グレ釣りとエサ取り

グレ釣りをする中で、エサ取りをどう考え、どう捉えるかであなたのグレ釣りは変わる!

季節のよってはうんざりするほどのエサ取りと遭遇するが、エサ取りから得られるヒントは海の中の的確な情報源とも言える。ポイント、地域、季節によってエサ取りの種類、数も変わる。嫌がってばかりいては、あなたのグレ釣りの進歩は無いと言える。

グレ釣りのエサ取り タカベ、イズスミ(イスズミ)

グレ釣りのエサ取り

グレ釣りに行って遭遇するエサ取りの中で、タカベやイズスミ(イスズミ)は比較的足の速いエサ取りと言える

極論だがタカベは結構かわし易いが、イズスミはかなり厄介だと思う。その他足の速いエサ取りの代表格にアジやサバなどが上げられるが、型が良ければグレよりも家族には喜ばれるかもしれない(笑)、シッカリと氷で締めて持ち帰りたい。

余談はさておき、タカベは比較的沖目に寄せやすいので、沖目に大量にマキエを撒き、沖に寄せて本命は磯際を釣るようにすると良い。昨今のグレ釣りではマキエの撒き分けは基本中の基本テクニックの一つだ、シッカリと撒き分けが出来るメインのマキエジャクを持っていなければならない。磯際を狙う際の基本仕掛けは段シズを使うことが定番とされているが、仕掛けが重くなるとそれだけエサ取りにも見つけられやすくなる。口ナマリを使用した全誘導仕掛けにすると、比較的軽い目の仕掛けで磯際に入れやすくなるので覚えておいて欲しいテクニックの一つだ。

ちなみに、イズスミの交わし方を私は知らない。無責任なようだがこれほど難しいものは無いような気がする。一説にはイズスミは口ナマリを嫌うと聞いたことがあるが、その真偽はいかほどなものか?アジとサバはサシエを練りエサか場所によってはフナムシにすると比較的楽にかわせる。

グレ釣りのエサ取り アカジャコ(ネンブツダイ)、オセン(スズメダイ)、キタマクラ(フグ)

グレ釣り・エサ取りヒット!(笑)

グレ釣りのエサ取りの中でアカジャコ(ネンブツダイ)、オセン(スズメダイ)、キタマクラ(フグ)などは、比較的足の遅いエサ取りで適正水温からやや高い目の水温時によく出てくるエサ取りである。これらのエサ取りはマキエの撒き分けで比較的楽にかわせることが多い。ただ、大量のマキエが必要となるのでやや不経済な釣りとなってしまうし、持ち込む荷物もかなり重くなるのでいろんな点で厄介な代物だ。(笑)

余談はさておき、足の遅いエサ取りは、磯際に大量にマキエを打って、際に釘付けにする方法が良い。際に3発マキエを打ち、エサ取りが出てきたら、もう2発くらい同じ場所に打つ。一呼吸おいてもう一発際マキエを打ち込むと同時に沖目に仕掛けを投入し、間髪入れずに仕掛けを張り少量のマキエをあわす(仕掛けの投入点に一発入れる)。片手で磯竿を振らないといけないテクニックだが、5.0メートルの竿やズームタイプのロッドなら非力でも可能だ、一度試してみて欲しい。活性が上がるとグレのほうがエサを取るスピードが速いので普通に釣っていても簡単にグレが釣れたりもする。この場合はマキエを撒きすぎるとアタリが長続きしなくなるので少量を間断なく撒き続けると良い。

グレ釣りのエサ取り タカベやアカジャコなど色々なエサ取りが出てきた

エサ取り・大量発生

グレ釣りをしていて、全体的な活性が上がると色々なエサ取りが出まくる時がある。どこに仕掛けを入れてもエサ取りだらけ、こんな状況だが、こんな時はどうすれば良いか?一般的に適正水温から高水温なのに、本命の潮が入ってこない時や流れがキチッと流れてなかったりする場合にこんな事になる事が多いようだ。イズスミ、アジ、サバなどが離れない場合は磯変えが本筋と思うが、タカベやアカジャコ、オセンにキタマクラと言った所なら、マキエは磯際に大量に打って、完全フカセで潮上に仕掛けを投入すれば案外狙いのタナまでサシエが持ったりするものだ。ガンダマの重さに比例する形でエサ取りにも発見されやすくなるので出来るだけナマリを打たないようにすることを注意したい。こんな場合でも一本以上のタナを狙う場合は、全誘導型のウキを選択したり、カン付きタイプのウキでスルスルにして、ゆっくりと仕掛けを落とすようにすると案外狙いのタナまでサシエが残っていたりする。サシエにフナムシやノリ、練りエサを使うことも有効な手段の一つと言える。

グレ釣りのエサ取り エサ取りが消えてサシエが残りだした

エサ取りがイサギ・しかし美味しい・・・笑

グレ釣りをしていて、活発だったエサ取りが消えてサシエが残りだした瞬間に出くわした事が、あなたもあると思う。この瞬間に「なんかいる」と思うか、「何もいなくなった」と思うか、プラス思考が絶対勝ると思うが、さて・・・

もちろん、フィッシュイーターと呼ばれる魚たち、例えばヒラマサ、ブリ、カンパチ、スズキ、クエなどが近くにやってくるとこのような状況が起こりやすいと考えるのが一般的かもしれないが、1キロクラスから上のグレや石鯛、あるいは河の影響を受けているような磯なら良型から大型のチヌ(黒鯛)が回遊しだしてもこのような状況は起こるものだ。サシエが残りだした状況で、「何もいない」と油断をして構えていると、良型が当たってもバラしやすいものだが、「当たるかもしれない」と心に準備があると取り込み率は変わる。サシエが残りだして時、活性が下がったと思って仕掛けを細くするか、大型魚がいると思って一回り仕掛けを太くするか?究極の選択である。

海釣りマニア・グレ釣りサイト pickup

絶好潮!グレの磯釣り
セピア色でもキラリと光るグレ釣り

サラシのグレ釣り
マニアックなグレ釣りサイトをご紹介・・・笑

がまかつの磯竿
チョット知りたいがまかつの磯竿の今昔

尾長グレの釣り
60cm、3キロオーバーに挑む、最強のフカセ釣り