エギングタックル

エギングをゲーム展開するためには、必要最低限の釣り具が必要です。またそれぞれのタックルについての色々な知識があれば、大きなアドバンテージになります。エギングタックルについての色々な情報を掲載しています、気になるリンク先へ飛んで見て下さい。

  1. エギの選び方
  2. エギングロッド
  3. リールとエギング用ライン
  4. オンリーワン(長所の特化したエギ)
  5. ダートアクション

エギングロッド

エギングロッド

適合号数

エギングロッドに求められる性能は、シャクリやすさ、軽さ、丈夫さ、ライントラブルの起こりにくさ、持ち運びのしやすさ。などです。

また、初めての買い物をする人は「適合エギ号数が2.5号〜4号」のロッドが無難でしょう。どうせやるなら豪快にシャクリたい!という方は「適合エギ号数が3号〜4.5号」のものがおススメです。

金額

ロッドに求めるパフォーマンスは人それぞれだとは思いますが、だいたい定価2万円以上のものだと信頼のおけるものがほとんどです。

こう書くと「エギングの道具って高い・・・。」と思うかもしれませんが、トラブルの起こりにくさや丈夫さと言った面から考えれば、長持ちしますから、結局お得な買い物になることがほとんどです。なによりも、優れた釣り具はいい技術を生みます。

この「いい技術」は、ただ釣果を上げるだけの技術に留まりません。「ライントラブルを回避する技術」。また、バランスの取れたいい道具を最小限の力で効率良くシャクることによる「腱鞘炎etcの怪我の起こりにくさ」も上げられます。そういった面から考慮しても、この最初の投資は決して勿体無いものではないと言えます。

どうしてもお金をかけられない人は、2千円〜1万円台のものでもいいです。ただし選ぶロッドは「エギング専用」のものにしましょう。

なぜかと言うと、専用ロッドはエギをしっかり動かして、アオリイカにちゃんとアピールできるように設定されているからです。違うジャンルのロッドを転用する場合、「エギの動きが鈍くなること」や、「ライントラブル」、「重くてシャクリにくい」といったデメリットがあることは念頭に置いておいて下さい。

おススメのエギングロッド

エギングロッド

昨今のエギングロッドはたいていLDBガイドやLCガイドを使用しています。このタイプのものが、現在エギングロッドの主流であると言っても過言ではありません。

俗に傾斜ガイド、ローライダーガイドと呼ばれるこのガイドの長所は、ライントラブルの起こりにくさです。

短所はガイドの傾斜角度の関係で、直結の結び目が大きいと、エギの飛距離が少々落ちやすいところでしょう。

このタイプのロッドでおススメなのは、2万円前後もので・・・

オリムピック
カラマレッティ  カラマレッティヌーボ 
メジャークラフト
ライカル

なによりも軽量で扱いやすいのが特徴でしょう。エギング入門者でも簡単に扱えます。柔らかめのテクニカルロッドから、固めのパワーロッドまで、ラインナップも充実しています。

天龍
ブリッツァー

少々持ち重りのするロッドではありますが、丈夫さとパワフルさという面から見れば、かなり優れたロッドと言えます。先調子(ファーストテーパー)、胴調子(レギュラーテーパー)の2タイプがあります。

3万円以上するものであれば、自分が求めている性能と違ったものを求めない限り、ハズレのロッドは無いと言っていいでしょう。

1万円前後、コストパフォーマンスで選ぶなら

ダイワ精工
E−Gee

秋アオリ専用とも言える、小さめのエギ対応(最大で3.5号)のライトロッド。軽くてシャクリやすく、ライトロッドにしては丈夫なのも魅力です。ただ、春アオリ攻略を考えますと、適合号数以上のエギを扱いたいシチュエーションが来ないとは言い切れませんので、使い勝手と言った面で満足できないかもしれません。

中央漁具(ゴールデンミーン)
エタニティ86M

春アオリの引きにも十分に対応するパワーと、しなやかなレギュラーテーパーのロッドです。1万円前後のロッドにしては、かなり丈夫なのも魅力です。しかし重心が先寄りなので、結構な持ち重り感があるのが欠点でしょうか。

また、YSGガイドと呼ばれる大口径ガイドを使用しているロッドもありますが、これらのロッドの長所はエギの飛距離が伸びやすいことです。逆に短所は、LDB、LCガイドと比較すると少々ライントラブルが起こりやすいところでしょうか。

Gクラフト
デビル クレイジーパフォーマー

デビルシリーズの中でも、特に飛距離を重視したモデルです。このロッドはYSGガイドとLDBガイドを装着していますので、ライントラブルに関しては上記のものと遜色はあまりないと思います。

中にはインターラインロッドと呼ばれる、ラインを竿の中から通すタイプのロッドもあります。長所は、トラブルレスとも言えるくらいのライントラブルの少なさでしょう。短所は、準備と手入れが少々面倒なこと。エギの飛距離が落ちることでしょうか。

シマノ
セフィアシリーズ
ダイワ
エメラルダスシリーズ

などにもインターラインロッドがラインナップされています。

icon
エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

初心者のフカセ釣り

防波堤のチヌのフカセ釣り初心者必見のサイト、必要な釣り具から心構えまで、大型チヌへの近道切符・・・

根魚釣り

波止の根魚の釣りを徹底解説、ソフトルアーの人もこういった基本を知らないと爆釣は遠いです・・・

ラッキークラフト・ルアーコレクション

管理人佐藤順一がお送りするラッキークラフトのルアーの紹介、お買い得ルアーが目白押し・・・笑

急速イオン消臭・ヌーラ

加齢臭、靴下のにおい、体臭に悩んでいる方はいませんか?、スゴイ、スプレーがあるんですが・・・