賢明だと思う。


具体的には、私は・・・

  • 磯竿2号(がま磯・スーパーインテッサ)
  • リールは3500番(ダイワ・トーナメントZ)
  • 道糸4号(松田スペシャルを使用の場合は2.5号)
  • ハリス4号(5号を使用することも・・・)
  • ウキはIDR PROのJ3

「このタックルならば、少々の物は獲れる!」と言う“確信”を持ったタックルが必要と考え、こういったタックルを用意している。

本流攻略は、ウキ選びとガンダマの打ち方にあると、私は見ている。

グレを狙う場合、おおよその場合出来るだけ完全フカセに近い仕掛けが勝る事は、これはグレ釣りをされているあなたならお解かりだと思うが、本流の場合はガンダマの使用無しでは、中々いい潮に仕掛けを潜り込ませる事は難しい。

天狗ウキなどを使った、完全フカセの本流攻略もあるが、一般的には、流れの強い中を釣るには、ガンダマを過負荷に段に打ったほうが仕掛けの馴染みも良く、ウキも沈めてしまわないと、上潮の速い流れに道糸を取られてしまって釣りにならない。

具体的には、上記のIDR PROのJ3を普通の遊動仕掛けにセットして、3B×2+Bくらいの段シズを打って、ようやく仕掛けが落ち着く感じだ。

これ以外にも全層タイプの仕掛けで攻略する事もある。

KZ-GTRの沈めタイプの00号を使用し、打ったガンダマはG2の三段打ち!
これに、80アップの青物がヒットしてきたので、まんざらでもなかった。

潮流が落ち着いてきたら、普通にグレ釣りの仕掛けに戻すのがセオリーだが、上り鯛の季節は、そのまま鯛を狙ってみるのも面白い。

具体的には、1号以上のウキを使って、丸玉オモリで、一気にタナまで仕掛けを落とす感じだ。
このときのタナの設定は、カゴ釣りのタナにあわせれば良い、具体的には竿3本から4本程度にすることが多いように思える。

グレにこだわりのある人には物足りなさを感じる記事かもしれないが、例年西海地区の3月は、目が覚めるような巨グレが出る季節でもある。(これは中泊の大三角あたり・・・笑)

本流はそっちのけで、これを狙うのも良いかも知れない・・・

尚、巨グレの本流釣りに関しては、「尾長グレの釣り」に詳述してあるので、宜しければご参照下さい。

この記事のカテゴリーは「本流釣り」です。
磯の上物の中で最もエキサイティング釣りは本流釣りだと思える!離島の巨グレはもちろん、本流釣りは一般的には尾長グレの釣りだ!しかしながら、一旦本流に仕掛けを流せば何が食ってくるか分からない!信じられないようなツッコミに仕掛けを飛ばされるだけでは無く、竿をへし折られるアングラーもたくさんいるはず・・・、本流は上物のエキゾチックゾーンにして、エクスタシーを感じるつりなのだ。
関連記事

本流釣りで一発を狙う

3月に入ると四国南西部の磯では本流釣りで色々な魚が狙える! 勘違いしないで欲しい...