春イカ

春に産卵の為に接岸してくる親アオリ。この親アオリを釣るには、行動の内容も把握しておかなければなりません。と言うのも、産卵に適した場所は、水温、地形といった条件が揃う必要があるからです。

秋アオリとの比較

秋アオリは、主に捕食を目的としているので、餌を捕らえやすいシャローエリアやカバー、ストラクチャー周りといった場所を選ぶ傾向にあります。エギングで攻略するにしても、そもそもが捕食がメインの行動なので、常時いつでも釣るタイミングであると言えます。また、比較的浅いレンジで釣れることも、秋アオリの特徴のひとつです。

春アオリ

一方の春の親アオリは、産卵を主な目的としています。冬の間、水温の安定した沖の深場に落ちていたアオリイカは、産卵の為に浅い沿岸部に戻ってきます。

ペアリング(産卵の為、つがいになっている状態)しているアオリイカは、餌が目の前に来ても、見向きもしないことがあるくらいです。そしてアオリイカは大体、アマモやホンダワラといった海藻に産み付けます。

その産み付ける海藻にしても、生まれてきた稚アオリが成長しやすいよう、水温が安定していて、潮流があまり早くない場所を選ぶ傾向があります。こういった行動の違いからも、捕食するタイミングは違ってきますし、釣れるポイントも違ってくるということになります。

要するに、秋に爆釣したからと言って、親アオリも同じ場所で釣れるとは限らないということは、念頭に入れておきたいところである。と言うことです。

春アオリ攻略ポイント編

本格的な産卵活動に入ると、餌には見向きもしなくなるアオリイカ。しかし、そんな親アオリとてちゃんとした生物。食わなきゃ生きていけません。

そんな親アオリが餌を捕食するタイミングは、ズバリ「産卵&ペアリング中のとき以外はいつでも捕食のタイミング」に該当する。と言ってもいいでしょう。アオリイカは元々、「食べる」ことにはかなり貪欲な生き物です。共食いすら辞さないことからも、そのことは伺えるでしょう。しかし、捕食そのものが目的である秋アオリと比較した場合、多少、食の傾向が違ってきていることは否めません。

春アオリ

主な違いは・・・

  • 出来るだけ少ない移動範囲でベイトを捕らえようとする
  • ほとんどの場合、ボトムのカバー周辺にひそんでいる
  • かなり臆病になっており、自分より大きなベイトにはあまりアタックしない

といったところでしょうか。

春アオリ攻略のキモは、産卵場所の想定+そこに到達するまでの、移動ルート及び捕食ポイントの選定。この二つを視野に入れた釣り場選択。ということになります。

例えるなら、潮流のあまり早くない藻場を奥に擁した波止の「入り口付近のミオ筋」や「カケアガリ」がピンスポットになります(ピンスポット周辺は、潮通しが良いと理想的)。

少し踏み込んで考えれば簡単に分かることなのですが、「産卵を控えた春アオリが、藻場の手前のブレイクラインで餌を捕食して、体力を蓄えている」というわけです。

上記のようにアオリイカを「産卵行動」「産卵のための捕食行動」という面から考えますと、ポイントも絞りやすいと思います。

春アオリ攻略アクション編

春はスローなエギング

春アオリは上記の通り、出来るだけ少ない移動範囲でベイトを捕らえようとします。それ故、アオリイカが潜んでいる可能性の高い、ボトム周辺でじっくりエギをアピールすると良いでしょう。

効果的なメソッドは、ボトムステイやノジングなどです。ボトムステイは、待ちすぎると手返しが悪くなる感が否めませんが、ここは!というカバーや、ウィードのエッジでステイさせておくと、焦れたアオリイカが乗ってきたりします。

ボトムステイはただ、ボトムで放っておくメソッドではありません。ボトムで潮流を受けているエギを、「カバーで停止(ポーズ)するようドリフトさせる」という感覚で行ってください。その時にノジングやトゥイッチングといったあまり跳ね上がらないアクションで、更に食い気を触発させるのが、スローなエギングで釣るコツでもあります。

春のアクティブなエギング

スローなエギングが効果的な春のアオリイカ。しかしながら、アオリイカは本来フィッシュイーターですから、やはり激しいアクションにもリアクションバイトしてきます。この時のキモは、ちゃんとボトムを取ってからアクションをし始め、着底をさせることです。

こう書くと「秋イカ攻略と一緒じゃん!」と指摘されそうですが、ひたすら激しいアクションが最も効果的だった秋とは、少々違った攻め方になります。スラックジャークを連続で行い、ランダムなアピールアクションで攻めたり、上記のスローなエギングで攻めている最中、突然激しいシャクリを入れたりすると良いです。要はメリハリをつけることで、アオリイカを惑わせることがキモになります。

尚、激しいシャクリの後はフリーフォールで再びボトムを取って、ステイないしノジングなどで誘うと良いでしょう。俗称「デッドフォール」と呼ばれる、超スローフォールも効果的です。状況に応じて、いろいろなメソッドを展開してみてください。

春イカ保護編

沖の深みで大きく成長し、産卵の為に沿岸部に回遊してくる春のアオリイカ。春アオリの抜群の引き味は、我々エギンガーを魅了してやみません。そして、いざ食する段になっても、最高の味を食卓に提供してくれます。

しかしながら、「春アオリを釣る」ということは「生命のリレーを止めている」ことでもあります。

エギング(エギングに限定せず、釣り全般)は、やはり相手が存在してはじめて成立するものです。各々の考えで、保護を考えていきたいものですね。

昨今各地で、「波止に墨が散ったままになっている」「釣り人が出す大声や騒音が迷惑だ」「港湾内の器具や船にイタズラをされた」「迷惑駐車はやめてくれ」etcといった声が上がっています。そして、こういった被害に耐えかね、釣り禁止になった場所もたくさんあります。

これから先もずっとエギングを楽しむためにも、親アオリの乱獲は控えましょう。そして、そこに住んでいる住民の方々の迷惑にならないよう、マナーを守りながら、楽しくエギングをやっていきましょう(^^)

icon
エギング講座の最高傑作
エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

アイナメのエビ撒き釣り

エビ撒き釣りで釣る30cmオーバー(ポン級)のアイナメ釣り、春先の迫力の釣りです

メバルを知る 防波堤のメバル釣り

メバルとガシラの釣り方の違い、エビメバルから考察して、メバリングにも役立ててください

メバル習性とポイント

メバル、ガシラ、アイナメのソフトルアー使った手軽な釣り、手軽と言っても釣れる魚は・・・

ストレス解消

働く人のストレス解消方法、メンタルヘルスケアの紹介