グレ釣りは潮を釣る

グレ釣りは潮の流れの中を釣るのが基本となる、流れが良くなくては、中々食ってこないものだ。

一般的に潮が早くなると、魚の動きは活発になり、遅くなると鈍くなると言われている。名人名手は口を揃えて「グレは潮を釣る」と言う。この感覚を掴み切った時、グレ釣りはあなたの中で、かけがえの無い楽しみとなるだろう。

グレ釣りをしていて潮が早くなった

グレ釣りをしていて一口に潮が早くなると言っても、色々なパターンがある。ゆったりとした流れが、ちょうど釣りやすい流れになることもあるし、本流のような激流になることもある。いずれにしても、流れ出す瞬間は地合いになる事が多いので注意が必要だ。

グレの活性が上がると言う事は、比較的浅いタナで食ってくることが予想されるし、そのとおりになることがしばしばある。出来るだけ軽い目の仕掛けで、出来るだけ上で食わすのが基本となるが、相手が口太グレの場合は、段シズを打って仕掛けを立たせるようにすることが勝る事がある。この辺りは臨機応変だが、本ページのグレ釣りの基本と法則では、オナガ(尾長)狙いなら、出来るだけ完全フカセに近い状態で、口太狙いなら段シズを打って、仕掛けを若干立ち気味される事をおすすめする。

尚、流れ出した潮が激流になってしまった場合は、ウキごと沈めるように釣らないと、完全に潮筋から離れてしまう事がしばしばである。具体的には3Bのウキに、1号のオモリを付けたり、3Bを3っくらい段シズに打つといった方法である。場所によっては真鯛やヒラマサと言った物が当たってくるので、ハリスは5号以上がおすすめか?自分の腕前と相談して決めて欲しい。

グレ釣りをしていて潮が遅くなった

グレ釣りのポイントでは通常潮通しの良い場所が好ポイントとなるわけだが、こういう場所で潮が遅くなると極端に食いが悪くなる事がある。科学的な説明はさておき、経験則から考えて、潮が遅くなると食いが悪くなると言っても過言ではないような気さえするが・・・

グレ釣りをしていて潮が遅くなった場合は、故意に仕掛けに張りを作る事が重要だ。潮が流れている場合は、ある程度適当で仕掛けの張りは作れるが、潮が流れていない場合はこれを故意に、極端にやると良い結果が出やすいようだ。

潮が遅くなると、エサ取りが多く発生する場合あるが、針がかりせずにサシエを取られる状態から、エサ取りが針にのり出したら少し注意が必要である。エサ取りからも、潮の変化をある程度予兆出来ると思うが、さて・・・

グレ釣りをしていて、潮が反対に流れだした

グレ釣りの話をしていて、「あの磯は片潮しか釣れない」なんて言うのを聞いたことがあると思う。たいていの場合超一級磯でも、両潮釣れる磯は少ないと思うが、これは、潮下に有効なシモリやハエ根が点在しているからだと言える。

左に流れていて良く釣れていたのに、右に流れ出した途端に食いが悪くなった、なんて時は場所変えがおすすめあるが、ままならない時は、グレを探して探してしか無いのである。

やれるなら、沖目に遠投して深ダナを狙ってみるとか、磯際(出来れば底)に焦点を当てるとか、やってみたい事はいくらでもあるはずである。向上心が次の釣果に繋がる事は言うまでもないが、さて・・・

グレ釣りをしていて、二枚潮になってしまった

グレ釣りをしていて二枚潮になってしまう事は良くある事だ。肝心な事は、この二枚潮になっていることを、いち早く気づけるかどうか、これだと思う。当然だが、ウキが流れている方向と違う方向にマキエは流れているわけだけら、まず釣れる事は無い。常に、ウキの流れ方や、道糸にかかっているテンションなどに気を配って仕掛けを流すように、言ってみれば心がけ一つで二枚潮はいち早く発見できるのだが、さて・・・

二枚潮に対応した仕掛けを作るには、はやり沈むウキで攻めるのがもっとも有効な方法と言える。でっかい水中ウキをつけても、釣りたい潮に引かれていきそうだが、上ウキごと沈めてしまう沈め釣りにはかなわない。最近では00や000、マイナス0と言った号数のウキが発売されているのでそういったウキで試してみると良い。もっともこの釣りが最もフカセ釣りそのもののような気がするが、さて・・・

海釣りマニア・グレ釣りサイト pickup

絶好潮!グレの磯釣り
セピア色でもキラリと光るグレ釣り

サラシのグレ釣り
マニアックなグレ釣りサイトをご紹介・・・笑

がまかつの磯竿
チョット知りたいがまかつの磯竿の今昔

尾長グレの釣り
60cm、3キロオーバーに挑む、最強のフカセ釣り