クロダイ釣りに夢中になっている人はたくさん居ます。黒鯛は非常に人気のあるターゲットです。

本格的に頑張っている黒鯛釣り師のほとんどは、当然ですが自己記録を持っています。まあ、普通に3年くらいのキャリアのある方で50cmから55cmくらいの年無しで自己記録を持っているのですが、その多くが春先のノッコミシーズンに取られた物だと思います。(大阪湾に限って言えば、秋チヌで自己記録を持っている人が多いかも・・・?)

春の黒鯛はいわゆる「ノッコミ(産卵のため浅場へ上がってくる物)のクロダイ」です。型は良いです。しかも、型の割には引きがそれほど強くないのが特徴です。(重いのは重いですが・・・^_^;)

比較的近場の海域でも十分に狙えるノッコミのクロダイ、この攻略をいろいろと考えて見ましょう。

基礎知識

ノッコミのクロダイは早いところでは年明けして直ぐくらいから始まる所もありますが、おおよその場合、3月、4月位で真鯛の上りの時期とちょうど同じくらいです。

これは裏情報かもしれないですが、兵庫県の武庫川一文字のクロダイ、ここの黒鯛は冬場にオキアミで結構なサイズが釣れます。あれ、ノッコミではないかと思うのですが、これは調査して、また当サイトに詳しい記事を載せれればと思います。

ノッコミのチヌ釣り場

ノッコミチヌの特徴はいろいろありますが、代表的なものではこんな感じでしょう。

  • 大型が多い
  • 大きさの割には引きが強くない
  • 低水温時(3月、4月)に釣れる
  • 低水温下の釣りなのに、比較的浅いタナで食ってくる

抱卵した黒鯛という事で、サイズは大型が中心になることが多いです。また、水温が一番低い時期に浅場に上がってきたこの黒鯛を狙うわけですが、水温が低いために引きがサイズの割には大したことが無いです。

このため、ノッコミの黒鯛は大型でも取りやすいのが特徴です。黒鯛釣り師は自己記録を求めに、このノッコミ期には躍起になって釣りに励みます。気持ちはわかりますよね・・・?

低水温下の釣りですが、春先はタナが不安定で、このため狙いを外すとボーズを踏む可能性も強くなったりします。

感覚的には、深場を狙いたい釣りです。しかし、和歌山の磯などでは2ヒロくらいで食ってきたりします。これに対応しきるには、ある程度縦に探れるような仕掛けを用意するのも、有力な手段です。

具体的には全層仕掛けのような仕掛けが有効と思います。

では、磯釣りと波止釣りでそれぞれの有力な攻め方というものを見ていきましょう。

磯釣り

磯チヌののっこみは、前述したとおり、早い場所では年明け早々くらいから始まる所もあります。

和歌山の磯などにこういう場所がありますが、黒潮の分子流の影響を強く受ける和歌山の磯の場合、春の訪れが他の地域に比べて、若干早めになることから、早くからのっこみが当たりだすと考えるのが普通でしょう。

磯釣りのチヌ

とは言え、最盛期は3月になることが多く中紀の各磯では、この時期には多くのアングラーでにぎわいます。

捕食レンジは定まり難く、浅めのタナから深ダナまで、幅広く探っていく必要があります。この時期はエサ取りはフグが中心で、強烈な数を相手にするのが普通です。予備の針は二袋は欲しい所です。マキエはフグを釘付けにしようと思うとそれなりの量が必要ですが、大型のチヌが回ればフグが姿を消すので、少量のマキエでジックリと際を探るような釣りもあります。

とにかく粘り強く探るのがキモで、水温がやや上昇する昼からや夕刻にアタリがあることも珍しくないです。粘りと頑張りがキモになります。

仕掛けは全層仕掛けや、水深の無い場所(具体的に1本程度の場所)では、二段ウキの仕掛けが有力!

この仕掛けに、良く尾長グレの35cmくらいの物が当たってきます。チヌとは違った楽しみもあるかもしれないです。

南紀は水深がタップリある場所が多いです。遊動仕掛けの用意も忘れないようにして、激浅レンジから思い切った深場まで幅広く狙う必要があります。詳しくは爆釣!チヌのフカセ釣りでコッテリと解説してます、合わせてご覧下さい。

波止釣り

波止釣りで狙うのっこみの黒鯛は、通常は4月からゴールデンウィーク前後になることが一般的です。関西では大阪湾の南港の黒鯛が比較的早くからノッコんでましたが、最近は状況が変わって、ここののっこみも標準通りになってきたようです。

武庫川一文字のチヌ釣り

最近の狙いでは、武庫川一文字ののっこみの黒鯛が面白そうです。ここのクロダイは幅が広く、強烈な魚体をしています。

武庫川一文字ののっこみは2007年は年明けから前後から始まっており、かなりの数がフカセ釣りで上がってます。また、この時期はパイプ虫を使用した落とし込みも有力手段で、常連の落とし込みアングラーも相当な数の大型チヌを仕留めています。

武庫川一文字のフカセ釣りのチヌは、レンジ(捕食層)が定まり難いのも特徴で、駆け上がりの上でタナ1本(3.5ヒロ)くらいの所であたることも多いようです。ここの水深は2本程度ありますから、寒い時期にこのタナを読みきるには、少しばかり通う必要があるかも知れないというのが、私の率直な感想です。

防波堤の釣りでも磯釣りでもそうですが、のっこみクロダイは釣果情報も重要なファクターであることは間違いないです。「釣れた」という情報が出れば、即行動!、これがキモになります。

釣り方はオキアミを使用したフカセ釣りが有力です。低水温下では柔らかいエサが有力で、何度もいいますがレンジが定まり難いです。これらを総合して考えると、オキアミを使用したフカセ釣りが勝ります。

フカセ釣りのチヌ釣りは当方の運営サイト爆釣!チヌのフカセ釣りで詳しく解説してます。お時間のある方は、どうぞご覧になられると良いと思います。

海釣りマニア・チヌ釣りサイト pickup

ウキフカセのチヌ釣り・実践と法則
ウキ釣りとフカセ釣りのチヌ釣りの色々な事・・・

チヌのフカセ釣り
フカセ釣りのチヌ釣りを解説、グレ釣りとは違った面白さを・・・

釣り道具・チヌのフカセ釣り
グレ竿とチヌ竿の違い、チヌ竿は遊び心がありますが・・・

ウキ釣りとフカセ釣りの違い
ウキ釣りとフカセ釣りは厳密に言うと随分と違いがあります